TITANの植物を中心としたblog。             インスタはtitans_garden (*^-^)b


by Titan-Garden

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
Iris
Fern
Hoya
Rosa
Olive
Clivia
Asarum
Araceae
Begonia
Paeonia
Camellia
Clematis
Hibiscus
Plumeria
Narcissus
Helleborus
Orchidaceae
Hippeastrum
Bromeliaceae
Gesneriaceae
Agave & Yucca
Fruit & Vegetable
Green & Carnivorou
Cactus & Succulent
Nelumbo & Nymphaea
Ipomoea nil 朝顔
Primula sieboldii 桜草
Rohdea japonica 万年青
山野草 & 宿根草&球根
花木 & 熱帯花木&熱帯宿根草
我家の Plants List
作業 & 観察&グッズ&本
Garden & Park 園芸店
神社・寺 & パワースポット
Travel & Wander
Photo ・ Art & Crafts
et Cetera
未分類

最新の記事

Tillandsia but..
at 2017-11-14 11:14
Agave horrida ..
at 2017-11-05 11:05
Aloe suprafoli..
at 2017-10-30 10:30
Tillandsia bul..
at 2017-10-06 10:06
Olea europaea ..
at 2017-10-01 10:01
松葉蘭
at 2017-09-26 09:26

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新のコメント

>アマゾン杉様 プセウ..
by TITAN at 08:41
こんばんは。 フル..
by アマゾン杉 at 21:33
>アマゾン杉様 柑橘類..
by TITAN at 00:59
こんばんは。 ..
by アマゾン杉 at 22:18
>アマゾン杉様 高蔵寺..
by TITAN at 01:08

フォロー中のブログ

ガーデンをつくろう!
花中草中
一茎草花
POPO and GARDEN
[ ACID NATUR...
DORAYAKIS’ G...

お気に入り Link

ライフログ

ブログジャンル

花・ガーデニング
旅行・お出かけ

ファン

<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

Rosa × 'Paul Bocuse'

Rose ローズ 薔薇 バラ

b0099813_0223946.jpg


『Rosa × 'Paul Bocuse F775.gif'』(MASpaujeu)
ロサ × 'ポール ボキューズ'

〔(Unnamed Seedling × 'Graham Thomas F775.gif') × 'Davidoff F775.gif'〕

1992年 Dominique Massad(Guillot/Roseraies Pierre Guillot)作出

family. Rosaceae ロサケアエ 薔薇科 バラ科
subfamily. Rosoideae ロソイデアエ 薔薇亜科 バラ亜科
genus. Rosa ロサ 薔薇属 バラ属

Shrub シュラブ

Generosa F775.gif Collection ジェネロサ




b0099813_0223935.jpgb0099813_0223975.jpg




シュラブと云うよりは
直立性のブッシュ樹系に育ち

非常に丈夫で花着き花保ち共に良く
ブーケの様な房状に花が咲く素晴らしい品種です!
(*^_^)b



[PR]
by Titan-Garden | 2013-06-30 06:30 | Rosa | Trackback | Comments(0)

Sinningia speciosa "hybrida"(S. × Fyfiana)

Gesneria ゲスネリア ジェスネリア 岩煙草 イワタバコ Gloxinia グロキシニア
Sinningia Seedlings 実生


「Sinningia speciosa "hybrida"」(Sinningia × Fyfiana)
シンニンギア スペキオサ "ヒブリダ"(シンニンギア × フィフィアナ)

family. Gesneriaceae ゲスネリアケアエ 岩煙草科 イワタバコ科
subfamily. Gesnerioideae ゲスネリオイデアエ亜属
tribe. Sinningieae シンニンキエアエ連
genus. Sinningia シンニンギア 大岩桐草属 オオイワギリソウ属

1845年 Scotland スコットランドの John Fyfe ジョン・ファイフが作出

1846年10月にスコットランドの Glasgow グラスゴーの「Drysdale and Co.」ドライスデール商会のカタログ 'The Gardeners Chronicle'の中で
「Gloxinia fyfiana」 グロキシニア フィフィアナ として発表したのが最初
の様です!

受咲大輪 フィフィアナ タイプ。

前回 育苗ポットに植え付けてから 丁度1ヶ月経ち…

だいぶ成長して葉っぱが混み合って来ました!

