TITANの植物を中心としたblog。             インスタはtitans_garden (*^-^)b


by Titan-Garden

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
Fern
Hoya
Rosa
Clivia
Asarum
Araceae
Begonia
Paeonia
Camellia
Clematis
Hibiscus
Plumeria
Narcissus
Helleborus
Bearded Iris
Orchidaceae
Hippeastrum
Bromeliaceae
Gesneriaceae
Agave & Yucca
Fruit & Vegetable
Green & Carnivorou
Cactus & Succulent
Nelumbo & Nymphaea
Ipomoea nil 朝顔
Primula sieboldii 桜草
Rohdea japonica 万年青
山野草 & 宿根草&球根
花木 & 熱帯花木&熱帯宿根草
我家の Plants List
作業 & 観察&グッズ&本
Garden & Park 園芸店
神社・寺 & パワースポット
Travel & Wander
Photo ・ Art & Crafts
et Cetera
未分類

最新の記事

Helleborus ves..
at 2017-03-22 03:22
Cattleya lawre..
at 2017-03-17 03:17
Agave titanota..
at 2017-03-14 03:14
Agave colorata
at 2017-03-12 03:12
Albuca namaque..
at 2017-03-05 03:05
Tillandsia cap..
at 2017-03-03 03:03

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

最新のコメント

>アマゾン杉様 小学生..
by TITAN at 10:50
シンプル(笑)で美しい個..
by アマゾン杉 at 18:59
>アマゾン杉様 チョッ..
by TITAN at 12:24
こんばんは。 中々..
by アマゾン杉 at 02:15
>アマゾン杉様 チェコ..
by TITAN at 01:14

お気に入りブログ

ガーデンをつくろう!
花中草中
一茎草花
POPO and GARDEN
[ ACID NATUR...
DORAYAKIS’ G...

お気に入り Link

ライフログ


植物分類表


写真で見る植物用語 (野外観察ハンドブック)


イモとヒト-人類の生存を支えた根栽農耕 その起源と展開


海を渡ったタロイモ―オセアニア・南西諸島の農耕文化論


幻の植物を追って


世界ラン紀行


プラントハンター


プラントハンター 命を懸けて花を追う


ダーウィンの花園―植物研究と自然淘汰説


シーボルト日本植物誌 (ちくま学芸文庫 カ 26-1)


オーストラリアの花100


世界の食虫植物


カラー版 食虫植物図鑑


ネペンテスとその仲間たち 食虫植物ハンドブック


エアプランツとその仲間たち ブロメリアハンドブック


日本の椿花―園芸品種1000


日本ツバキ・サザンカ名鑑


最新 日本ツバキ図鑑


寒蘭―名品の鑑賞と栽培


新しい春蘭


これからの春蘭


シュンラン―春蘭仮銘品・無銘品・銘品が勢揃い! (別冊趣味の山野草)


イワヒバを楽しむ (家庭園芸百科)


万年青―始めよう!伝統園芸 (別冊趣味の山野草)


中南米カトレヤ紀行


世界の珍蘭奇蘭大図鑑―ミステリアスオーキッド


原種カトレヤ全書―オーキッドバイブル〈1〉 (オーキッドバイブル (1))


原種デンドロビューム全書―オーキッドバイブル〈2〉 (オーキッドバイブル (2))


バラ―世界のローズガーデンを訪ねて


バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック (NHK趣味の園芸ガーデニング21)


別冊NHK趣味の園芸 バラ大百科 ~選ぶ、育てる、咲かせる


決定版 バラ図鑑


デビッド・オースチンのイングリッシュローズ


ザ・イングリッシュ・ローズ


イングリッシュローズ図鑑 (GAIA BOOKS)


輝くバラたち―この1冊でバラの全てがわかる! (ベネッセ・ムック―BISES BOOKS)


クリスマスローズのすべて (別冊NHK趣味の園芸)


イングリッシュローズのすべて


愛されるバラたち―バラを美しく安全に育てるパーフェクト本 (ベネッセ・ムック BISESベストセレクション)


Rose Book 永久保存版―今、最も美しく新しいバラ図鑑625品種


Rose on Time―バラに彩られた瞬間


ROSERiERS(ロゼリエ)―バラと暮らし、育む毎日を提案 (Musashi Mook)


新イングリッシュローズ (GAIA BOOKS)


