TITANの植物を中心としたblog。             インスタはtitans_garden (*^-^)b


by Titan-Garden

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
Iris
Fern
Hoya
Rosa
Olive
Clivia
Asarum
Araceae
Begonia
Paeonia
Camellia
Clematis
Hibiscus
Plumeria
Narcissus
Helleborus
Orchidaceae
Hippeastrum
Bromeliaceae
Gesneriaceae
Agave & Yucca
Fruit & Vegetable
Green & Carnivorou
Cactus & Succulent
Nelumbo & Nymphaea
Ipomoea nil 朝顔
Primula sieboldii 桜草
Rohdea japonica 万年青
山野草 & 宿根草&球根
花木 & 熱帯花木&熱帯宿根草
我家の Plants List
作業 & 観察&グッズ&本
Garden & Park 園芸店
神社・寺 & パワースポット
Travel & Wander
Photo ・ Art & Crafts
et Cetera
未分類

最新の記事

Tillandsia but..
at 2017-11-14 11:14
Agave horrida ..
at 2017-11-05 11:05
Aloe suprafoli..
at 2017-10-30 10:30
Tillandsia bul..
at 2017-10-06 10:06
Olea europaea ..
at 2017-10-01 10:01
松葉蘭
at 2017-09-26 09:26

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新のコメント

>アマゾン杉様 プセウ..
by TITAN at 08:41
こんばんは。 フル..
by アマゾン杉 at 21:33
>アマゾン杉様 柑橘類..
by TITAN at 00:59
こんばんは。 ..
by アマゾン杉 at 22:18
>アマゾン杉様 高蔵寺..
by TITAN at 01:08

フォロー中のブログ

ガーデンをつくろう!
花中草中
一茎草花
POPO and GARDEN
[ ACID NATUR...
DORAYAKIS’ G...

お気に入り Link

ライフログ

ブログジャンル

花・ガーデニング
旅行・お出かけ

ファン

<   2010年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Helleborus thibetanus

Helleborus ヘレボルス Christmas Rose クリスマスローズ

b0099813_0122774.jpg


『Helleborus thibetanus』 ヘレボルス チベタヌス (ヘレボラス)

Ranunculaceae ラヌンクラセアエ 金鳳花(金鳳華)科 キンポウゲ科
Tribe. Helleboreae ヘレボレアエ連

中国原産 (四川省、甘粛省、陜西省、湖北省、河南省、山西省に分布)

甘粛省(カンスー、かんしゅくしょう)産 濃色ベイン個体からの 純国内産 実生6年生




b0099813_0122712.jpg


前回 4月末から

今年の猛暑の中 8月のお盆過ぎには葉っぱは黄変して枯れてしまい心配して居ましたが・・・・
ヽ(゜Д ゜)ノ

10月頃には小さな新芽を発見!
(*^o^*)

やっと今回 初めて枯れずに夏を越しました~
(^o^)/

昨年10月に入手した時には 涼しい長野県でフカフカの土に植わって居たのか!? 長さ40センチもあった 長く真っ直ぐ伸びた立派な根でしたが…

先日植え替えた時に確認すると(画像を撮り忘れ…)
根数自体はさほど変わらないものの
長さ20センチ程度で 腐食質の物は一切含まない石の割合が多い培養土な為か!? クネクネ曲がった短い根だったので

恐らく去年の根は全て枯れて
どうやら 我が家の環境に合った新しい根に生え替わったっポイ!
(^o^;)

しかし芽数は去年(3芽)の倍の大小合わせて6芽に成って居たので
着実に成長!?(笑)

が しか~し
一番大きな芽でも 花芽の大きさでははなさげ(恐らく葉芽)なので 
実生7年目の来年も開花は望めない事でしょう~(汗)
(^o^;)