そろそろ1株ずつ単鉢に鉢上げせねば…
(^o^;)

b0099813_0185783.jpg


『Sinningia speciosa 'Avanti' Mix』
シンニンギア スペキオサ 'アヴァンティ'ミックス(アバンティ)

Sakata Ornamentals(サカタのタネ)

Blue 、Blue with White Edge、Light Violet/Dark Throat、Peach Rose、Red with White Edge、Rose Red、Scarlet、White 、Wine Red 9色のミックス種子




b0099813_0185769.jpg


サカタのタネのアバンティは
一番成長が早い個体のリーフスパンは現在20センチ
平均は12センチ程度です!

全ての個体の葉色には赤いアントシアニン色素が乗って居るので
望んで居た白花はどうやら無さそう・・・・
(^o^;)

大きく分けると
16個体中 アントシアニン色素による赤味が強い葉色の株が2個体と
やや赤味の薄い葉色の株が14個体の
2タイプに分かれて居ます。




b0099813_0185745.jpg


『Sinningia speciosa F1 'Empress'F76A.gifF76A.gif Mix』
シンニンギア スペキオサ F1 'エンプレス'ミックス

TAKII SEED(タキイ種苗)

Lavender Bicolor、Pink Bicolor、Purple、Purple Spotted、Purple Spotted Throat、Red、Red Picotee、Blue Picotee、White、Wine Red 10色のミックス種子




b0099813_0185742.jpg


タキイ種苗のエンプレスは
一番成長が早い個体のリーフスパンは現在17センチですが
平均10センチ程度

上記のアバンティよりも葉っぱは縦長く
同じ栽培環境下なのに やや徒長気味…

恐らく白花らしく全くアントシアニン色素が乗って無い個体は
14個体中2個体のみで

後は葉は明るい緑色ですが葉の付け根辺りの茎にリング状に赤く色付く株が2個体と
葉色に薄赤く発現する株が10個体の
3タイプ位に分かれて居ます。



[PR]
by Titan-Garden | 2013-06-29 06:29 | Gesneriaceae | Trackback | Comments(0)

Hibiscus × rosa-sinensis 'Humming Bird'

Hibiscus ハイビスカス Aloalo アロアロ Kokio コキオ 佛桑華 佛桑花 仏桑華 仏桑花 ブッソウゲ

b0099813_072639.jpg


『Hibiscus × rosa-sinensis 'Humming Bird'』
ヒビスクス × ロサシネンシス 'ハミング バード'

作出者・作出年 共に不明

family. Malvaceae マルウァケアエ 葵科 アオイ科
subfamily. Malvoideae マルウォイデアエ 銭葵亜科 ゼニアオイ亜科
tribe. Hibisceae ヒビスケアエ 芙蓉連 フヨウ連
genus. Hibiscus ヒビスクス属 芙蓉属 フヨウ属(ハ イビスカス属)
section. Lilibiscus リリビスクス節

Old Type オールド系

花色は明るいローズレッド色の花弁に脈に沿って網目状に白く色が抜け底は濃紅色ですが

気温が高い時期に成るとローズレッド一色で底濃紅色の花が咲く様です

小輪花。

※ 初花なので花径5センチ程度の極小輪に咲いてしまいましたが…
株が充実すると画像の花よりももう少し大きく展開良く開いて咲きます。




b0099813_072698.jpg


この品種の葉っぱには
同じアオイ科の植物 Abutilon アブチロンでは比較的良く見られる
Abutilon mosaic virus (AbMV)アブチロン・モザイク・ヴァイラスによるモザイク斑の様な

後天的に感染したと思われる
モザイクウイルスによる網目状のウイルス斑が表れます!

モザイクウイルスによる葉に白い斑が入り花色が絞り咲きに変化する椿の品種の様に
ウイルス感染による立ち枯れや樹勢低下など植物体へのダメージは特に無さげですが・・・・

他のハイビスカスの品種の葉に
この様なモザイク斑が表れたのを見た事は無いので
もしかしたらこの品種特有に表れた
他の品種では例えモザイクウイルスに感染してもモザイク斑は表れ無いのかも知れませんが…

一応 椿のウイルス感染台木による蔓延の様な事を避ける為にも
この品種を接ぎ木用の台木には使わないとか
この品種を穂木に接いだ台木のひこばえを台木用の穂木には一切使わない様にされた方が得策だと思います。
(^o^;)




b0099813_072672.jpg


Synonyms シノニム 異名同種として

国内では
香川県の株式会社三豊園芸から "てぃーだシリーズ" として発売されて居る

「Hibiscus × rosa-sinensis 'Red Magic'」
ヒビスクス × ロサシネンシス 'レッド マジック'

