TITANの植物を中心としたblog。             インスタはtitans_garden (*^-^)b


by Titan-Garden

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

検索

カテゴリ

全体
Iris
Fern
Hoya
Rosa
Olive
Clivia
Asarum
Araceae
Begonia
Paeonia
Camellia
Clematis
Hibiscus
Plumeria
Narcissus
Helleborus
Orchidaceae
Hippeastrum
Bromeliaceae
Gesneriaceae
Agave & Yucca
Fruit & Vegetable
Green & Carnivorou
Cactus & Succulent
Nelumbo & Nymphaea
Ipomoea nil 朝顔
Primula sieboldii 桜草
Rohdea japonica 万年青
山野草 & 宿根草&球根
花木 & 熱帯花木&熱帯宿根草
我家の Plants List
作業 & 観察&グッズ&本
Garden & Park 園芸店
神社・寺 & パワースポット
Travel & Wander
Photo ・ Art & Crafts
et Cetera
未分類

最新の記事

Tillandsia but..
at 2017-11-14 11:14
Agave horrida ..
at 2017-11-05 11:05
Aloe suprafoli..
at 2017-10-30 10:30
Tillandsia bul..
at 2017-10-06 10:06
Olea europaea ..
at 2017-10-01 10:01
松葉蘭
at 2017-09-26 09:26

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新のコメント

>アマゾン杉様 プセウ..
by TITAN at 08:41
こんばんは。 フル..
by アマゾン杉 at 21:33
>アマゾン杉様 柑橘類..
by TITAN at 00:59
こんばんは。 ..
by アマゾン杉 at 22:18
>アマゾン杉様 高蔵寺..
by TITAN at 01:08

フォロー中のブログ

ガーデンをつくろう!
花中草中
一茎草花
POPO and GARDEN
[ ACID NATUR...
DORAYAKIS’ G...

お気に入り Link

ライフログ

ブログジャンル

花・ガーデニング
旅行・お出かけ

ファン

<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Daffodils

Daffodil ダフォディル 水仙 スイセン Narcissus ナルキサス ナルシサス ナルシスス ナルキッスス ナルキッソス

b0099813_0121633.jpg


『Narcissus triandrus subsp. triandrus var. alejandrei』 ナルキッスス トリアンドルス アレハンドレイ

Amaryllidaceae アマリリダセアエ 彼岸花科 ヒガンバナ科
tribe. Narcisseae スイセン連
section. Ganymedes ガニュメーデース(ガニュメデス、ガニメデス)節

原産地はSpain スペイン 中部~北部

この種子はスペイン北部
Comunidad Autonoma de Castilla y Leon カスティーリャ・イ・レオン自治州
Burgos ブルゴス県 Penahoradada ペニャオラダダ(Penahorada ペニャオラダ!?)産

ブルゴス県は
Cordillera Cantabrica カンタブリカ山脈と Sierra de Guadarrama シエラ・デ・グアダラマ山脈と Pyremees ピレネー山脈、Iberian Plat. イベリア高原に囲まれた所に位置する
Meseta norte 北メセタと呼ばれる 標高900~1,200メートルの台地で

ブルゴスの気候は高地な為に
夏場最高30度前後最低13度前後と夏場でも夜間は冷えて冷涼
冬場は最高8度前後最低1度前後と比較的温暖で名古屋と同じ位の土地ですが

ブルゴスの年間降雨量は300~400ミリ程度
因みに 名古屋の年間降雨量は1500~1600ミリ前後と
ブルゴスは名古屋の5分の1位しか雨が降らない乾燥した土地の様です!

種子の説明文には
Burgos Penahoradada ペニャオラダダ産とありますが
ブルゴス県内には Penahoradada ペニャオラダダと言う地名を探しても無く

Burgos ブルゴス県の隣 Provincia de Palencia パレンシア県には
ブルゴス市から北西に約65キロのカンタブリカ山脈の麓の川沿いに
La Horadada ラ・オラダダ(ラ・オラダダ渓谷)と言う土地は在りますが

ブルゴス県内には
ブルゴス市から北北東に約18キロの場所に在る
Penahorada ピニャオラダと言う地名しか無い様なので
恐らく Penahoradada はPenahorada の綴り間違い!?
(^o^;)

Penahorada ペニャオラダの座標は
北緯 42°29'32.94" 東経 3°39'11.32" O 付近 標高約900メートル

Penahorada ペニャオラダはこんな村です!(笑)