切り花 バラ図鑑1000 上巻


切り花 バラ図鑑1000 下巻


バラ大図鑑 (別冊NHK趣味の園芸)


新・薔薇大図鑑2200 ~Encyclopedia of Rose~


Clematis Gallery―美しさでひもとくクレマチス図鑑 (ジュエリーブックシリーズ)


クレマチス―育て方から最新品種まで (別冊NHK趣味の園芸)


クレマチス (色分け花図鑑)


世界のアイリス―花菖蒲・ジャーマンアイリス・原種


ベゴニア百科


世界のプリムラ―原種・さくらそう・オーリキュラ・ポリアンサス


色分け花図鑑 桜草―名前の由来と品種がわかる


朝顔百科: 栽培・仕立て方から園芸文化史まで


色分け花図鑑 朝顔


花蓮品種図鑑


水の妖精 睡蓮と蓮の世界


はじめてでも簡単スイレンとハスの育て方・楽しみ方


育ててみたい美しいスイレン


ハワイアンプルメリア―GROW WITH ALOHA!


日本のアジサイ図鑑


叢 小田康平の多肉植物


All about CAUDEX (三才ムックvol.922)


オールドローズ好きのOld Roses


New Roses 2016―ローズブランドコレクション


New Roses SPECIAL EDITION 育種のものがたり


ガーデンダイアリー バラと庭がくれる幸せ Vol.6 (主婦の友ヒットシリーズ)


園芸ガイド 2017年 冬月号


Garden&Garden 2017年 03 月号 [雑誌]


BISES(ビズ) 2017年 02 月号


園芸ガイド 2017年 04 月号


マイガーデン 2017年 05 月号 [雑誌]


NHK趣味の園芸 育てて楽しむ 山野草のすべて (生活実用シリーズ)


育てる調べる山野草2525種―野の花・山の花・海外種・園芸種まるごと大百科 (別冊趣味の山野草)


育てる調べる山野草2525種―野の花・山の花・海外種・園芸種まるごと大百科 (別冊趣味の山野草)


世界の原種系球根植物1000: 250属1000種の紹介と栽培法・殖やし方・品種改良から寄せ植えの楽しみ方まで (ガーデンライフシリーズ)


にっぽんの伝統園藝 vol.1―伝統の美に遊ぶ。古くて新しい日本の園芸文化 富貴蘭・春蘭・寒蘭・長生蘭・万年青・巻柏 (別冊趣味の山野草)


にっぽんの伝統園藝 vol.2 (別冊趣味の山野草)


山野草とミニ盆栽 2017年 03 月号 [雑誌]


趣味の山野草 2017年 04 月号 [雑誌]


園芸Japan 2017年 04 月号 [雑誌]


NHK趣味の園芸 2017年4月号 [雑誌] (NHKテキスト)


現代農業 2017年 04 月号 [雑誌]


農耕と園芸 2017年 04 月号


ベストフラワーアレンジメント 2016年 10 月号 [雑誌]


花時間2017 冬号 (角川SSCムック)


フローリスト 2017年 04 月号


Casa BRUTUS特別編集 植物と暮らすスタイルブック (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)


Discover Japan (ディスカバー・ジャパン) 2015年 06月号


ELLE DECOR (エル・デコ) 2016年 04月号


BRUTUS(ブルータス) 2015年 9/15号 [雑誌]


BRUTUS (ブルータス) 2016年 4/15号 [雑誌]


別冊Lightning vol.154 GREEN INTERIOR(グリーン・インテリア) (エイムック 3427 別冊Lightning vol. 154)


グリーンインテリアのある暮らし―毎日の暮らしが楽しくなる植物の選び方、育て方、飾り (COSMIC MOOK)


BRUTUS特別編集 合本・珍奇植物 (マガジンハウスムック)


BRUTUS(ブルータス) 2016年 12/1号 [庭]

ブログジャンル

花・ガーデニング
旅行・お出かけ

ファン

カテゴリ:Orchidaceae( 234 )

