TITANの植物を中心としたblog。             インスタはtitans_garden (*^-^)b


by Titan-Garden

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

全体
Iris
Fern
Hoya
Rosa
Olive
Clivia
Asarum
Araceae
Begonia
Paeonia
Camellia
Clematis
Hibiscus
Plumeria
Narcissus
Helleborus
Orchidaceae
Hippeastrum
Bromeliaceae
Gesneriaceae
Agave & Yucca
Fruit & Vegetable
Green & Carnivorou
Cactus & Succulent
Nelumbo & Nymphaea
Ipomoea nil 朝顔
Primula sieboldii 桜草
Rohdea japonica 万年青
山野草 & 宿根草&球根
花木 & 熱帯花木&熱帯宿根草
我家の Plants List
作業 & 観察&グッズ&本
Garden & Park 園芸店
神社・寺 & パワースポット
Travel & Wander
Photo ・ Art & Crafts
et Cetera
未分類

最新の記事

Tillandsia but..
at 2017-11-14 11:14
Agave horrida ..
at 2017-11-05 11:05
Aloe suprafoli..
at 2017-10-30 10:30
Tillandsia bul..
at 2017-10-06 10:06
Olea europaea ..
at 2017-10-01 10:01
松葉蘭
at 2017-09-26 09:26

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

最新のコメント

>アマゾン杉様 プセウ..
by TITAN at 08:41
こんばんは。 フル..
by アマゾン杉 at 21:33
>アマゾン杉様 柑橘類..
by TITAN at 00:59
こんばんは。 ..
by アマゾン杉 at 22:18
>アマゾン杉様 高蔵寺..
by TITAN at 01:08

フォロー中のブログ

ガーデンをつくろう!
花中草中
一茎草花
POPO and GARDEN
[ ACID NATUR...
DORAYAKIS’ G...

お気に入り Link

ライフログ

ブログジャンル

花・ガーデニング
旅行・お出かけ

ファン

<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

尾張國 二宮

尾張國 二宮

b0099813_035051.jpg


『大縣神社』 おおあがたじんじゃ

主祭神: 大縣大神 おおあがたのおおかみ

住所: 愛知県犬山市字宮山3番地




b0099813_035036.jpg


玉姫命が祀られている摂社の「姫之宮」裏に在る

「姫石」




b0099813_035035.jpg


大縣神社の一番奥から
本宮山 ほんぐうさん(292m)へ続く登山道があり

山頂まで約1.5キロ
登り40分下り20分往復1時間程結構急な登り坂ですが…
感覚的に奈良県桜井市の大神神社の三輪山に登拝するのと同じ位かな!?

山頂には
大縣大神荒御魂 おおあがたのおおかみあらみたま を祀る本宮社が在ります。

因みに
隣の相澤山には姫之宮荒御魂社が鎮座。




b0099813_035023.jpg


『田縣神社』 たがたじんじゃ

主祭神: 御歳神、玉姫神

住所: 愛知県小牧市田県町152


大縣大神から南西に直線で約3キロ




b0099813_035096.jpg


「姫石」(女陰石)が祀られて居る大縣大神と対照的に
田縣神社では「大男茎形(おおおわせがた)」と呼ばれる
男根の形をした御神体が祀られて居ます。


今日は旧暦の元旦、中華圏では春節だったので

尾張の神社を巡ってみました〜(笑)
(^O^)v



[PR]
by Titan-Garden | 2014-01-31 23:59 | 神社・寺 & パワースポット | Trackback | Comments(0)

Begonia socotrana

Begonia ベゴニア 秋海棠 シュウカイドウ

b0099813_2571227.jpg


『Begonia socotrana』
ベゴニア ソコトラーナ

family. Begoniaceae ベゴニアケアエ 秋海棠科 シュウカイドウ科
genus. Begonia ベゴニア属 秋海棠属 シュウカイドウ属
section. Peltaugustia ペルタウグスティア節

和名: 蓮の葉ベゴニア ハスノハベゴニア

漢名: 索科特拉秋海棠 ソコトラシュウカイドウ

英名: Socotra Begonia ソコトラ・ベゴニア

※ 因みに
中国雲南省~海南島に分布する
Begonia cavaleriei ベゴニア カヴァレリエイ
昌感秋海棠 (盾叶秋海棠)
のSynonyms シノニム 異名同種の
B. cavaleriei var. pinfaensis Levl. (1909),
B. esquirolii Levl. (1912),
B. nymphaefolia Yu (1948)
である
Begonia nymphaefolia ベゴニア ニンファエフォリア
中国名に掌叶秋海棠の他に蓮葉秋海棠を使う表記があるからか!?

