TITANの植物を中心としたblog。             インスタはtitans_garden (*^-^)b


by Titan-Garden

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

カテゴリ

全体
Iris
Fern
Hoya
Rosa
Olive
Clivia
Asarum
Araceae
Begonia
Paeonia
Camellia
Clematis
Hibiscus
Plumeria
Narcissus
Helleborus
Orchidaceae
Hippeastrum
Bromeliaceae
Gesneriaceae
Agave & Yucca
Fruit & Vegetable
Green & Carnivorou
Cactus & Succulent
Nelumbo & Nymphaea
Ipomoea nil 朝顔
Primula sieboldii 桜草
Rohdea japonica 万年青
山野草 & 宿根草&球根
花木 & 熱帯花木&熱帯宿根草
我家の Plants List
作業 & 観察&グッズ&本
Garden & Park 園芸店
神社・寺 & パワースポット
Travel & Wander
Photo ・ Art & Crafts
et Cetera
未分類

最新の記事

Tillandsia but..
at 2017-11-14 11:14
Agave horrida ..
at 2017-11-05 11:05
Aloe suprafoli..
at 2017-10-30 10:30
Tillandsia bul..
at 2017-10-06 10:06
Olea europaea ..
at 2017-10-01 10:01
松葉蘭
at 2017-09-26 09:26

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新のコメント

>アマゾン杉様 プセウ..
by TITAN at 08:41
こんばんは。 フル..
by アマゾン杉 at 21:33
>アマゾン杉様 柑橘類..
by TITAN at 00:59
こんばんは。 ..
by アマゾン杉 at 22:18
>アマゾン杉様 高蔵寺..
by TITAN at 01:08

フォロー中のブログ

ガーデンをつくろう!
花中草中
一茎草花
POPO and GARDEN
[ ACID NATUR...
DORAYAKIS’ G...

お気に入り Link

ライフログ

ブログジャンル

花・ガーデニング
旅行・お出かけ

ファン

<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

実生苗

Seedling シードリング 実生

Camellia カメリア 椿 ツバキ つばき

Theaceae ツバキ科
subgenus. Camellia ツバキ亜属(山茶亜属) section. Camellia ツバキ節(紅山茶節)

去年の10月に幾つか採れた椿の種子は そのまま採り蒔いて居ましたが・・・・

春に一斉に発芽し 播種から約1年 現在はこんな状態に!
(*^o^*)

b0099813_1223182.jpg


「Camellia japonica 'Black Magic'」 カメリア ジャポニカ 'ブラック マジック'

(1991年 Julius Nuccio (Nuccio's Nursery) U.S.A)の実生

2粒採れたブラックマジックの種子は無事2つ共に発芽しました~
(^o^)/

親のブラックマジックの葉は
縁がギザギザ鋸歯がはっきり出たやや艶の無い桜葉ですが…

実生の内1本は先祖返りか!? 遺伝上 優勢の形質と思われる艶のある普通葉に成りましたが…




b0099813_1223124.jpg


本命と言うか注目はもう1本の方で
如何にも劣勢遺伝した様な姿で茎が細く弱々しながら
葉は艶が無く肉厚で縁は波打ちながら抱え込んた羅紗葉!? 獅子葉!? の面白い葉芸が出ました!
\(°Д゜)丿

今後どんな花が咲くかこの個体が楽しみです~(笑)

因みに 今年もブラックマジックに1粒だけ種子が実ったので
同じ鉢の端っこに埋めときました!(笑)




b0099813_1223122.jpg


「Camellia japonica 'Tama-no-ura'」 カメリア ジャポニカ 'タマノウラ'「玉之浦」

(1646年有川氏 発見 1973年藤田友一氏 命名発表 (長崎県五島列島・福江島五島市玉之浦町 父ヶ岳 薮))の実生

玉之浦の種子もほぼ全て発芽した様です!

確か何かの花粉を着けた記憶でしたが・・・・(汗)
実生苗の葉の形に幅が広いのや狭い物など微妙に形質の違う葉型が色々出てるので…

どうやら 玉之浦自身のセルフでは無いっポイ!?(笑)
(^o^;)

玉之浦の優勢に遺伝する白覆輪が出る面白い花が出ると良いですが・・・・




b0099813_1223178.jpg


「Camellia japonica 'Tamakasumi'(Tamagasumi)」 カメリア ジャポニカ 'タマカスミ'(タマガスミ)「玉霞」

(1968年 桜木 春太郎 (愛知県稲沢市 薮椿系品種不明の実生))の実生

こちらは親と似た葉っぱが多いから…

自信が無いけど ヤッパリ自家受精したセルフ実生かな!?