Cattleya lawrenceana

Orchids オーキッド 洋蘭 洋らん 洋ラン
Cattleya キャトレイア カトレヤ カトレア Laelia ラエリア レリア Sophronitis ソプロニティス ソフロニティス

b0099813_1274573.jpg


『Cattleya lawrenceana』
キャトレイア ローレンスアナ(カトレヤ ローレンセアナ、ロウレンセアナ、ラウレンケアナ)

family. Orchidaceae オルキダケアエ 蘭科 ラン科
subfamily. Epidendroideae エピデンドロイデアエ 桜姫千鳥亜科 サクラヒメチドリ亜科(エピデンドルム亜科)
tribe. Epidendreae エピデンドレアエ 桜姫千鳥連 サクラヒメチドリ連
subtribe. Laeliinae ラエリーナエ亜連
genus. Cattleya キャトレイア属 カトレヤ属
subgenus. Cattleya キャトレイア亜属 カトレヤ亜属
section. Cattleya キャトレイア節 カトレヤ節

英名(Common Name コモンネーム): Sir Trevor Lawrence's Cattleya サート・レバー・ローレンスズ・カトレヤ

Venezuela ベネズエラ南東部 Bolivar ボリバル州,
Canaima カナイマ国立公園 Chimanta チマンタ山塊, Roraima ロライマ山, Auyan-tepui アウヤンテプイ, Karaurin-tepui カラウリンテプイ南西部
Caroni カロニ川 Carrao カラーオ川の源流部 Maurak マウラク、Kukenan クケナン川、
南部のAmazonas アマソナス州 Guaiquinima グアイクイニマ, El Cerro Sipapo エルセレシパポ山塊,

Guyana ガイアナ西部
Brazil ブラジル最北部 Roraima ホライマ州

ベネズエラ南西部のアマソナス州の一部と
ベネズエラとブラジル、ガイアナとか国境を接するPakaraima パカライマ山脈
ギアナ高地のテーブルマウンテンの麓250〜中腹の1200メートルの森林に分布。




b0099813_1274572.jpg


種小名は
英国人蘭コレクターでRoyal Horticultural Society 王立園芸協会(RHS)の会長を勤めた
James John Trevor Lawrence(Sir Trevor Lawrence)(1831〜1913)ジェームス・ジョン・トレバー・ローレンスへの献名

Cattleya maxima カトレア マキシマと同じ様な多花性の一枚葉カトレア




b0099813_1274540.jpg


特に個体名が付いて居なかったローレンセアナが初開花!
(^o^)/

昨年 春の蘭展にて半額セール品だった
個体名は無くどんな花が咲くか判らなかったカトレア・ローレンセアナ

標準的な花色の tipo ティポ(チポ)だろうとは思って居ましたが…
やはり予想通りライラックピンクの普通のチポでした!(笑)




b0099813_1274631.jpg


このローレンセアナやカトレア・マクシマ、旧ラエリア()レリアのプルプラタやロバータ、クリスパ、テネブロッサなど
花弁が細長く鼻の下を長く伸ばしたかの様な舌弁のスロート(喉)が長い花型の一枚葉系の原種が好き!


[PR]
by Titan-Garden | 2017-03-17 03:17 | Orchidaceae | Trackback | Comments(2)

Cattleya Melody Fair 'Carol'

Orchids オーキッド 蘭 らん ラン 洋蘭 洋らん 洋ラン カトレア カトレヤ

b0099813_121837.jpg


『Cattleya Melody Fair 'Carol' AM/HOS, HCC/AOS-JOS, BM/JOGA』
キャトレイア メロディ フェア 'キャロル'

(C. Stephen Oliver Fouraker 'Addison' × C. Horace 'Maxima')

※ 旧 Laeliocattleya (Lc.) レリオカトレア

family. Orchidaceae オルキダケアエ 蘭科 ラン科
subfamily. Epidendroideae エピデンドロイデアエ 桜姫千鳥亜科 サクラヒメチドリ亜科(エピデンドルム亜科)
tribe. Epidendreae エピデンドレアエ 桜姫千鳥連 サクラヒメチドリ連
subtribe. Laeliinae ラエリーナエ亜連
alliance. Cattleya キャトレイア群
genus. Cattleya キャトレイア属 カトレヤ属




b0099813_121873.jpg


登録者は宇都宮市のマロニエ洋らんパークの飯野 俊之さんにより1988年に登録されて居ますが…

元々は今は無き堂ヶ島洋ランセンター(らんの里堂ヶ島)の 恐らく 内田 一仁さん!? による交配から選抜された個体のキャロル

ラベンダー色♂親のホーレスはほぼ'マキシマ'しか出回って居ませんが

白弁赤リップの♀親のステファンオリバーフォーレーカーには色々な個体が出回って居ますが
中でもキャロルの親に使われた個体はアディソン




b0099813_121860.jpg


おめでたい正月にピッタリ!?
日本の国旗 日の丸の様な色彩

白弁赤リップの Semialba セミアルバ個体。




b0099813_121979.jpg


皆様 新年明けまして御目出等御座居ます

旧年に引き続き 本年もどうぞ宜しくお願い致します。
m(_ _)m



[PR]
by Titan-Garden | 2017-01-01 01:01 | Orchidaceae | Trackback | Comments(2)