実生8年目に成る 再来年に期待!
o(^-^)o




と 言う事で

今年も つまらぬ内容ばかりのTitan's Garden blogでしたが
皆様方には また一年間お付き合い頂きありがとう御座居ました

また 来年も是非宜しくお願い致します。
m(_ _)m



[PR]
by Titan-Garden | 2010-12-31 12:31 | Helleborus | Trackback | Comments(2)

播種

Begonia ベゴニア 秋海棠 シュウカイドウ

b0099813_2235556.jpgb0099813_2235586.jpg




Begonia mollicaulis × Begonia 'Mrs. Hashimoto'

Begoniaceae ベゴニアセアエ 秋海棠科 シュウカイドウ科

今年の夏 7月上旬に
ブラジル原産の木立性ベゴニア 叢生型(shrub-like group)の原種

「Begonia mollicaulis」 ベゴニア モリーカウリス
を種子親に

木立性ベゴニア 矢竹型(Cane-like group)白花交配種の傑作

「Begonia 'Mrs. Hashimoto'」 ベゴニア 'ミセス ハシモト'
(B. 'Lucerana' × B. 'Frances Lyons')
1970年 橋本 須磨子 作出

を 花粉親にして交配。

約1ヵ月少々 8月中旬には鞘が熟したので収穫後に乾燥して居ましたが

9月に入っても相変わらず猛暑が続いて居たので播種せずに置いたまますっかり忘れ・・・・(^o^;)




b0099813_2235575.jpg


12月に入ってすっかり忘れ去って居たカリカリに乾いたベゴニアの鞘を発見!(笑)

鞘を開けて中を確認した所、
ホコリの様に超微細な種子が数千個は入って居ました~




b0099813_2235581.jpg


ベゴニアの種子は
好光性種子なので光が当たる様に覆土はせず
温度が20~25度程度で約2~3週間程で発芽する様ですが
室内の最低気温15度程度はあり最高気温も21~22度はずっとあったので
12月5日に播種しました

しかし 最近クリスマス辺りからドンドン外気温は低下してしまい
室内の最高気温が12度まで低下(最高15度位)・・・・

播種から24日 経った現在 気温が低い為か!? 未だ発芽せず。。。。
(^o^;)



[PR]
by Titan-Garden | 2010-12-29 12:29 | Begonia | Trackback | Comments(0)

Saintpaulia 'Frozen In Time'

African Violet アフリカン ヴァイオレット Saintpaulia セントポーリア

b0099813_1252889.jpg


『Saintpaulia 'Frozen In Time'』 セントポーリア 'フローズン イン タイム'

2003年 Paul Sorano(Lyndon Lyon Greenhouses / P. Sorano)作出(2003年2月3日発表)

Gesneriaceae ゲスネリアセアエ 岩煙草科 イワタバコ科
Subfamily. Cyrtandroideae キルタンドロイデアエ亜科 Tribe. Didymocarpeae ディディモカルペアエ連

和名: 亜弗利加菫 アフリカスミレ

英名: African Violet アフリカン ヴァイオレット




今年猛暑だったにもかかわらず
初夏から晩秋まで枯れる事無くずっと咲き続けてくれたフローズン・イン・タイム

春に屋外へ出してから11月までずっと放ったらかしだったので
ワサ~っと脇芽生えて大きく成長・・・・

親株は廃棄して捨て 脇芽を一から仕立て直し初めました!(笑)

親株3株から脇芽が大小12本
空いたカップにゼオライトと水を入れた所で水挿し

1ヵ月半近く経ち かなり根が伸び出して来たので

猛暑でも溶ける事無く元気良く咲き続けてくれた土のブレンド

赤玉小粒4、ゼオライト3、日向土小粒1、鹿沼土1、牡蛎殻石灰を少々 に
今回はマグアンプK Fe+、熔成燐肥(熔成リン肥)などの遅効性肥料分を少し配合
で植え付け~
(^o^)/




交配記録(2010年 12月 25日)

Saintpaulia 'Optimara Millennia' × Saintpaulia 'Rhapsodie Cora '