白い岩肌が露出した石灰岩(ドロマイト)主体の岩山が多く
Google earthの衛星画像で見ると
ペニャオラダを境に北側には石灰岩の層の上に鉄分を多く含んで赤いTessa Rossa テラ ロッサと呼ばれる粘土質のローム層の土壌が重なっている地層が広がり
南側には白い石灰岩の土壌が広がって居る様です!




b0099813_0121660.jpg


トリアンドルスの亜種・変種には(Synonyms シノニム 異名同種を含む)

N. triandrus subsp. triandrus var. triandrus

N. triandrus subsp. triandrus var. alejandrei

N. triandrus subsp. triandrus var. cernuus

N. triandrus subsp. triandrus var. concolor

N. triandrus subsp. triandrus var. loiseleurii

N. triandrus subsp. triandrus var. paivae

N. triandrus subsp. triandrus var. pulchellus

N. triandrus subsp. capax

N. triandrus subsp. lusitanicus

N. triandrus subsp. pallidulus var. pallidulus

N. triandrus subsp. pallidulus var. concolor

N. triandrus subsp. pallidulus var. paivae

等が知られ居て
黄色~白色まで色幅も有りますが

今回SAKUさんが念願だったトリアンドルスの種子を海外発注すると誘って頂けたので
1口乗って取り寄せた種子を譲って頂きました!
(^o^)/

因みに入手したトリアンドルスの変種アレハンドレイは白花種です

咋年 初夏に収穫したスイセン類の種子を秋まで乾燥保存して蒔いた種子は
休眠が深かった為か!?今シーズン全く芽生え無かったので

今回は早速 Seedling シードリング 実生 種を蒔いてみました!
o(^-^)o




b0099813_012167.jpg


『Narcissus cyclamineus』 ナルシスス キクラミネウス (シクラミネウス)

Amaryllidaceae アマリリダセアエ 彼岸花科 ヒガンバナ科
tribe. Narcisseae スイセン連
section. Pseudonarcissus プセウドナルシスス節

Portugal ポルトガル北西部 ~ Spain スペイン北西部に掛けての湿り気の有る高山の牧草地に自生。

昨年 秋にイギリスから取り寄せた球根

1センチ×5ミリ位のビックリする位極小な上に
蒸れて少しカビも生えて居たので心配してましたが・・・・(汗)

心配に成り表面に敷き詰めて居た大理石を注意深く避けてみたら
3球共に何とか無事発芽を確認出来ました~
(^o^)/

しかし これ位で開花球なのか!? 本当に凄く小さい!
(^o^;)



[PR]
by Titan-Garden | 2010-02-20 02:20 | Narcissus | Trackback | Comments(0)

Narcissus romieuxii subsp. romieuxii var. mesatlanticus

Petticoat Daffodil ペチコート ダフォディル 水仙 スイセン Narcissus ナルキサス ナルシサス ナルシスス ナルキッスス ナルキッソス

b0099813_1574326.jpg


『Narcissus romieuxii romieuxii var. mesatlanticus』
ナルシッスス ロミエウキシー メサトランティクス (メサトランティカス)

Amaryllidaceae アマリリダセアエ 彼岸花科 ヒガンバナ科
tribe. Narcisseae スイセン連
section. Bulbocodium ブルボコディウム節

Morocco モロッコ原産。

自生地は詳しく紹介されて無い様ですが・・・・

どうやら
Marrakech マラケシュから南に約60キロ High Atlas ハイ・アトラス山脈
北アフリカ最高峰 Jbel Toubkal ツブカル山(トゥブカール山、4167メートル)周辺の様です!
(*^-^)b




b0099813_1574378.jpgb0099813_1574317.jpg




我が家のペチコート水仙の中では
まるで松葉の如く葉っぱは真っ直ぐ整然と立ち上がり
葉姿が一番美しい種です!
(^o^)/

花色は明るいペールイエローで
大輪花では無いですが、やや斜め上受け咲きに行儀良く咲いてくれます~



[PR]
by Titan-Garden | 2010-02-18 02:18 | Narcissus | Trackback | Comments(4)

Helleborus niger subsp. macranthus 'Potters Wheel'

Helleborus ヘレボルス Christmas Rose クリスマスローズ

b0099813_1950100.jpg


『Helleborus niger subsp. macranthus 'Potters Wheel'』 ヘレボルス ニゲル マクラントゥス 'ポッターズ ホイール'