抱え咲き吹き掛け絞りの子を期待!
o(^-^)o




b0099813_1223177.jpg


2007年に播種した組

日当たり悪い場所に植え替えもせずずっと放ったらかしでしたが

いつの間にか元気な子は40センチ位に成長~

しかし 弱かった個体は生存競争に負けて枯れてしまったみたい・・・・(笑)
(^o^;)

かなり窮屈そうなので
来春にでも植え替えしてそれぞれ単鉢に鉢上げせねば!(汗)



[PR]
by Titan-Garden | 2011-10-31 10:31 | Camellia | Trackback | Comments(2)

Magnolia ashei

Magnolia マグノリア 木蓮 モクレン 朴 ホオ 大山蓮華 オオヤマレンゲ 田虫葉・噛柴・匂辛夷 タムシバ 辛夷・拳 コブシ 梓辛夷・幣拳 シデコブシ 辛夷擬 コブシモドキ 泰山木・大山木 タイサンボク

b0099813_085962.jpg


『Magnolia ashei』 マグノリア アシエイ

Magnoliaceae マグノリアセアエ 木蓮科 モクレン科
subgenus. Magnolia マグノリア亜属 Section. Macrophylla マクロフィラ節

英名: Ashe Magnolia (Ashe's Magnolia)アッシュ マグノリア

北米大陸 U.S.A アメリカ合衆国
Florida フロリダ州 北西部
(Leon County レオン郡、Liberty County リバティー郡、Gadsden County ギャズデン郡、Wakulla County ワクラ郡
に跨る地域と、少し離れて
Okaloosa County オカルーサ郡、Santa Rosa County サンタローザ郡、Walton County ウォルトン郡、Washington County ワシントン郡に局所的に点在)

川岸の斜度地や断崖の日陰に自生し(弱い光でも光合成出来る様に巨大葉に成るだけあって直射日光に晒されるのは苦手!?)
土壌は適度に湿った弱酸性のローム質(赤土)乾燥は嫌う様で
自生地する範囲は狭く個体数も少なくアメリカ大陸産のマグノリアの中で最も珍しい種で
絶滅が危惧されて居る様です!

Synonym シノニム 異名同種として
「Magnolia macrophylla subsp. ashei」(var. バラエティー 変種)とも

マクロフィラには
「Magnolia macrophylla var. macrophylla」
(基本種のマクロフィラは北米東南部Alabama アラバマ州とその周辺に自生し
高さ20メートル(最大27m)を超える高木で
通称:Bigleaf Magnolia ビッグ リーフ マグノリアと言われる程葉の長さは最大80~90センチにも成る超巨大葉マグノリア)

「Magnolia macrophylla subsp. ashei」 アシエイ

「Magnolia macrophylla subsp. dealbata」 デアルバータ
(Mexico メキシコの Hidalgo イタルゴ州~ Oaxaca オアハカ州、Veracruz ベラクルス州の雲霧林に自生し 高さ約20m 葉長はアシエイと同程度の最大60cm 果実は長く8~15cmが約70粒も着き
Cucumber-Tree Magnolia キューリ ツリー マグノリアと呼ばれる様です)

の 3つの亜種(変種とも)の記録がありますが
近年(2002年から!?) それぞれを別種として分離独立扱いされる様です。

アシエイは成長しても高さは平均6メートル位高くてもせいぜい10メートル程度(最大12メートル)止まりと低木性でマクロフィラやデアルバータよりもずっと低く

しかも 他の2種は かなり高さに成長するまで開花し難い性質の様ですが…
アシエイの葉っぱや花の大きさはマ クロフィラの3分の2程とマクロフィラ程巨大では無いのは残念ですが… それでも充分巨大!?(笑)

樹高はずっと低く 高さ1メートル位の低さから早くも着花が見られ
傘の様な枝振りで栽培するには鑑賞価値が非常に高い様です。

マクロフィラやデアルバータは日本に自生する sect. Rhytidospermum リティドスペルムム節 subsect. Oyama オーヤマ亜節の 「M. obovata」 オボヴァタ 朴(朴木、ホオの木)の樹形の様で
一方のアシエイの方は sect. Rhytidospermum リティドスペルムム節 subsect. Oyama オーヤマ亜節の 「M. sieboldii」大山蓮華 オオヤマレンゲ的な雰囲気の樹型かな!?(笑)