逆交配

Saintpaulia 'Rhapsodie Cora ' × Saintpaulia 'Optimara Millennia'



[PR]
by Titan-Garden | 2010-12-27 12:27 | Gesneriaceae | Trackback | Comments(1)

Saintpaulia 'Rhapsodie Cora '

Saintpaulia セントポーリア African Violet アフリカン ヴァイオレット

b0099813_075696.jpg


『Saintpaulia 'Rhapsodie Cora'』(Variety Number:722) セントポーリア 'ラプソディー コラ'

1999年 Hermann Holtkamp(Hermann Holtkamp Greenhouses, Inc.)作出

Gesneriaceae ゲスネリアセアエ 岩煙草科 イワタバコ科
Subfamily. Cyrtandroideae キルタンドロイデアエ亜科 Tribe. Didymocarpeae ディディモカルペアエ連

和名: 亜弗利加菫 アフリカスミレ

英名: African Violet アフリカン ヴァイオレット




b0099813_075655.jpgb0099813_075672.jpg




日本の生産者のHPで品種名を調べると type-240 ですが…

本家のホルトカンプ社のオプティマラのHPOptimara Variety Informationの品種コード名(バラエティーナンバー)で240の品種を調べると…

確答する品種は無し・・・・
(^o^;)

でも品種名はCora コラで合ってる様ですが…

しかし 日本では「'Optimara Cora'」
オプチマラ シリーズの コラの名で出回って居ます!(笑)

※ Rhapsodie ラプソディーシリーズは父親のHermann Holtkamp ハーマン、Optimara オプティマラシリーズは息子のReinhold Holtkampラインホルトが作出したシリーズ。



[PR]
by Titan-Garden | 2010-12-25 12:25 | Gesneriaceae | Trackback | Comments(0)

Paeonia brownii と Paeonia californica

Paeonia パエオニア ピオニア Paeony ピオニー Peony ペオニー 牡丹 ボタン 芍薬 シャクヤク

Paeoniaceae パエオニアセアエ ボタン科

b0099813_0183826.jpg


『Paeonia brownii』 パエオニア ブラウニー

原産地はアメリカ合衆国北西部
カリフォルニア州、ネバダ州、ワシントン州、アイダホ州、ユタ州、ワイオミング州、オレゴン州
標高800から1900メートル付近に自生。

※イギリスから輸入入手株、オレゴン州産の実生!?





b0099813_0183856.jpg


『Paeonia californica』 パエオニア カリフォルニカ

自生地はアメリカ合衆国
カリフォルニア州(ロサンゼルス、モントレー、オレンジ、リバーサイド、サンタバーバラ、サンバーナーディノ、サンディエゴ、サンルイスオビスポ、ベンチュラ)
標高2000メートル付近に自生。

※日本国内入手株




アメリカ大陸に2種類のみ自生するボタン属(牡丹、芍薬)

※ カリフォルニカはブラウニーの亜種「Paeonia brownii subsp. californica」
の 一種二亜種とされる事もありますが…

カリフォルニカはカリフォルニア州の南西部の山々の乾燥斜面に自生し
高さは35センチから75センチと
ブラウニー(高さ20から40センチ)よりも一回り大きな高性種の様で

カリフォルニア州は温暖な地な為か!? より寒い地域に自生するブラウニーよりも寒さに弱い!?