としても流通してますが…

TITANが思うに
この品種の元々の品種名は
恐らく ハワイの Figueroff Ralph作出の

「Hibiscus × rosa-sinensis 'Waimeae Beauty'」
ヒビスクス × ロサシネンシス 'ワイメアエ ビューティー'

('Izumi Pink' × 'Gladys Ozuka')

何じゃ無いかと睨んで 密かに思って居ます・・・・(笑)
(^o^;)

この品種はこの品種で

waimeae ワイメアとはハワイ語で 赤茶色(mea)の水(Wai)の意味ですが…

Hawaii ハワイの Kauaii カウアイ島に固有の原種
Hibiscus waimeae ヒビスクス ワイメアエ を特に交配に使われた訳でも無いのに

単に Waimea Beauty ワイメア・ビューティーとすれば良いものを…
わざわざ学名のラテン語の語尾変化の様に(e)を付けて Waimeae ワイメアエとしてしまってるが為に

検索には原種のワイメアエの方ばかりが引っ掛かるので
頭文字は交配種を表す大文字、原種を表す小文字の違いはあるものの… 紛らわしい名前に成ってます~(笑)
(^o^;)




b0099813_072627.jpg


最近日本でも子供の名前に普通に読めない様なキラキラネームとか流行って居ますが…

人も植物も つくづくネーミングって大事と思う今日この頃です~(笑)
(^O^)



[PR]
by Titan-Garden | 2013-06-28 06:28 | Hibiscus | Trackback | Comments(0)

Hippeastrum harrisonii

Bulb Plants 球根植物 Amaryllis アマリリス 

b0099813_095621.jpg


『Hippeastrum harrisonii』
ヒッペアストルム ハリーソニー(ハリソニー)

family. Amaryllidaceae アマリリダケアエ 彼岸花科 ヒガンバナ科
subfamily. Amaryllidoideae アマリリドイデアエ 彼岸花亜科 彼岸花亜科
tribe. Hippeastreae ヒッペアストレアエ連
subtribe. Hippeastrineae ヒッペアストリネアエ亜連
genus. Hippeastrum ヒッペアストルム属
subgenus. Lais ライス亜属

Synonym シノニム 異名同種
Amaryllis harrisonii Uruguay (Lindl.)
アマリリス ハリーソニー
Hippeastrum arechavaletae (Baker.)
ヒッペアストルム アレチャヴァレタエ

自生地は Uruguay ウルグアイ北部の湿地帯に分布。

抽水生・湿地生の水生アマリリス。




b0099813_095630.jpg


前回 5月に開花してから…

特に交配して置いた訳でも無いのですが
花後 1週間程で子房がドンドン成長~




b0099813_095714.jpgb0099813_095715.jpg




まるで計ったかの様に
開花からピッタリ1ヶ月で種子が完熟しました!(汗)

南北アメリカ大陸原産のヒガンバナ科の種子は
ユリ科の種子とも似たペラペラで薄い為か!?

他の地域のヒガンバナ科の種子よりも
開花から完熟までの期間が非常に早いですね~
(^o^)



[PR]
by Titan-Garden | 2013-06-27 06:27 | Hippeastrum | Trackback | Comments(0)

Habranthus robustus

Bulb Plants 球根植物

b0099813_0131344.jpg


『Habranthus robustus』
ハブラントゥス ロブストゥス (ハブランサス ロブスタス)

family. Amaryllidaceae アマリリダケアエ 彼岸花科 ヒガンバナ科
subfamily. Amaryllidoideae アマリリドイデアエ 彼岸花亜科 彼岸花亜科
tribe. Hippeastreae ヒッペアストレアエ連
subtribe. Zephyranthinea ゼブランティネア亜連 玉簾亜連 タマスダレ亜連
genus. Habranthus ハブラントゥス属(ハブランサス属)