花の寿命は2~3日と短い様ですが…
花弁は白で中心部には赤紫色のブロッチが入り長さが20センチ程で花が開くと花径は40センチを超え
花の香りは同じくフロリダ州原産の常緑性種 sect. Magnolia マグノリア節の「M. grandiflora」グランディフローラ 泰山木 タイサンボクの蒸せ返る様な濃厚な香りでは無く…
ジャスミンと柑橘系の香りをミックスした様な芳香が漂うそうな!?(笑)
o(^-^)o

朴の木の葉っぱの2倍位は巨大な葉っぱは
朴葉の代わりに朴葉飯や朴葉味噌なんかの代わりにも使えそう口!?(笑)
(^O^)


話しは変わって…
近年のDNA遺伝子解析による近縁関係(APG体系による系統樹)によると
モクレン属の Magnolia亜属と モクレン属の Yulania亜属の関係よりも
別属と分類されて居る Michelia ミーケリア属(黄心樹・招霊木、オガタマノキ属)とモクレン属の Yulania亜属の関係の方がはるかに近縁であるという結果が出て居るので
※ユラニア亜属は(白木蓮 ハクモクレンや紫木蓮 シモクレン、辛夷 コブシ、四手辛夷 シデコブシ等)一般的にモクレンと言われる種の殆どがこの亜属。

Yulania亜属を属として独立させるか 属名として先名権のある Michelia属に含めるか
それとも Michelia属の階級を 2段階降格させて Magnolia属のYulania亜属に転入し Michelia節として全てマグノリア属に含めるかの学者の間で議論がある様ですね!(笑)

因みに日本原産のモクレン属の分類では2節5種
(恐らく自然交雑種と思われる3倍体の M. pseudokobus 辛夷擬 コブシモドキと タムシバとコブシの自然交雑種と思われるM. × kewensis 柴辛夷 シバコブシは除く)
subgenus. Yulania section. Yulania subsect. Yulania
M. kobus(Syn:M. praecocissima)辛夷 コブシ 変種に M. Magnolia kobus var. borealis 北辛夷 キタコブシ
M. stellata(Syn:M. tomentosa) 四手辛夷 シデコブシ
M. salicifolia サリキフォリア 田虫葉 タムシバ

subgenus. Magnolia section. Rhytidospermum リティドスペルムム節 subsect. Oyama オーヤマ亜節
M. obovata オボヴァタ 朴 ホオ
M. sieboldii シエボルティー 大山蓮華 オオヤマレンゲ

なので モクレンやコブシ、タムシバ等とホオノキやオオヤマレンゲとはかなり縁遠く交配は不可能!?で
むしろモクレンやコブシとオガタマノキとの属間交配の方が可能性が高い様ですね~(笑)



[PR]
by Titan-Garden | 2011-10-30 10:30 | 花木 & 熱帯花木&熱帯宿根草 | Trackback | Comments(2)

Paeonia × 'Narcissus'

Paeonia ペオニア ピオネア Peonie Peony ペオニー ペオニイ ピオニイ ピオネー ピオニー Tree Paeony ツリー ペオニー Mu Dan ムーダン Moutan ムータン 牡丹 ボタン

b0099813_0335072.jpg


『Paeonia × 'Narcissus'』(Saunders Cross #11953) パエオニア 'ナルキッソス'(ナルシス)

(P. lutea × P. suffruticosa)

1939年(1941年発表) Arthur Percy Saunders作出

Paeoniaceae パエオニアセアエ 牡丹科 ボタン科
subgenus. Mountan ムーンタン亜属
(section. Delavayanae デラヴァヤナエ節 × section. Moutan ムータン節)

lutea hybrid tree peony ハイブリッド ルテア

Roman Gold Group ローマン ゴールド グループ(Saunders)




b0099813_0335075.jpg


黄色い牡丹はフランス系とアメリカ系が良く知られて居ますが
これは アメリカ系ボタンの品種で
1950年に作出した黄色い牡丹の'High Noon' ハイ ヌーンハイヌーンの作出者として
また花の色素の遺伝の研究者としても有名な
アーサー パーシー サンダース教授(A. P. Saunders)ですが…

ナルキッソス(ナルシス)はサンダースが発表したボタンの中でも初期に作出した黄色の牡丹です!