亜種のマクラントゥスは
イタリア北部のみ小範囲に自生する亜種で

1957年にはイギリスのRHSに知られて居ましたが
1973年に Molly Popperによりイタリア北部の Garda ガルダ湖の西部に在るFasano フアサーノの丘の上で自生が確認されて居ます。
恐らくイタリア北部アルプス山脈沿いにイタリア北東部スロベニアの国境辺りまで自生が有るのでは無いかと思われて居ます。




b0099813_195028.jpg


亜種名の通り花や草姿が大柄ですが
成長は非常に緩慢でなかなか大株に成りません〜

この株の花は花径10センチ位は有る大輪ですが
やや抱え気味でうつむき加減に咲きます!
(^o^)/



[PR]
by Titan-Garden | 2010-02-16 02:16 | Helleborus | Trackback | Comments(0)

Narcissus romieuxii subsp. albidus var. occidentalis

Petticoat Daffodil ペチコート ダフォディル 水仙 スイセン Narcissus ナルキサス ナルシサス ナルシスス ナルキッスス ナルキッソス

b0099813_0124825.jpg


『Narcissus romieuxii subsp. albidus var. occidentalis』
ナルシッスス ロミエウキシー アルビドゥス オッキデンタリス(オキデンタリス


Amaryllidaceae アマリリダセアエ 彼岸花科 ヒガンバナ科
tribe. Narcisseae スイセン連
section. Bulbocodium ブルボコディウム節

Morocco モロッコ原産。




b0099813_0124894.jpg

変種名 occidentalis オッキデンタリス とは
ラテン語の Occident =「太陽が落ちる所」の意味
即ち「西方の、西部の」という意味。




b0099813_012488.jpg

昨年の花と比べると…

去年は割と地際で咲いて居ましたが
今年のオッキデンタリスの花は花茎か少し長く伸び花数は倍に

そして約2週間遅れの開花でした!
(^o^)/



[PR]
by Titan-Garden | 2010-02-14 02:14 | Narcissus | Trackback | Comments(4)

山茶花

Camellia カメリア 椿 ツバキ 山茶花 サザンカ

b0099813_053926.jpg


『Camellia sasanqua 'Hakurakuten' = 'Taiheiraku'』
カメリア ササンクァ 'ハクラクテン' = 'タイヘイラク'

肥後山茶花 肥後サザンカ 白楽天 = 太平楽

1977年肥後さざんか協会で認定・登録
熊本市 吉村名花園で実生選抜。

白 一重咲き大輪 、弁端僅かに薄紅色の爪紅をさします。
※ Camellia japonica カメリア ジャポニカ
薮椿 ヤブツバキ にも白楽天と言う品種がありますが別種です。

ヒゴサザンカは肥後椿 肥後ツバキ同様に肥後六花(椿、山茶花、菊、花菖蒲、芍薬、朝顔)として
江戸時代から熊本で門外不出として発展した品種群で
一重大輪梅芯咲きの山茶花です!

原種のサザンカの自生地は
日本では本州(山口県以西)、四国南西部、九州、沖縄
台湾、中国福建省南部まで

ヤブツバキの基本色は紅色ですが
サザンカの野生下の自生地での基本色は白ですが時に薄紅色の個体も自生して居ます。

ヤブツバキの染色体数は2n=30ですが
サザンカの染色体数は2n=90の6倍体です!

サザンカの花期は11~12月
今期の花は既に終わってしまって居るので来期に期待!(笑)



b0099813_053962.jpg


お隣中国では「山茶花」は日本で言う「ツバキ」の事で、
日本で言う「サザンカ」を中国では「茶梅」と書くんだそう!

サザンカの元々の読み方は
その文字の通り「山茶花」の訓「さんちゃか・さんさか」が
「新しい」の「新」の読み方が あらた→あたら 変化した様に語呂のよさから
「さざんか」に転倒・変化したんだそう!(笑)

そ~言えば
NHK出身のアナウンサーに流石に殆ど無い事ですが
民放出身のアナウンサーや司会者が
「舌鼓」を(したつづみ)を(したずつみ)と言ったり
「腹立たしい」(はらだたしい)を(はらただしい)と言う人が
有名所にも(関東なら安○紳一郎とか 関西なら宮○誠司とか…)結構多いのにはビックリします!(笑)
(^o^;)



[PR]
by Titan-Garden | 2010-02-12 02:12 | Camellia | Trackback | Comments(0)

Helleborus

Helleborus ヘレボルス Christmas Rose クリスマスローズ

b0099813_050340.jpg


『Helleborus niger 'Marco'』 ヘレボルス ニゲル 'マルコ'(メリクロン株)

Josef Heuger (Heuger Blumen)作出

今年はいつも程巨大輪では無く普通に大輪程度でしたが

取りあえず開花!(笑)
(^O^)




b0099813_050344.jpg


『Helleborus niger 'Josef Lemper'』 ヘレボルス ニゲル 'ジョセフ レンパー'(メリクロン株)