英名: Argentine Rain Lily アルゼンチン レイン リリー, Rainlily レインリリー

自生地は
Argentina アルゼンチン
Buenos Aires ブエノス・アイレス州、La Pampas ラ・パンパ州、San Luis サン・ルイス州、Cordoba コルドバ州、Santa Fe サンタ・フェ州に跨がる
アルゼンチン中央部の大平原 Pampas パンパを中心に
Uruguay ウルグアイ、Brazil ブラジル 最南部の Rio Grande do Sul リオグランデドスル州に分布。




b0099813_0131322.jpg


subtribe. Zephyranthinea ゼブランティネア亜連 玉簾亜連 タマスダレ亜連には
Sprekelia (2 species) スプレケリア属
Habranthus (74 species) ハブラントゥス属
Zephyranthes (94 species) ゼフィランテス属
の3属が含まれますが…

ハブランサス属とゼフィランテス(ゼフィランサス属)が近縁って事は良く分かりますが

スプレケリア属(燕水仙 ツバメズイセン)がヒッペアストルム属が属する
subtribe. Hippeastrineae ヒッペアストリネアエ亜連では無く
subtribe. Zephyranthinea ゼブランティネア亜連で
サフランモドキやタマスダレと近縁だったとは… ちょっとビックリ!(笑)
(^o^;)




b0099813_0131365.jpg


属名の Habranthus ハブランサスは
ギリシャ語の「habros(優雅な)
」+「anthos(花)」に由来し

種小名の robustus ロブスツスは
ラテン語の形容詞robustus, robusta, robustum, =「堅い木の、樫の、強い、固い、強化された、丈夫な」の意

我が家では数年前に花壇に植えたハブランサスを全て抜き棄てて
駆逐したと思ったら

種小名の名の如く非常に丈夫で
花壇のブロックの穴に零れ種から芽生えしぶとく生き残った個体が
未だ花が咲かせてます!(汗)
(^_^;)

あっ 画像に写って居る幅の広い葉っぱは
全てジャーマンアイリスの葉っぱです…



[PR]
by Titan-Garden | 2013-06-26 06:26 | 山野草 & 宿根草&球根 | Trackback | Comments(3)

芋虫 毛虫

最近発生した害虫

今年は今まで一度も殺虫剤や殺菌剤を散布しなかったので

バラ達は葉蜂 ハバチ達の襲来でことごとく被害を受けて
ろくな花を咲かせませんでしたが・・・・
(>_<)


今月初旬には椿の葉っぱに何やら蠢く集団を発見!

学名: Euproctis pseudoconspersa」 エウプロキティス プセウドコンスペルサ

毒蛾科 ドクガ科

和名: 茶毒蛾 チャドクガ

幸いに孵化したばかりでまだ1ヶ所に固まって居たので

水やりの際にスプレー直射で吹き飛ばしてやりましたが・・・・




b0099813_074745.jpg


中旬辺りから
今度はハイビスカスやら紅葉葵 モミジアオイ、亜米利加草扶養 アメリカクサフヨウに

学名: Xanthodes transversa クサントデス トランスウェルサ

夜蛾科 ヤガ科

和名: 二尖小夜蛾 フタトガリコヤガ

ヤガの仲間でアオイ科の葉っぱを色草にする
通称:葉巻虫 ハマキムシ(葉巻蛾 ハマキガ)

が大量発生〜 ヤレヤレ!
(^o^;)




b0099813_074742.jpg


そして下旬
イチジクの害虫には
カミキリムシ類(日本ではイチジクに危害を及ぼすカミキリムシの種類は4種類程居るそうです)位しか居ないと思って居ましたが…

学名: Asota ficus アソタ フィクス

夜蛾科 ヤガ科

和名: 無花果燈蛾擬き イチジクヒトリモドキ

元々沖縄以南に分布する南方系のヤガの仲間な様ですが…

いきなり集団発生しました!
(≧Д≦)

孵化直後から数日間は茶毒蛾 チャドクガの様に
暫く間は集団で産卵された葉っぱの近く一ヶ所に固まって居ますが…

5ミリ位に成長した所で各自それぞれ単独行動して散らばって行くみたいです…(汗)
(^o^;)

1980年代に九州で分布確認されてからドンドン北上してる害虫の様ですが

温暖化によって南方系の蛾も越冬出来て分布域を広げてるのでしょうね〜

夜蛾科 ヤガ科の蛾の幼虫って

小さい割に大食漢で
アッと言う間に葉っぱを食い尽くすので厄介ですね〜(汗)
(^o^;)