1948年にも同じくサンダースが'Daffodil' ダフォディル (日本名:微光)って言う
ナルシスをそのままsemi-double 半八重咲きにした様な花容の黄色い牡丹で
同じく水仙 スイセンの意味の別品種も作出しています。(笑)
※ 'Narcissus'は 水仙の 学術名 Latin Name ですが、 'Daffodil' はスイセンの一般名 Kommon Name

ナルキッソスの母親はルテア(seedling of Lutea)とありますが
色々花の画像検索してみると
花は花首から垂れて居ないので…
恐らく ルテアの変種 P. lutea var. ludlowii パエオニア ルテア ルドロウィー(大花黄牡丹)が使われたと思われます。

※ アメリカ系黄花品種に使われたルドロウィーは花茎が強く交配種の花茎も曲がり難いですが
ルテアの花茎が柔らかい為かルテアを交配親に使われたフランス系黄花品種は花茎が曲がり横向きに花が咲く品種が多い様です。

花粉親の品種名は不明ですが P. suffruticosa ピンク色の牡丹(pink tree peony)との記録があります。

花型は Single 一重咲き
開花期は Early-to-mid. やや早咲き。



[PR]
by Titan-Garden | 2011-10-25 10:25 | Paeonia | Trackback | Comments(2)

朝顔はじめました~ って こんな時期に・・・

Morning Glory モーニンググローリー 朝顔 アサガオ あさがお

b0099813_133588.jpg


『Ipomoea nil 'Tokitsukaze'』 イポモエア ニル 'トキツカゼ'(イポメア)

Convolvulaceae コンヴォルヴラセアエ 昼顔科 ヒルガオ科
subgenus. Ipomoea イポモメア亜属 section. Pharbitis ファルビティス節(アサガオ節) series. Heterophyllae ヘテロフィリアエ列

Synonym シノニム 異名同種
異タイプ異名 heterotypic synonym (taxonomic synonym)
Pharbitis nil

時津風 ときつかぜ

青斑入蝉葉柿茶吹雪陽光抜丸咲大輪

洲浜系大輪朝顔
※ 青斑入蝉葉はアフセ、黄斑入蝉葉はキフセ、黄蝉葉はキセと略称表記される

Japanese Morning Glory、Early Call Morning Glory

※ 万葉集などで「朝顔」と呼ばれているものは本種でなく
キキョウやムクゲの花の事を指して居る様です。

発芽から15日目・・・・
本葉6枚目。




b0099813_133514.jpg


発芽から10日目・・・・
本葉4枚で5枚目が成長中~

アサガオは短日植物なので
陽が短いこの時期にそのまま育ててしまうと

茎葉の成長はストップして 花芽分化
双葉からいきなり開花して終了って事に成りますので

23時~1時までの2時間タイマーをセットした照明を点け電照による光中断(暗期中断処理)を毎日欠かさず行い
花芽分化を阻止して居ます。(笑)
(^o^;)




b0099813_133531.jpg


発芽から5日目・・・・
本葉が2枚展開。

同じ短日植物のポインセチアや菊などは花芽分化するのに
数日口数十日必要ですが
アサガオは非常に敏感に反応し僅か1日でも花芽分化してしまうので注意が必要です!

因みに
アサガオか日長を感じ始める双葉が展開した初日からです。

アサガオは例えば気温25℃下では暗期の長さが8時間をわずかに超えれば花芽が形成されるので

花芽分化させたい場合は連続8時間以上暗闇にし
花芽分化始めると約20日程で開花するそうです~

逆に花芽を着けさせたく無い場合は途中に光に当てて中断させればOK!(笑)
(*^-^)b




b0099813_133532.jpg


発芽から2日目・・・・
双葉の軸色。

アサガオの双葉の茎の色を見れば
だいたいの花色や花模様が予想出来るそうです!

時津風の花の柄は茶色地に白い縦縞吹雪(絞りの斑模様)なのですが
この様に既に模様が出て居ます~
(^O^)

プロはこの時点で望んで居ない無地を抜き捨てて選抜するそうな!(笑)

吹き掛け絞りなどは細かい点が入るそう~




b0099813_133515.jpg


発芽初日・・・・
播種から5日目で発芽しました!