日本の和名を蓮葉秋海棠 や 索科特拉秋海棠 ソコトラシュウカイドウ とはせず
あえて蓮の葉ベゴニアとしたのかな!?(笑)
(^o^;)

自生地は
Yemen イエメン Capital Aden アデン県
Socotra island(Sokotra Suqutra)

冬咲き 球根性ベゴニア。




b0099813_2571255.jpg


休眠から目覚めた昨年7月以降 厳しい残暑が10月まで続いたので
成長期の秋に温度が高過ぎてなかなか成長しなかったり葉が焼けたりしましたが…




b0099813_2571219.jpg


一昨年の10月に入手してから

蕾は着いたもののそのままイジケてしまい結局花は咲かず

昨年2月下旬頃から葉が黄変し休眠期に入ってしまったので…

今回が念願の初開花(雄花)!




b0099813_2571252.jpg


まだ雄花や雌花の蕾は幾つか着いてますが…
今年も後1ヶ月位で休眠に入ってしまうのかな!?

TITANが今一番行ってみたい海外
ソコトラ島へ一度行ってみたい・・・・
(^o^;)



[PR]
by Titan-Garden | 2014-01-30 01:30 | Begonia | Trackback | Comments(0)

寒牡丹

徳川園
名古屋市東区徳川町1001

「寒を遊ぶ 徳川園の冬牡丹」
開催期間:平成26年1月2日(木曜日)〜2月23日(日曜日)

を現在やってるって事で
名古屋に居ながら生まれて初めて徳川園に行ってみました!(笑)

b0099813_039512.jpg


「Paeonia suffruticosa var. hiberniflora 'Kanhoumei'」
パエオニア スフルティコサ ヒベルニフロラ 'カンホウメイ'

寒牡丹 '寒豊明' かんほうめい
※ 「豊明」(ほうめい)とのタグが付いて居ましたが 本来の品種名は寒豊明だと思われます。

寒牡丹とは低温感受性が弱く休眠が極浅い形質で
晩夏に強制的に葉苅りをすれば秋からも再びゆっくり成長し気温の低い真冬にも開花させられ
冬場と春との二期咲きに咲かせられる変種。

※ 晩夏から初秋辺りに虫食いや台風により葉が全て吹き飛ばされた桜が冬場に狂い咲きするのと同じ原理で
寒牡丹でも基本的に晩夏に葉苅りをしなければ通常通り春の一期咲きに成ります。

奈良時代に中国から日本へ導入された牡丹が
室町時代(15世紀後半頃)から改良が始まり江戸時代には500品種近くの牡丹の品種が存在した様です

寒牡丹は1694年(元禄七年)に 貝原益軒によって書かれた『花譜』の中に
「冬牡丹あり、珍し」との記載があり
1600年代後半には中国牡丹の品種には知られて居ない形質の寒牡丹が日本には存在して居た様ですね!

寒豊明以外の寒牡丹の品種には
出雲の誇 いずものほこり、大正紅 たいしょうべに、春日山 かすがやま、寒桜 かんざくら、寒紫錦 かんしきん、寒紫光 かんしこう、寒獅子 かんじし、寒紫 かんむらさき、錦王 きんおう、栗皮紅 くりかわこう、珊瑚界 さんごかい、四季の里 しきのさと、時雨雲 しぐれぐも、七福 しちふく、秋冬紅 しゅうとうこう、千代錦 ちよにしき、照国 てるくに、東雲 とううん、戸川寒 とがわかん、日昇 にっしょう、日昇紅 にっしょうこう、白峰 はくほう、初日 はつひ、緋の御旗 ひのみはた、冬烏 ふゆがらす、豊晴紅 ほうせいこう、雪重 ゆきがさね、雪衣 ゆきごろも、楊貴妃 ようきひ…など
現在でも30品種位は知られて居る様です。

徳川園に寒牡丹は一種類だけ植えられており
一輪のみ開花して居ました。


↓以下は
加温して促成栽培により強制的に開花させた"冬牡丹"…(笑)
(^O^)




b0099813_039565.jpg


「連鶴」 れんかく




b0099813_039563.jpg


「紫紅殿」 しこうでん




b0099813_039562.jpg


「島錦」 しまにしき ※ 「太陽」とのタグが付いて居ましたが 花色が絞りなので 太陽の枝変わり品種の島錦としました。




b0099813_039545.jpg


「八千代椿」 やちよつばき


寒牡丹以外の冬牡丹は
鉢植えにて気温が低い冬場に強制的に咲かせて居るので
期間中は常に花が観られる様に定期的に入れ替え展示して居ます。
(*^_^)b



[PR]
by Titan-Garden | 2014-01-25 01:25 | Garden & Park 園芸店 | Trackback | Comments(0)