他には
葡萄 ブドウの葉っぱに

雀蛾科 スズメガ科

の雀蛾類 スズメガ類や

バラ達には ハバチ類以外に

学名: Parallelia arctotaenia パラレーリア アルクトタエニア

夜蛾科 ヤガ科

和名: 細帯脚太朽羽 ホソオビアシブトクチバ



尺蛾科 シャクガ科

枝尺類 エダシャク類

通称:尺取虫 シャクトリムシ

なども 現在ドンドン発生中で
しょっちゅう殺虫剤を撒くのも面倒臭いので…

今回は1ccを5リットルの水で5千倍位の希釈でも
蝶や蛾など鱗翅(リンシ)目の昆虫の幼虫のみを強制脱皮させて殺す

ファルコンフロアブルで一網打尽にしました〜
(^o^;)v

ファルコンフロアブルは普通の園芸店やホームセンターでは売って無く
なかなか入手するのが難しい殺虫剤なのが難点ですが…

非常に良く効き効果は絶大です!(笑)



[PR]
by Titan-Garden | 2013-06-25 06:25 | 作業 & 観察&グッズ&本 | Trackback | Comments(0)

Clematis × Cylindrica

Clematis クレマチス 鉄線 テッセン 仙人草 センニンソウ

b0099813_0315956.jpg


『Clematis × Cylindrica』
クレマティス × キリンドリカ (シリンドリカ)

(Self seedling of C. × Cylindrica 'Swedish Bells')

Titan's Garden original seedling

family. Ranunculaceae ラヌンクラケアエ 金鳳花科 キンポウゲ科
subfamily. Ranunculoideae ラヌンクロイデアエ 金鳳花亜科 キンポウゲ亜科
tribe. Anemoneae アネモネアエ 一輪草連 イチリンソウ連
genus. Clemtis クレマティス属 仙人草属 センニンソウ属
subgenus. Viornae ヴィオルナエ亜属 ヴィオルナ亜属

キリンドリカのスウェディッシュ・ベルズの実生から産まれた
Titan's Garden オリジナル個体のクレマチスです!
(*^o^*)




b0099813_0315986.jpgb0099813_0315957.jpg




subgenus. Viornae, section. Viornae,
ヴィオルナエ亜属 ヴィオルナエ節の

Clematis crispa クレマティス クリスパ



subgenus. Viornae, section. Integrifoliae,
ヴィオルナエ亜属 インテグリフォリアエ節の

Clematis integrifolia クレマティス インテグリフォリア

との交配種である異節間交雑種・ハイブリッドである

「Clematis × Cylindrica 'Swedish Bells'」
クレマティス キリンドリカ 'スゥエディッシュ ベルズ' (シリンドリカ)
(C. crispa × C. integrifolia)


の選抜個体である 'スウェディッシュ・ベルズ'の 自家受粉による実生から生じたセルフ実生ですが

親品種の'スウェーディッシュ・ベルズ'と良く似た花ですが…

葉型は少し違い
花も良くみると幾分寸詰まりの壺型で
若干ビオルナ系のクリスパの血が強く出てる様な気がします!



[PR]
by Titan-Garden | 2013-06-24 06:24 | Clematis | Trackback | Comments(0)

Rosa × 'Bibi Maizoon'

Rose ローズ 薔薇 バラ

b0099813_094085.jpg


『Rosa × 'Bibi Maizoon F775.gif'』(AUSdimindo) 
ロサ × 'ビビ メイズーン'

('The Reeve F775.gif' × 'Chaucer')

1989年 David Austin(David Austin Roses Limited)作出

family. Rosaceae ロサケアエ 薔薇科 バラ科
subfamily. Rosoideae ロソイデアエ 薔薇亜科 バラ亜科
genus. Rosa ロサ 薔薇属 バラ属

Shrub シュラブ

English Rose Collection イングリッシュ ローズ

Synonym シノニム 異名同種
'Bibi Mezoon F775.gif'




b0099813_09404.jpg


TITANが好きな80年代のERの中でも最も好きな品種です!
(*^o^*)




b0099813_09402.jpgb0099813_094066.jpg




春の一番花は花弁がギッシリ詰まって少々ボーリングし易いのですが…

この時期に咲く花は素直に開いてくれます!(笑)



[PR]
by Titan-Garden | 2013-06-23 06:23 | Rosa | Trackback | Comments(2)