種子には凹みのあるヘソの部分に胚があり
そこから根が発生するので
ヘソの部分からは避けてヤスリなどで種皮に傷を付け
一晩程水に浸し給水させました!

アサガオ展などで展示される様な種の種子など
余り市場に出回らない高級種は
セルフ交配(近親交配)で維持され世代を重ねてる為か!?

稔性が悪く種子が採れ難いとか 発芽力が弱いとか樹勢が弱い所がある様で

時津風もその例に漏れず…
2粒発芽途中で腐ってしまい 3粒目もなかなか芽が伸びなかったので
植物成長ホルモン剤のジベレリン(100ppm程度)の力を借りました!(笑)


尚 時津風と言っても
相撲界のそれとは無関係です・・・・(笑)
(^o^;)



[PR]
by Titan-Garden | 2011-10-22 10:22 | Ipomoea nil 朝顔 | Trackback | Comments(2)

Paeonia delavayi

Paeonia ペオニア ピオネア Peonie Peony ペオニー ペオニイ ピオニイ ピオネー ピオニー Tree Paeony ツリー ペオニー Mu Dan ムーダン 牡丹 ボタン

b0099813_0492259.jpg


『Paeonia delavayi』 パエオニア デラヴァイ

Paeoniaceae パエオニアセアエ 牡丹科 ボタン科
subgenus. Mountan ムーンタン亜属 section. Delavayanae デラヴァヤナエ節

紫牡丹、如紫牡丹、野牡丹

中華人民共和国
四川省、雲南省、チベット自治区標高2300~3700メートル付近に自生。
自生地の土壌は腐殖土でPH6.5でほぼ中性。

2010年4月にイギリスから取り寄せた種子
今年の春に発芽

10粒中4つ発芽したので発芽率40%!

大きなタネなのに発芽率は余り良く無いですね~

春に小さな葉っぱが1枚だけ出て来ましたが
その後 夏には暑さで葉が枯れてしまい もしや枯死したのでは!? と心配しましたが・・・・(汗)
秋には再び成長して1~2枚の少し大きな葉っぱが出て来て
現在は5センチ位の小苗に成長~
生きてて良かった!(笑)
(^O^)




b0099813_0492263.jpg


『Paeonia lutea var. ludlowii』 パエオニア ルテア ルドロウィー

Synonym シノニム 異名同種
「Paeonia ludlowii」
「Paeonia lutea subsp. ludlowii」
※ 「Paeonia delavayi subsp. lutea」
「Paeonia delavayi var. lutea」

Paeoniaceae パエオニアセアエ 牡丹科 ボタン科
subgenus. Mountan ムーンタン亜属 section. Delavayanae デラヴァヤナエ節

黄牡丹、大花黄牡丹、波氏黄牡丹、波氏牡丹、和黄牡丹

中華人民共和国
チベット(西藏)自治区 標高2700m-3300m付近に自生。

※ 自生地の年平均温度9.3℃、冬季平均気温0.4℃。夏季平均気温15.8℃、年平均降水量650mm、降霜期180日。
基本種ルテアの自生地は石灰岩質の多いアルカリ土壌の砂礫や岩場ですが…、変種ルドロウィーの自生地は噴火口近く火山灰質土壌 PH4.9-5.7の弱酸性土壌の様です。


基本種のルテアよりも樹形は高性
花は大輪で花茎が丈夫でルテアの花の様に垂れ無く上向きで早咲き
花色はルテアの様に基部に暗紅色のブロッチが入らず鮮やかな黄色。

上記のデラヴァイと同じく2010年の4月に播種しましたが
発芽率0% 全く発芽しなかったので・・・・今回で3度目の(1度目は2009年にアメリカから種子を輸入)再々度の挑戦!(汗)
(^o^;)

更にイギリスの£安に加えセール中で安かった上に種子数が10粒から12粒に増量して居たので…
送料込みで千円以下だったので 2パック(24粒)購入!(笑)




b0099813_0492292.jpg


デラヴァイよりも更に1周り大きな銀杏位の種子なのに
発芽はし難いです!
(>_<)




b0099813_0492281.jpg


『Paeonia potaninii var. trollioides "ACE 1047"』 パエオニア ポタニニー トロリオイデス "ACE 1047"

Synonym シノニム 異名同種
「Paeonia delavayi var. angustiloba forma. trollioides」
デラヴァイ アングスティロバ トロリオイデス