Josef Lemper ジョセフ レンパー氏作出(ドイツ ミュンスター地方の育種家)




b0099813_050319.jpg


やっと満開に成りました~
(^o^)/

今年の我が家の冬咲きの植物達は
全体的に例年より約2週間程度(半月位)遅れ気味です・・・・
(^o^;)




b0099813_050313.jpg


『Helleborus thibetanus』 ヘレボルス チベタヌス (ヘレボラス)

中国原産 (四川省、甘粛省、陜西省、湖北省、河南省、山西省に分布)

昨年10月に入手した
甘粛省(カンスー、かんしゅくしょう)産 濃色ベイン個体からの 国内実生5年生苗

は3芽程少し芽が動き始めました~

しかし どうやら全て花芽では無く葉芽のみの模様・・・・
(^o^;)

6年目の今年無事に夏越しして生き残り
7年目の春には何とか咲いて欲しい物です!
o(^-^)o



[PR]
by Titan-Garden | 2010-02-10 02:10 | Helleborus | Trackback | Comments(2)

アワワワ・・・・ \(°Д゜)丿

Orchid オーキッド 蘭 ラン Cattleya カトレヤ(カトレア)

b0099813_1103569.jpg


『Rhynchocattleya Tzeng-Wen Hero 'Green Emperor'』
リンコカトレヤ ツェン-ウォン ヒーロー 'グリーン エンペラー'(緑帝)

ピュアグリーンのコンカラータイプのカトレヤ

緑花のカトレヤは
ブラジル原産で草丈が非常に大柄で多花性2枚葉系の原種
C. granulosa グラニューローサ、C. porphyroglossa ポーフィログロッサ、C. guttata グッタータ、C. leopoldii レオポルディー等が元に改良されてる品種が多いので

草丈が大きく花が沢山着く割に
花は小さくリップ(舌弁)が欠けるバチ弁の夏咲き種が多いですが

この種は珍しく
草姿は普通なスタンダードな1枚葉タイプで
花径はそんなに大輪では無いものの舌弁は欠ける事無く展開して
冬咲きの様です!
(*^-^)b




b0099813_1103546.jpg

7年位前に小さな苗を入手してから
小さな鉢に植えたまま植え替えもせず倒れない様に少し大きな鉢の中に入れ二重鉢で根が暴れ放題

全く手入れをして居なかったのですが・・・・(汗)

ようやく今年 初めて花が咲きました~(笑)
(^o^)/




b0099813_1103548.jpg

そー言えば

2007に変わった驚愕の事実…
それまでBrassavola (B.)ブラサヴォラ(ブラサボラ)属に分類されて居た
digbyana ディグビヤナ種 と glauca グラウカ種を新属として独立させ
Rhyncholaelia リンコラエリア(リンコレリア)属に分類し

それまでCattleya (C.)カトレヤ属だった中米2枚葉多花性カトレヤを新属として独立させ
Guarianthe (Gur.) グアリアンセ属に分類し

中米 Laelia (L.)ラエリア(レリア)属はそのままに
それまでレリア属に分類されて居た南米産レリア全種を
Sophronitis ソフロニティス属へ編入

正式に再分類されビックリして居ましたが・・・・



先日の「趣味の園芸」を観て居た所
Sophronitis (S.) coccinea ソフロニティス コクシネアを
Cattleya (C.) coccinea カトレヤ コクシネアと紹介されて居たので

思わず え"っ!とビックリしてネットで調べた所・・・・

2009年春に
今度は 2007年までレリア属に分類されて居た南米産レリア全種を含めた
Sophronitis ソフロニティス属の種を全てへCattleya カトレヤ属へ編入されて

Sophronitis ソフロニティス属は廃止!(汗)

南米産カトレヤ類の殆どがカトレヤ属に分類されてしまいました・・・・
\(°Д゜)丿

200年以上続くラン属全ての戸籍簿のサンダースリストのカトレヤ類の属間交配種
約20000種以上の属名が再編更だそうです・・・・(汗)
(^o^;)

上記のグリーンエンペラー(緑帝)も
Potinara (Pot.)ポチナラ属から Rhyncosophrocattleya (Rsc.)リンコソフロカトレヤ属に変わり
更にRhynchocattleya リンコカトレヤに属名が変わりました!
(^o^;)

現在のサンダースリストでは
交雑可能な近縁属内で同じ交配名は認めて居ませんが

交配登録が少なかった昔は
例えば

Cattleya (C.) Bonanza カトレヤ ボナンザ


Laeliocattleya (Lc.) Bonanza レリオカトレヤ ボナンザ(2008年はSophrocattleya (Sc.)ソフロカトレヤ)