と言うか
カリフォルニカとブラウニーは晩夏には葉を落として休眠しますが

ブラウニーはアジアやヨーロッパに自生するボタンやシャクヤクの仲間と同様に
葉を落とした後は普通に春暖かく成るまで休眠状態が続くのに対して

我が家のカリフォルニカの方は
晩秋には成長を開始し 冬場でも葉を落とす事無く成長して居ます!
(^o^;)

我が家のカリフォルニカは今年も普通に秋から成長しましたが
一株しか持って居ないので
他の多くのカリフォルニカの個体も同じ様な成長サイクルなのかは分かりませが…(汗)

昔 牡丹が中国から日本に導入され独自に改良・選抜された寒牡丹
「Paeonia suffruticosa var. hiberniflora」 パエオニア スフルティコサ ヒベルニフロラ
の様に
冬にも花を咲かせる二期咲きの寒牡丹(実際には晩夏までに葉苅りをせず秋まで葉を着け続けてしまうと春の一期咲きに成り易い)

元々の中国の中国牡丹などの品種には見られない低温感受性が弱く休眠が極浅い形質と同じ様な進化か!?

去年よりも着実に成長してます!
o(^-^)o



[PR]
by Titan-Garden | 2010-12-23 12:23 | Paeonia | Trackback | Comments(0)

Camellia granthamiana

Camellia カメリア 椿 ツバキ

b0099813_3114214.jpg


『Camellia granthamiana』 カメリア グランサミアナ

Theaceae テアセアエ 椿科 ツバキ科(山茶科) subfamily. Theoideae テオイデアエ(ツバキ亜科)
subgenus. Protocamellia 原始ツバキ亜属 sect. Archecamellia アルケカメリア節

中国名: 大苞山茶 (葛量洪茶)

グランサム椿




b0099813_3114217.jpgb0099813_3114267.jpg




1955年に 最初香港の九龍半島の大帽山で1株のみ見付かりましたが

その後 香港 新界の馬鞍山でも数株発見された珍しい椿です!




b0099813_3114262.jpg


染色体数は2倍体(2n=30)の倍の(2n=60)4倍体で

真っ白の花径15センチ位に成る巨大輪ですが
我が家ではまだ樹が若く力が無いのでせいぜい11~12センチ程度の花径です…
(^o^;)

特徴的な金色の雄蕊で 丁度最後の一輪が咲いて居た6倍体の肥後サザンカの雌蕊に
ダメ元で花粉を着けてみましたが・・・・(笑)

上手く受粉すれば5倍体の子が産まれるか!?
o(^-^)o



[PR]
by Titan-Garden | 2010-12-21 12:21 | Camellia | Trackback | Comments(0)

Saintpaulia 'Optimara Millennia'

Saintpaulia セントポーリア African Violet アフリカン ヴァイオレット

b0099813_054928.jpg


『Saintpaulia 'Optimara Millennia'』(Variety Number:761) セントポーリア 'オプティマラ ミレニア'

1999年 Reinhold Holtkamp(Hermann Holtkamp Greenhouses, Inc.)作出

※AVSA(アフリカン ヴァイオレット ソサエティ オブ アメリカ) 登録番号:8965 2001年1月31日登録。

Gesneriaceae ゲスネリアセアエ 岩煙草科 イワタバコ科
Subfamily. Cyrtandroideae キルタンドロイデアエ亜科 Tribe. Didymocarpeae ディディモカルペアエ連

和名: 亜弗利加菫 アフリカスミレ

英名: African Violet アフリカン ヴァイオレット




b0099813_054995.jpgb0099813_054962.jpg




日本の生産者のHPで品種名を調べると type-102 ですが…

本家のホルトカンプ社のオプチマラのHPOptimara Variety Informationの品種コード名(バラエティーナンバー)で102の品種を調べると…

Variety Number: 102 は'Rhapsodie Stephanie' ラプソディー の ステファニーでブルーの単色花・・・・
(^o^;)

※ Rhapsodie ラプソディー シリーズは父親のHermann Holtkamp ハーマン、Optimara オプチマラ シリーズは息子のReinhold Holtkampラインホルトが作出したシリーズ。

タグにはスージーの名が付いて居てたので
オプチマラのHPでスージーの名を調べると
Variety Number: 100 が 'Optimara Susi'ですが
花色は赤白なものの 全く別の花・・・・(汗)
(^o^;)

そこで
bi-color white/red バイカラーの赤/白 の花色で品種を調べると…

Variety Number: 399 の'Optimara Rita' オプティマラ リタ



Variety Number: 761 の'Optimara Millennia' オプティマラ ミレニア

の 疑わしい品種が2品種ヒット!