Paeoniaceae パエオニアセアエ 牡丹科 ボタン科
subgenus. Mountan ムーンタン亜属 section. Delavayanae デラヴァヤナエ節

和白花保氏牡丹、金蓮牡丹
※狭叶牡丹、狭葉牡丹

中華人民共和国
四川省西南部 2600m-2900m、雲南省(云南省)中部~西北部1950m-2500m、チベット(西藏)自治区南部。
※ 海抜3700m辺りまで自生するポタニーニの中では比較的標高の低い肥沃な土壌の場所に自生。

2009年10月にイギリスから取り寄せたポタニーニーの変種トロリオイデス

現在 5芽の株立ち状に育ち
株元から葉先まで60センチ位に育ちました~

上記のデラヴァイも同じ様に言えますが
自生地が標高の高い高山に自生する為か普通のボタンと比べやや暑さが苦手な様で
春に出た葉が夏の暑さで一度枯れた後
秋 気温が涼しく成ってから再び新葉を展開し二次成長してしまいます…
(^o^;)

先日 植え替えた所
輸入した直後の根は
韓国で食べた鶏料理の参鶏湯(サムゲタン・サンゲタン)で 鶏のお腹の中に入れて使う位の小さな高麗人参(朝鮮人参)サイズでしたが…
漢方薬屋さんに飾ってある様な立派な高麗人参サイズに育っててビックリしました!(笑)
(^O^)



[PR]
by Titan-Garden | 2011-10-20 10:20 | Paeonia | Trackback | Comments(2)

Camellia amplexicaulis 'Hai-duong Queen'

Camellia カメリア 椿 ツバキ

b0099813_084540.jpg


『Camellia amplexicaulis 'Hai-duong Queen'』
カメリア アンプレキシカウリス 'ハイドゥン クイーン'(アンプレクシカウリス)

Theaceae テアセアエ 椿科 ツバキ科(山茶科) subfamily. Theoideae テオイデアエ(ツバキ亜科)
subgenus. Thea  チャ亜属 section. Longipedicellata ロンギペディセラータ節

中国名 : 越南抱茎茶(越南抱莖茶)

ベトナム名: 海棠 Hai-duong (ハイドゥン)

※ ベトナムのサイトでは Hai duong や Hoa Hai Duong(花海棠!?)の表記が多いですが
日本のサイトではHi Duongの表記が多い様です。

自生地はベトナム北部原産。




b0099813_084561.jpgb0099813_084582.jpg




ハイドゥン椿は 1910年にフランス人植物学者のCharles-Joseph Marie Pitard-Briau,(1873-1927)シャルル=ジョゼフマリーピタール-ブリューにより記載・発表されて居た種ですが
その後 ベトナム戦争などで自生地の状況は分からぬままでしたが…

1994年日本の調査団によって再びベトナム北部で再発見自生が確認されました!
(*^-^)b

種小名のamplexicaulisとは
ラテン語の「茎を抱える」の意味で
葉の元が茎に巻き付く様な形から付けられた様です

葉は普通の椿と比べると巨大に成り
樹が育つとピカピカの艶葉が最大30センチ以上の巨大サイズに育ちます!




b0099813_084555.jpgb0099813_084538.jpg




先日の蕾の状態では
来月辺りに開花とふんで居たハイドゥンでしたが…

早くも咲いてしまいました~(笑)
(*^o^*)

金花茶の近縁種なだけあって
ワックスで作った様な艶のある花弁で
花色はコーラルピンクに花弁の縁に白い糸覆輪が入ります!



[PR]
by Titan-Garden | 2011-10-15 10:15 | Camellia | Trackback | Comments(5)

Paeonia lactiflora 'Green Halo'

Paeonia ペオニア ピオネア Peonie Peony Paeony ペオニー ペオニイ ピオニイ ピオネー ピオニー 芍薬 シャクヤク

b0099813_042995.jpg


『Paeonia lactiflora 'Green Halo'』(Seedling '#KR39-34')
パエオニア ラクティフローラ 'グリーン ヘイロー'(グリーン ハーロ)