属名違いで同じカトレヤ類の交配名が登録されて居ましたが

去年の 旧レリア属を含めたソフロニティス属全種をカトレヤ属に移行した事により
両種共にカトレヤ ボナンザと言う交配名に成りますが
サンダースリストを管理するイギリス王立園芸協会(RHS)はたしてどの様に扱うのだろうか・・・・
(¬з¬)



[PR]
by Titan-Garden | 2010-02-08 02:08 | Orchidaceae | Trackback | Comments(6)

雪椿

Camellia カメリア 椿 ツバキ

b0099813_0304595.jpg


『Camellia japonica subsp. rusticana var. alba 'Shirayukihime'』 カメリア ジャポニカ ルスティカナ アルバ 'シラユキヒメ'

Synonym
(Camellia japonica var. decumbens forma. alba 'Shirayukihime') カメリア ジャポニカ デクンベンス アルバ 'シラユキヒメ'

雪椿 ユキツバキ 白雪姫


白花一重咲き梅芯

ユキツバキの品種な様ですが詳細不明・・・・(汗)
(^o^;)




b0099813_030459.jpg


似た様な雪椿の品種に
加賀白梅、白雪椿、鳥海、雪中梅、夕顔、雪明り、雪国 …等
輪の大小は有りますが同じ様な白花一重咲き梅芯花の特徴のユキツバキの品種は割と多いです。

豊田市の前田ナーセリーのオリジナル品種の白雪姫は同じく白花一重だけど
雪芯(梅芯)では無く筒芯に見えるが… もしや同種か!?

※ ヤブツバキとサザンカとの雑種
Camellia × hiemalis カメリア ヒエマリス
(C. japonica × C. sasanqua)
寒椿 カンツバキ にも白雪姫と言う品種があるが別種です!


実際の花を見るまで何とも言えませんが・・・・

TITANが思うに
もしや 「白雪椿」(ShiraYuki-tsubaki)
新潟県北蒲原郡の民家で栽培されて居た物を 1966年に川村弥一が命名発表した品種と
同一品種なんじゃ無いのか!? とか思ってたりします。(笑)



[PR]
by Titan-Garden | 2010-02-06 02:06 | Camellia | Trackback | Comments(0)

立春

Clematis クレマチス 鉄線 テッセン

b0099813_073544.jpg


『Clematis yunnanensis』 クレマティス ユンナネンシス

subgenus Campanella カンパネラ亜属
section Campanella カンパネラ節

原産地は
中国雲南省の標高2000~3000メートル

常緑冬咲きクレマチス




b0099813_073516.jpg


Synonym シノニム 異名同種として
『Clematis angustifoliola』 クレマティス アングスティフォリオラ

『Clematis clarkeana var. stenophylla』 クレマティス クラルケアナ ステノフィラ

『Clematis subfalcata var. stenophylla』 クレマティス スブファルカタ ステノフィラ

『Clematis urophylla』 クレマティス ウロフィラ

『Clematis clarkeana』 クレマティス クラルケアナ

『Clematis anshunensis』 クレマティス アンシュネンシス(アンスンネンシス)
等の名が記載されて居ます。




b0099813_073539.jpgb0099813_07353.jpg




前回1月19日から 1週間程後位から咲き始め

先月末位からは次々に開花中~
(^o^)/



[PR]
by Titan-Garden | 2010-02-04 02:04 | Clematis | Trackback | Comments(2)

茶々姫

椿 つばき ツバキ Camellia カメリア

b0099813_015579.jpg


『Camellia 'Chachahime'』 カメリア 'チャチャヒメ'
(Camella japonica 'Touyou-no-hikari'='Donchou' × Canellia sinensis 'Z-1')

1980年 萩屋薫作出

ハイブリッドカメリア 茶々姫




b0099813_0155740.jpg

雪椿 ユキツバキの '東洋の光' = '緞帳' と
茶 チャの品種 'Z-1' との交配種。

subgenus. Camellia ツバキ亜属
section. Camellia ツバキ節



subgenus. Thea チャ亜属 section. Thea チャ節

との少し縁遠い種間交配種です。




b0099813_0155798.jpg

花弁の中心は白地に極薄い黄色で次第に濃く成る薄いピンク色のグラデーションが入り
一番外側は白く色が抜けるヤブツバキには無い不思議な花色ですが

花色と花径4センチ程の小さな一重の花型と相俟って
でとても可愛い花です!
(*^o^*)



[PR]
by Titan-Garden | 2010-02-02 02:02 | Camellia | Trackback | Comments(2)