K.T.S.カトレヤ原種愛好会展

洋蘭展 洋らん展 洋ラン展

b0099813_013404.jpg


「K.T.S.カトレヤ原種愛好会展」(K.T.S.カトレヤ原種愛好会)

会期: 1月16(木)〜1月21日(火)

会場: ランの館
名古屋市中区大須四丁目4-1




b0099813_0134036.jpg


最優秀賞はセルレア個体のカトレア

「Cattleya trianae forma. coerulea 'Azul Paramo'」
カトレヤ トリアナエ コエルレア 'アスール パラモ'




カトレヤ トリアナエ(トリアネー)は
コロンビアの植物学者の Jose Jeronimo Triana Silva(1828-1890) ホセ・ヘロニモ・トリアーナ・シルバ氏の名に因みますが

以前サンダースリスト上で "C. trianaei" トリアナエイ(トリアネイ)との誤った綴りで表記されて居た為
未だにこの綴りを使われる事が多いのですが…

国際植物命名規約 (International Code of Botanical Nomenclature) 略称 ICBN 上、"trianaei" は無効で
"trianae" トリアナエ の表記が学術上正しい有効名です!(笑)
(*^_^)b



[PR]
by Titan-Garden | 2014-01-20 01:20 | Garden & Park 園芸店 | Trackback | Comments(0)

胞子嚢

Staghorn Fern スタッグホーン・ファーン 麋角羊歯 ビカクシダ 羊歯 しだ シダ

family. Polypodiaceae ポリポディアケアエ 裏星科 ウラボシ科 (Synonym family. Platyceriaceae プラティケリアケアエ 麋角羊歯科 ビカクシダ科)
subfamily. Platycerioideae プラティケリオイデアエ 麋角羊歯亜科 ビカクシダ亜科
genus. Platycerium プラティケリウム 麋角羊歯属 ビカクシダ属

我が家の4種類のビカクシダの仲間 それぞれの胞子嚢の着き方。

b0099813_049878.jpg


『Platycerium andinum』
プラティケリウム アンディヌム

英名(Common Name): South American Staghorn Fern サウス・アメリカン・スタッグホーン・ファーン

南米大陸アンデス山脈東側麓
Peru ペルー北部 San Martin サン・マルティン県 Tarapoto タラポト周辺(イキトスより上流約500キロ、 アマゾン川の支流 Huallaga ワジャガ川(ワヤガ川) Rio Mayo Valley リオ マヨ渓谷) Ucayali ウカヤリ県北部 Pucallpa プカラパ辺りまでの標150〜300メートル程度の熱帯乾燥林 と
※ 年間降雨量は888ミリ(雨期の3月で209mm、乾期の8月で19mm)
Bolivia ボリヴィア La Paz ラパス県北部 Franz Tamayo フランツ・タマヨ群 Parque Nacional Madidi マディディ国立公園内の標高1000メートル付近
ペルーとボリビアの自生地は約1500キロ離れて狭域に隔離分布。
※ 割と低温に強く最低気温8度位でも胞子葉は成長を続けます。

アンディナムの胞子は胞子葉の裂片の先の方に胞子嚢が着きますが…
何れも途中までで先端部分10〜15センチを残して胞子が着きません。




b0099813_049827.jpg


『Platycerium angolense』
プラティケリウム アンゴレンセ

Synonym シノニム 異名同種(無効名)として
「Platycerium elephantotis」 プラティケリウム エレファントティス
「Platycerium velutinum」 プラティケリウム ウェルティヌム

和名: 象耳麋角羊歯 ゾウミミビカクシダ

英名(Common Name): Elephant Ear Fern(Elephant's-ear Fern)エレファント・イヤー・ファーン

アフリカ大陸
西は Guinea ギニア Sherra Leone シエラレオネ Liberia リベリア Ivory Coast コートジボアール Ghana ガーナ Togo トーゴ Benin ベナン Nigeria ナイジェリア Cameroon カメルーン Central African Republic 中央アフリカ共和国 Congo コンゴ(Zaire ザイール) Equatorial Guinea 赤道ギニア Gabon ガボン
北は South Sudan 南スーダン Ethiopia エチオピア
東は Tanzania タンザニア Malawi マラウイ
南は Mozambique モザンビーク北部 Zambia ザンビア Zimbabwe ジンバブエ
赤道を中心に熱帯アフリカの標高350メートル程度の高地のかなり広域に点在して分布。
※ 熱帯域に自生する割には割と低温に強いです!