非常に似通った花ですが
ミレニアの花色説明はホワイト/レッドですが
リタの方の花色説明はホワイト/ピンクとどうやら赤色が少し薄い様
我が家の花は濃い赤に白なので恐らくミレニアで良いと思います…

しかし ロシアのサイトの幾つかでは Optimara Millennia(Optimara Rita)同一品種!?とも

ですが
オプチマラシリーズは同じ品種でもヨーロッパとアメリカで別の品種名が付く事がありますが
この2種に関しては特に但し書きも無く作出年も違うので
同じ交配親の子であっても恐らく別個体。(笑)
(^o^;)




b0099813_054997.jpg


日本の生産者でコード番号名や品種名のタグが着いてる品種でも
出荷段階でタグが別品種に付いてたり…
そもそも番号や品種名で調べてみても最初からオプチマラのHPとは全く別花だったり

たまに極一部は品種名や番号が合ってても
品種名は合ってても番号が違ってたり、番号も品種名も両方共に違ってたり
殆どがバラバラ いい加減で当てに成らないみたい・・・・(汗)

恐らくセントポーリアは葉や根無しクラウン苗で増やされるので
導入段階 輸入し検疫した時にバラバラに成ったか!?

増殖段階での品種管理がずさんだったか!?



[PR]
by Titan-Garden | 2010-12-19 12:19 | Gesneriaceae | Trackback | Comments(0)

Colocasia esculenta

Taro タロイモ 里芋 サトイモ

Araceae アラセアエ 里芋科 サトイモ科 Subfamily. Aroideae アロイデアエ亜科(サトイモ亜科)

b0099813_1173016.jpg


『Colocasia esculenta 'Black Magic'』 コロカシア エスクレンタ 'ブラック マジック'

2倍体 黒葉品種

先月 いつも行く園芸店で
寒さにヤラレて葉がくったり萎れ始めてたブラックマジック

定価2980円がついて居ましたが
いつもの店員さんに「これ安く成る!?」と聞いた所・・・・ 約9割引きの 300円に!(笑)
(*^o^*)

ブラックマジックは芋の他にも
ストロン(stolon 地下茎、走出茎)が長く伸び出すタイプの品種なので

ポット植えのそのままの状態で長く50センチ位伸びたストロンをグルッと巻き
ポット苗とストロンの先に出来始めて居た子芋を腰水にして室内栽培して居ましたが
新芽と新根が沢山伸び始めてしまったので
そのまま2周り大きな鉢に鉢増し~




b0099813_1173094.jpg


『Colocasia esculenta 'Yatsugashira'』 コロカシア エスクレンタ 'ヤツガシラ'

八頭 別名:九面芋

2倍体 在来品種

子芋や孫芋は分球しなくて親芋に直接癒着する為に
芋はゴツゴツと大きな一塊状に成長します!

そのまま植え付けるとどんどん大きな塊に成長する為
種芋用に分球させるには芋を上下逆向きに植えるのだとか!?(笑)

八つ頭は芋の他にも葉軸もイモガラとして食べられる様です~

先月 野菜即売所で発見
種芋代わりに植える目的で直径15センチ位の小さ目を選んで
春まで乾燥しない様に仮植えしました!


ちょっと成長が始まってしまった~
(^o^;)




b0099813_1173084.jpg


『Colocasia esculenta 'Takenoko-imo'』 コロカシア エスクレンタ 'タケノコイモ'

筍芋 別名:京芋

2倍体 在来品種

親いもの形状が紡錘型に長く成長し
長く成るとまるでクワズイモの様な形の芋に成ります!