戦利品

Orchids オーキッド 東洋蘭 Cymbidium キュンビディウム シンビディウム シンビジューム シンビジウム

family. Orchidaceae オルキダケアエ 蘭科 ラン科
subfamily. Epidendroideae エピデンドロイデアエ亜科
tribe. Cymbidieae キュンビディエアエ 春蘭連 シュンラン連
subtribe. Cyrtopodiinae キュルトポディーナエ キュルトポディウム亜連
alliance. Cymbidium 春蘭群 シュンラン群
genus. Cymbidium キュンビディウム属 春蘭属 シュンラン属

b0099813_0103754.jpg


右側
『Cymbidium kanran 'Beniwashi'』
キュンビディウム カンラン 'ベニワシ'

紀州寒蘭 「紅鷲」 べにわし

和歌山県東牟婁郡古座川町平井栃ノ谷産

紅正三角咲さ超大輪花。


左側
『Cymbidium kanran 'Daihachi'』
キュンビディウム カンラン 'ダイハチ'

日向寒蘭 「大八」 だいはち

登録上は宮崎県日向市東郷町千軒産の様ですが…
実際の坪は宮崎県東臼杵郡椎葉村大河内尾産!?

紅更紗一文字咲き大輪

以前紅鷲は持っては居ましたが突然立ち枯れ枯死してしまったので…

以前と同じ系統の紅鷲の分株けをかなりお安く再入手

それと
ずっと欲しかった一文字咲きの大八の大株(根数30本で6.5号の大きな寒蘭鉢がパンパンらしい)も出品者のご好意で値引いて頂いたので思わず連れ帰り・・・




b0099813_0103761.jpg


『Cymbidium kanran 'Tenma'』
キュンビディウム カンラン 'テンマ'

阿波寒蘭 「天馬」
てんま

徳島県産 ※詳しい産地・坪は不詳

青更紗極大輪花
幅広い垂れ葉の中矮鶏!?ってな株姿の天馬

今年は紅鷲と大八を入手したのでこれ以上は増やさないつもりが
上記とは別の寒蘭蘭にて安かったのでついつい連れ帰ってしまった・・・
(^o^;)



[PR]
by Titan-Garden | 2016-12-09 12:09 | Orchidaceae | Trackback | Comments(0)

Cymbidium kanran forma. album 'Kawanobori'

Orchids オーキッド 東洋蘭 Cymbidium キュンビディウム シンビディウム シンビジューム シンビジウム

b0099813_0253863.jpg


『Cymbidium kanran forma. album 'Kawanobori'』
キュンビディウム カンラン アルブム 'カワノボリ'

family. Orchidaceae オルキダケアエ 蘭科 ラン科
subfamily. Epidendroideae エピデンドロイデアエ亜科
tribe. Cymbidieae キュンビディエアエ 春蘭連 シュンラン連
subtribe. Cyrtopodiinae キュルトポディーナエ キュルトポディウム亜連
alliance. Cymbidium 春蘭群 シュンラン群
genus. Cymbidium キュンビディウム属 春蘭属 シュンラン属

土佐寒蘭 「川登」 かわのぼり (別名: 川登の白花)

1992年(平成4年) 上岡勇喜 土佐愛蘭会登録品種。

高知県四万十市川登 (旧 高知県中村市川登)産

正三角咲さ中輪素心花。




b0099813_0253832.jpg


矮鶏性で白花素心の土佐寒蘭 川登

青軸素心でアクが無くて美味しいのか!? 毎年秋口の花芽が伸び出す頃に成ると もう何年も狙った様にナメクジにかじられ続けて全く花が見られなかったのですが…

今年はナメクジ駆使薬&テデトールを駆使してやっと綺麗に咲いてくれました!w
(^_^)v




b0099813_0253821.jpg




[PR]
by Titan-Garden | 2016-11-10 11:10 | Orchidaceae | Trackback | Comments(0)