1999年 Roy G. Klehm(Klehm's Song Sparrow Farm and Nursery)作出

Paeoniaceae パエオニアセアエ 牡丹科 ボタン科
subgenus. Albiflora アルビフロラ亜属




b0099813_042927.jpg


花は こんなのこんな 珍しいグリーンのシャクヤクで

色々な画像等を検索すると…
花期はBlooms early-mid season やや早咲きで草丈30インチだから約76センチ、花径は4.5~5インチだから11~13センチ位!? の中輪花で
中心に雄蕊が見える Semi-Double Type セミダブル(半八重咲き)から 雄蕊が少し弁化する Flat-Rose Type フラットローズ(半バラ咲き)、雄蕊が殆ど弁化する Rose Type ローズ(バラ咲き)
雄蕊が弁化した花弁がバラ咲きよりも高く伸びる Bomb Type ボム (手毬咲き)、手毬咲きよりも更に立ち上がる Crown Type クラウン(王冠咲き)と

株の調子によって雄蕊が白い花弁へと弁化して花型はかなり変化する品種の様ですね!
(*^-^)b

入手した苗は
少し大き目の芽が3芽と小さ目の芽が4芽位着いた苗でしたが…

株にまだ力が無さそうなので
恐らく来年と言うか まだ2~3年間位は咲かないと思いますので養生します!
(^o^;)



[PR]
by Titan-Garden | 2011-10-10 10:10 | Paeonia | Trackback | Comments(2)

Camellia amplexicaulis 'Hai-duong Queen'

Camellia カメリア 椿 ツバキ

b0099813_1040355.jpg


『Camellia amplexicaulis 'Hai-duong Queen'』
カメリア アンプレキシカウリス 'ハイドゥン クイーン'(アンプレクシカウリス)

Theaceae テアセアエ 椿科 ツバキ科(山茶科) subfamily. Theoideae テオイデアエ(ツバキ亜科)
subgenus. Thea  チャ亜属 section. Longipedicellata ロンギペディセラータ節

中国名 : 越南抱茎茶(越南抱莖茶)

ベトナム名: 海棠 Hai-duong (ハイドゥン)

※ ベトナムのサイトでは Hai duong や Hoa Hai Duong(花海棠!?)の表記が多いですが
日本のサイトではHi Duongの表記が多い様です。

自生地はベトナム北部原産。




b0099813_1040491.jpg


今年のハイドゥンは
無事花芽分化し 十数個の蕾が着き順調に大きく成ってくれました~
(*^o^*)

開花期は11月~3月頃までの様ですが…
一番大きな蕾は来月辺りには 早速咲きそうです!



[PR]
by Titan-Garden | 2011-10-05 10:05 | Camellia | Trackback | Comments(2)

Rosa Generosa

Rose ローズ 薔薇 バラ Roseraie Pierre Guillot ロズレ ピエール ギヨー

b0099813_0253484.jpg

『Rosa 'Xavier de Frayssinette'』(MASxafra)
(※ 'Xavier de Fraissinette')
ロサ 'グザヴィエ ドゥ フレセネット'(ザビエル・ドゥ・フライシネッテ)

2008年 Dominique Massad(Roseraies Pierre Guillot)作出

Shrub シュラブ Generosa ジェネロサ

※ 世界一般的な名称には 'Xavier de Fraissinette'が使われてる様ですが…
フランス ギヨーの生産タグには 'Xavier de Frayssinette'の綴りが使われて居ます。




b0099813_0253432.jpg

『Rosa 'Paul Bocuse'』(MASpaujeu)
ロサ 'ポール ボキューズ'

1992年 Dominique Massad(Roseraies Pierre Guillot)作出

Shrub シュラブ Generosa ジェネロサ




b0099813_0253424.jpg

『Rosa 'Sonia Rykiel'』(MASdogui)
ロサ 'ソニア リキエル'

1991年 Dominique Massad(Roseraies Pierre Guillot)作出

Shrub シュラブ Generosa ジェネロサ




b0099813_0253548.jpg

『Rosa 'Amandene Chanel'』(MASamcha)
ロサ 'アマンディーヌ シャネル'

2003年 Dominique Massad(Roseraies Pierre Guillot)作出

Shrub シュラブ Generosa ジェネロサ




b0099813_0253570.jpg

『Rosa 'Charles de Nervaux'』(MASchaner)
ロサ 'シャルル ドゥ ナーボ'

2007年 Dominique Massad(Roseraies Pierre Guillot)作出

Shrub シュラブ Generosa ジェネロサ



[PR]
by Titan-Garden | 2011-10-01 10:01 | Rosa | Trackback | Comments(3)