先月 なかなかスーパーでは芋を見掛けませんが
野菜の即売所で小さ目(小さいと言っても長さ20センチ以上あった…汗)の芋が安く売られて居たので買い求め

食べずに春種芋代わりにしようと
春までに乾いてしなび無い様に湿った土で仮植えしましたが…

芋が長細いので普通の鉢では土の量が沢山要る為
空いてたペットボトルに仮植!(笑)
(^O^)

しかし
この所暖かかったので芽が大きく成って来てしまった~
(^o^;)




日本で一般的な3倍体の里芋(土垂系、蓮葉芋系、石川早生系など)では無い

変わった形質の2倍体品種の
岩手県で栽培される二子芋、沖縄県や鹿児島県の奄美やトラカ列島で栽培されるターンム(田芋、水芋)やチンヌク等のタロイモ系や

芋以外に葉柄用にも栽培される
鹿児島県のミガシキ、山形県のカラトリ芋、溝芋…等々
気に成るところ・・・・
o(^-^)o



[PR]
by Titan-Garden | 2010-12-17 12:17 | Araceae | Trackback | Comments(0)

Cattlianthe Porcia 'Cannizaro'

Orchid オーキッド Cattleya カトレヤ カトレア

b0099813_0413985.jpg


『Cattlianthe Porcia 'Cannizaro'』 カトリアンセ ポーシア 'カニザロ'

(Cattleya Armstrongiae × Guarianthe bowringiana)

※旧 Cattleya (C.) Porcia 'Cannizaro'

2007年より中米原産の2枚葉系多花性カトレヤは新属と分類され
以前 グアテマラやベリーズ(ホンジュラス)原産の Cattleya bowringiana カトレヤ ボーリンギアナと分類されて居たのが
最近再分類されカトレヤ属から Guarianthe (Gur.) bowringiana グアリアンセ属と成った為に

ポーシア 'カニザロ'もカトレヤ属から→ Cattlianthe (Ctt.) カトリアンセ属 = Cattleya × Guarianthe カトレヤ属とグアリアンセ属との属間交雑種に変化しました!
(^o^;)




b0099813_0413950.jpgb0099813_0413936.jpg




AOSで最高賞のFCC入賞するなど
満作で作ると1花茎に20輪近く着く大房咲きの立派な品種ですが

春屋外へ出したら晩秋取り込むまで水やりも殆どやらず

10年近く植え替えもせず芽は鉢の外を成長する程
ほぼ放置状態なので・・・・
(^o^;)

流石にそこまで咲く事はありませんが
なんとか毎年咲いてくれてます!(笑)
(^o^)/



[PR]
by Titan-Garden | 2010-12-15 12:15 | Orchidaceae | Trackback | Comments(0)

冬薔薇 ふゆそうび

Rose ローズ 薔薇 バラ

b0099813_0351155.jpg


『Rosa 'Esperance'』(RUIvonk) ロサ 'エスペランス'(ルイヴォンク)

2000年 Anton Pouw(De Ruiter's Nieuwe Rozen B.V.(De Ruiter Innovations BV))作出

オランダのデルイター社の切花用品種。




b0099813_035115.jpg


夏の猛暑の後 秋に成ってもずっと暑さが続き
葉っぱは殆ど落ちたままで回復せず

もうバラは一切辞めてしまおうかと思った程…
今年の秋バラは壊滅的に本当に酷い有り様でした・・・・
(>_<)

太陽が低いこの時期に成ると
天気が晴れても丸一日ずっと日陰で寒い所ですが
葉っぱも殆ど着いて無いのに1輪だけ咲いてくれました!
(*^o^*)




b0099813_0351120.jpg


エクアドルで栽培されてるオバケの様な巨大なエスペランスの花の様には我が家では咲きませんが…
(^o^;)

グリーンエッジの花保ちが良い品種です!



[PR]
by Titan-Garden | 2010-12-13 12:13 | Rosa | Trackback | Comments(2)