Cattleya pumila

Orchids オーキッド 洋蘭 洋らん 洋ラン
Cattleya キャトレイア カトレヤ カトレア Laelia ラエリア レリア Sophronitis ソプロニティス ソフロニティス

b0099813_0202353.jpg


『Cattleya pumila』
キャトレイア プミラ

family. Orchidaceae オルキダケアエ 蘭科 ラン科
subfamily. Epidendroideae エピデンドロイデアエ 桜姫千鳥亜科 サクラヒメチドリ亜科(エピデンドルム亜科)
tribe. Epidendreae エピデンドレアエ 桜姫千鳥連 サクラヒメチドリ連
subtribe. Laeliinae ラエリーナエ亜連
genus. Cattleya キャトレイア属 カトレヤ属
subgenus. Crispae クリスペア亜属
section. Hadrolaelia ハドロラエリア節

英名(Common Name コモンネーム): Dwarf Laelia ドワーフ・ラエリア

Synonyms シノニム 異名同種
Bletia pumila
Cattleya marginata
Cattleya pinellii
Cattleya spectabilis
Hadrolaeli pumila
Laelia pumila
Laelia spectabilis
Sophronitis pumila

Brazil ブラジル東南部
Espirito Santo エスピリトサント州およびMinas Gerais ミナスジェライス州
中南部の標高600〜900メートル




b0099813_0202398.jpg


カトレア・プミラ
昨年よりも約一ヶ月早い開花!

花弁も綺麗に展開してくれました〜
(^o^)



[PR]
by Titan-Garden | 2016-11-05 11:05 | Orchidaceae | Trackback | Comments(0)

秋のラン展

Orchids オーキッド 蘭 らん ラン 洋蘭 洋らん 洋ラン

b0099813_145381.jpg


「秋のラン展」(名古屋愛蘭会)

会場: 久屋大通庭園フラリエ クリスタルガーデン

会期: 10月25日(火) 〜 10月30日(日)


全国的に洋ラン展って
開花が集中する冬咲きや春咲きの蘭が多い為
年明け辺りから3月辺りに集中して催される事が多く

初夏〜晩秋までに開花する他のラン達の花を目にする機会が少ないので

冬以外の洋蘭展ってのも又新鮮で良いですね〜
(^o^)



b0099813_1453918.jpg


秋咲きの洋蘭の中でも

最近何故か人気が高いカトレア セルヌア達も一斉に…w





んで 戦利品は・・・・

b0099813_145395.jpg


『Cattleya Melody Fair 'Carol' AM/HOS, HCC/AOS-JOS, BM/JOGA』
キャトレイア メロディ フェア 'キャロル'

(C. Stephen Oliver Fouraker 'Addison' × C. Horace 'Maxima')

※ 旧 Laeliocattleya (Lc.) レリオカトレア

family. Orchidaceae オルキダケアエ 蘭科 ラン科
subfamily. Epidendroideae エピデンドロイデアエ 桜姫千鳥亜科 サクラヒメチドリ亜科(エピデンドルム亜科)
tribe. Epidendreae エピデンドレアエ 桜姫千鳥連 サクラヒメチドリ連
subtribe. Laeliinae ラエリーナエ亜連
alliance. Cattleya キャトレイア群
genus. Cattleya キャトレイア属 カトレヤ属

登録者は宇都宮市のマロニエ洋らんパークの飯野 俊之さんにより1988年に登録されて居ますが…

元々は今は無き堂ヶ島洋ランセンター(らんの里堂ヶ島)の 恐らく 内田 一仁さん!? による交配から選抜された個体のキャロル

ラベンダー色♂親のホーレスはほぼ'マキシマ'しか出回って居ませんが

白弁赤リップの♀親のステファンオリバーフォーレーカーには色々な個体が出回って居ますが
中でもキャロルの親に使われた個体は確かアディソンだった記憶でしたが…

子供のメロディーフェア 'キャロル'には

♀ステファンオリバーフォーレーカーの白弁赤リップの花色と
♂ホーレスには原種のトリアナエが直接交配に使われて血が濃い為に
トリアナエの花弁幅の広さや開花期も冬咲きの特性

両親のいいとこ取りで形質が良く伝わって居ますね〜

昔高価で欲しくても手に入れられなかった個体でしたが
余剰苗コーナーで激安だった為思わず連れ帰ってしまった〜(笑)