Sinningia barbata 'Nova Esperanca'(Spotted form)× self seedling

Gesneria ゲスネリア ジェスネリア 岩煙草 イワタバコ Gloxinia グロキシニア

b0099813_091963.jpg


『Sinningia barbata 'Nova Esperanca'(Spotted form)× self seedling』
シンニンギア バルバタ 'ノヴァ エスペランカ' × セルフ シードリング

family. Gesneriaceae ゲスネリアケアエ 岩煙草科 イワタバコ科
subfamily. Gesnerioideae ゲスネリオイデアエ亜科
tribe. Sinningieae シンニンキエアエ連
genus. Sinningia シンニンギア属 大岩桐草属 オオイワギリソウ属

自生地はBrazil ブラジル
Bahia バイア州、Pernambuco ペルナンブコ州、 Alagoas アラゴアス州に分布

白地に紫色の斑点(スポット)が入る花色個体のセルフ実生(自家受精)。




b0099813_092057.jpg


b0099813_092080.jpg



ポットに鉢上げした 丁度 2ヶ月前の姿から…

右側の大きい株のリーフスパンは20センチ超えに
左側の小さい株のリーフスパンは約17センチ程に成長しました!

個体差も少しあり
大きい株の方の葉っぱはツヤツヤの艶葉で
葉型もやや先が尖って居ますが

小さい方の株は少しマットな質感で葉型も幾分丸い葉っぱです~

湿度が足りないのか!? 光が強過ぎるのか!?
最近 伸びた新しい葉っぱの縁が丸まり易く
どうも上手く綺麗な葉っぱに展開してくれません。。。
(^o^;)



[PR]
by Titan-Garden | 2013-06-22 06:22 | Gesneriaceae | Trackback | Comments(0)

Nymphaea × 'Missouri'

Nymph ニンフ ニムフ Nympha ニンファ ニムファ Water Lily ウォーターリリー 睡蓮 スイレン

b0099813_0193969.jpg


『Nymphaea × 'Missouri'』
ニンファエア × 'ミズーリ'

(N. 'Mrs. George C. Hitchcock' × N. 'Sturtevantii')

1932年 Georg H. Pring作出

family. Nymphaeaceae ニンファエアケアエ 睡蓮科 スイレン科
subfamily. Nymphaeoideae ニンファエオイデアエ 睡蓮亜科 スイレン亜科
tribe. Nymphaeeae ニンファエーアエ 睡蓮連 スイレン連
genus. Nymphaea ニンファエア属 睡蓮属 スイレン属
subgenus. Lotos ロートス亜属

Night Blooming Tropical Waterlily ナイト ブルーミング ウオーターリリー 夜咲熱帯睡蓮

白花 巨大輪花。




b0099813_0193958.jpg


昨年秋は急激に水温低下してしまったので
慌てて取り込みましたが
案の定中心の親芋は腐ってしまいましが…

昨年秋に取り込んでから
室内の水槽で人工光線下+ヒーターにて水温26度維持で辛うじて脇芽が伸びて来れたのが
今年も何とか枯らさず越冬出来ました!(笑)




b0099813_0193968.jpg


夜咲き種は同じ熱帯スイレンでも
昼咲き種よりも寒さに弱いので

我が家では毎年
週間天気予報で一週間最低気温が20度以上に成った頃(例年6月中旬頃)に屋外に出して居ます!

今回は親株は腐ってしまい容器内には余り根が回って居なかったので

容器の周りと表土の汚れを洗い流した程度で
土はそのまま植え替えず

緩効性のIB化成肥料を20数粒を株周りに指で底近くまで押し込んで終了~

室内管理中は株元までの水深は15センチ程度と浅いので葉柄は短いのですが

屋外に出す時は
株元までの水深は約30センチ程と少し深くするので
短い葉柄で葉っぱは水没しますが

翌日から翌々日には水深に合わせて水面まで一気に伸びて
↑一番上の画像の様に ちゃんと浮き葉に成るので心配ご無用!

一旦長く伸びた葉柄は短くは戻りませんが
短い葉柄はアッと言う間に伸びるのは面白いですね~(笑)
(^O^)

屋外に出した時は小さな苗でも
夜咲熱帯睡蓮は最高気温が30度以上の日が続くと数週間で一気にモリモリと巨大化します!



[PR]
by Titan-Garden | 2013-06-21 06:21 | Nelumbo & Nymphaea | Trackback | Comments(2)