それと

『Cattleya trianae 'Rosalita'?』
キャトレイア トリアナエ 'ロザリタ'?※文字が消えかかって不鮮明

(trianaei トリアナエイ トリアネー トリアネイ)

family. Orchidaceae オルキダケアエ 蘭科 ラン科
subfamily. Epidendroideae エピデンドロイデアエ 桜姫千鳥亜科 サクラヒメチドリ亜科(エピデンドルム亜科)
tribe. Epidendreae エピデンドレアエ 桜姫千鳥連 サクラヒメチドリ連
subtribe. Laeliinae ラエリーナエ亜連
alliance. Cattleya キャトレイア群
genus. Cattleya キャトレイア属 カトレヤ属
subgenus. Cattleya キャトレイア(カトレア)亜属
section. Cattleya キャトレイア節(カトレア節)

ラベルの裏に2012年エクアドルとの表記が…
恐らくエクアジェネラのペペさん所から入手されたトリアナエかな!?

購入したオマケでトリアナエの小苗を頂きました〜



[PR]
by Titan-Garden | 2016-10-30 10:30 | Orchidaceae | Trackback | Comments(0)

Cymbidium erythrostylum forma. album

Orchids オーキッド 洋蘭 Cymbidium キュンビディウム シンビディウム シンビジューム シンビジウム

b0099813_225456.jpg


『Cymbidium (Cym.) erythrostylum forma. album ('Diamond White' × Self)』
キュンビティウム エリュトロステュルム アルブム ('ダイヤモンド ホワイト' のセルフ実生)

family. Orchidaceae オルキダケアエ 蘭科 ラン科
subfamily. Epidendroideae エピデンドロイデアエ エピデンドルム亜科(エピデンドラム亜科) 桜姫千鳥亜科 サクラヒメチドリ亜科
tribe. Cymbidieae キュンビディエアエ 春蘭連 シュンラン連
subtribe. Cyrtopodiinae キュルトポディーナエ キュルトポディウム亜連(alliance. Cymbidium 春蘭亜連 シュンラン亜連)
alliance. Cymbidium 春蘭群 シュンラン群
genus. Cymbidium キュンビディウム属 春蘭属 シュンラン属

英名 Comon Name モンネーム: Red Colmn Cymbiditm

Synonym: Cyperorchis erythrostyla

Vietnam ベトナム (Dong Nam Bo ドナンボ (Tay Nguyen タイグエン) 東南部地方東部 〜 Cao Ngung Trung Phan カオグェンチュンファン 中部高原地方南部?)
Binh Thuan 省平順 ビントゥアン省(ホーチミンの北東約200km)Phu Thuy ファンティエト市郊外
Ham Thuan Aac ハントゥアンバック(ハムトゥアンバック)県の辺りの山 1200m〜1500m付近に分布。

秋〜冬咲き




b0099813_225562.jpg


20年以上昔からずっと欲しくて探し続けて居た

東洋蘭的表現をすると落肩咲き、花型が特徴的な大輪の原種シンビ
エリスロスティルムの album アルブムフォーム、白花素心個体

※注 not Cym. erythraeum エリスラエウム 一見良く似た綴りですが別種。

20年程前に1株100万円ととても手が出せる訳もなく諦め・・・
5年程前にやっと1株20万円程で売り出されて居たのですがヤッパリ高価で手は出ず・・・

そろそろ誰ぞ メリクロンかセルフ実生で安く増殖してくれる猛者が現れぬかと待ち焦がれて居ましたが・・・

この所セルフ実生が出回り出した様で
念願叶ってやっと手に入れました!(笑)

でも 貴重なのは分かるけど
セルフ実生でこんな小さな小苗なのにまだ高く
前日手に入れた Bulbophyllum phalaenopsis バルボのファレノプシスよりも高価・・・
清水の舞台から飛び降りてしまった〜(汗)
(^o^;)

順調に育てば開花するまで後4〜5年ってサイズかな!?

せっかく手に入れたからには
軟腐病やら立枯病で枯らさない様に気を付けねば!



[PR]
by Titan-Garden | 2016-10-10 10:10 | Orchidaceae | Trackback | Comments(2)

Bulbophyllum phalaenopsis

Orchids オーキッド 洋蘭

b0099813_022536.jpg


『Bulbophyllum (Bulb.) phalaenopsis』
ブルボピュルム パラエノプシス
(バルボフィルム ファラエノプシス、バルボフィラム バルボフィルム ファレノプシス)

family. Orchidaceae オルキダゲアエ 蘭科 ラン科
subfamily. Epidendroideae エピデンドロイデアエ 桜姫千鳥亜科 サクラヒメチドリ亜科(エピデンドルム亜科)
tribe. Podochilaeae ポドキラエアエ連
subtribe. Bulbophyllinae ブルボフュリーナエ亜連 豆蔦蘭亜連 マメヅタラン亜連
genus. Bulbophyllum ブルボピュルム属 豆蔦蘭属 マメヅタラン属
section. Macrobulbon マクロブルボン節

New Guinea Island ニューギニア島中西部
Indonesia インドネシア Papua パプア州の Nabire ナビレの東に流れる
Siriwo River シリヲ川流域で発見された様ですね

の標高500m以下の熱帯雨林ジャングルに着生。




b0099813_0225375.jpg


先日入手した吊り鉢植えだったバルボのファレノプシス

似合って無かった鉢から抜いて
板に着けたった!w

人間に当てはめるとまだ小学校高学年の5〜6年生辺りか!?

成株の満作に成ると
バルブは大人の男性の握り拳位、葉長は1m近くにまで巨大化する…
バルボ界きっての最大種!w



[PR]
by Titan-Garden | 2016-09-19 09:19 | Orchidaceae | Trackback | Comments(0)

Stanhopea saccata

Orchids オーキッド 蘭 ラン

b0099813_2333786.jpg


Stanhopea saccata
スタンホペア サッカータ

family. Orchidaceae オルキダケアエ 蘭科 ラン科
subfamily. Epidendroideae エピデンドロイデアエ亜科 桜姫千鳥亜科 サクラヒメチドリ亜科(エピデンドルム亜科)
tribe. Maxillarieae マキシラリエアエ連
subtribe. Stanhopeinae スタンホペイナエ亜連
genus. Stanhopea スタンホペア属

自生地は
Mexico メキシコ南部
Chiapas チアパス州から
Costa Rica コスタリカかけての
海抜500-1500mに分布。




b0099813_2333740.jpg


一昨年の8月にサッカタの苗を頂いてから

今回が初開花!

種小名の saccataって
ラテン語の saccatum 「尿」
urine オシッコの意味らしい・・・w

甘く強香のチグリナなどと違って
まるで仏壇に飾る菊の花の様な香り・・・
(^_^;)



[PR]
by Titan-Garden | 2016-07-27 07:27 | Orchidaceae | Trackback | Comments(0)

Sobralia virginalis

Orchid オーキッド 蘭 ラン

b0099813_1432144.jpg


『Sobralia virginalis』
ソブラリア ウィルギナリス (ヴィルギナリス、ビルギナルス、ヴァージナリス、バージナリス)

family. Orchidaceae オルキダケアエ 蘭科 ラン科
subfamily. Epidendroideae エピデンドロイデアエ亜科 桜姫千鳥亜科 サクラヒメチドリ亜科(エピデンドルム亜科)
tribe. Arethuseae アレトゥセアエ連
subtribe. Sobraliinae ソブラリーナエ亜連
genus. Sfbralia ソブラリア属

Colombia コロンビア、Ecuador エクアドル、Peru ペルーの1200〜2500メートル辺りに広く分布。




b0099813_1432134.jpg


2012年の2月の園芸市にてエクアジェネラのペペさんから入手して 早4年・・・

なかなか成長せず花も咲きませんでしたが
待ちに待っての初開花!

一気に3茎に蕾を着けてくれました〜




b0099813_1432199.jpg


蕾はそこそこ大きかったので
カトレア並の大輪花に咲くかと思いきや

花型は平開せず筒咲きと云うかラッパ咲き!? の個体だったので
花径自体は6センチ程度の花でした。

花保ちは翌日には萎れる1日花。




b0099813_143216.jpg


草丈2メール近く成長し巨大化する S. macrantha マクランタ(マクランサ)等と違い

草丈50センチ弱で開花してくれるので場所は取らなくて済み良いのですが

如何せんソブラリアは花保ちが悪いのが玉に瑕・・・・(笑)



[PR]
by Titan-Garden | 2016-07-15 07:15 | Orchidaceae | Trackback | Comments(2)