アンゴレンセの幅広い胞子葉は葉の端から3分の1位までビッシリ胞子嚢が着きます。




b0099813_049868.jpg


『Platycerium ridleyi』
プラティケリウム リドレイ

英名(Common Name): Ridley's Staghorn Fern リドレイズ・スタッグホーン・ファーン

マレー半島南部
Myanmar (Burma)ミャンマー最南部
Taninthayi タニンダーイ管区南部

Thailand タイ南部
Chumphon チューンポン県以南 Krabi クラビー県 Nakhon Si Thammarat ナコーンシータマラート県 Pattani パッターニー県 Phang Nga パンガー県 Phattalung パッタルン県 Phuket プーケット県 Ranong ラノーン県 Satun サトゥーン県 Songkhla ソンクラー県 Surat Thani スラーターニー県 Trang トラン県 Yala ヤラー県 Narathiwat ナラーティワート県

Malaysia マレーシア Pahang パハン州 Terengganu トレンガヌ州辺りまで分布。
高木の樹上20メートル辺りの日当たりの良い所に着生し
貯水葉に覆われた根の部分に蟻と共生する事が多い。
※ 少々低温に弱いので最低気温10度を下回ったら屋内へ取り込む方が良いです!

リドレイの鹿の角状の胞子葉は途中から
4~5センチ位普通のスプーンサイズの匙状の胞子嚢が一つだけ別れて着きます。




b0099813_049849.jpg


『Platycerium willinckii』
プラティケリウム ウィリンキー

Synonym シノニム 異名同種として「Platycerium bifurcatum subsp. willinckii」 プラティケリウム ビフルカトゥム ウィリンキー

和名: 長葉麋角羊歯 ナガバビカクシダ

英名(Common Name):
Java Staghorn Fern ジャワ・スタッグホーン・ファーン

Indonesia インドネシア
Java ジャワ島 Sumbawa スンバワ島 Timor ティモール島 Irian Jaya イリアン ジャヤ(ニューギニア島)
Papua New Guinea パプアニューギニアに分布。

低温乾燥に強く強健。
入手してから早三十数年経った巨大株…
霜が降りるギリギリに成ってから室内に取り込み
貯水葉が動き始まる4月頃に屋外へ出すまでは
乾いて胞子葉が萎びて垂れて来てから(カリカリに乾いた水苔はなかなか水を吸わないので40度位のぬるま湯なら簡単に吸収)バケツ一杯与えるだけ!(笑)

晩秋に屋内へ取り込む際 ウイリンキーの成熟した胞子葉は全てカットしてしまった為
未熟の胞子嚢の胞子葉しか残って無かったですが…

裂片して垂れ下がった胞子葉の先のから最先端部まで胞子が着きます。



[PR]
by Titan-Garden | 2014-01-15 01:15 | Fern | Trackback | Comments(0)

赤蛇!?

天南星 テンナンショウ

b0099813_015296.jpg


『Arisaema kishidae』 アリサエマ キシダエ

family. Araceae アラケアエ 里芋科 サトイモ科
subfamily. Aroideae アロイデアエ 里芋亜科 サトイモ亜科
tribe. Arisaemateae アリサエマテアエ 天南星連 テンナンショウ連
genus. Arisaema アリサエマ属 天南星属 テンナンショウ属
section. Pedatisecta ペダティセクタ 蝮草節 マムシグサ節

室生蝮草 ムロウマムシグサ (別名: 岸田蝮草 キシダマムシグサ)

東海地方の愛知県以西、近畿地方を中心に中国地方、四国に分布。




b0099813_015253.jpg


我が家のムロウマムシグサが初結実。

ムロウマムシグサの実を山中で見掛けた時は
11月頃には赤く色付いてたのですが…

名古屋では
昨年夏の猛暑から11月初旬頃まで30度超えの真夏日と残暑が長く続いた為か!?

11月に成っても一向に色付かず諦めて居ましたが…
12月下旬年末に成ってからようやく色付き始め
現在は濃い橙色 柿色に染まって来ました~

鱗っポイ艶 ブツブツした質感と言い、大きさや形も まるで鎌首をもたげた蛇・・・・

青く未熟な内はこんな緑色の蛇にも見えるし… 完熟し色付けばこんな赤い蛇の頭みたいだね!(笑)
(^O^)



[PR]
by Titan-Garden | 2014-01-10 01:10 | Araceae | Trackback | Comments(0)

太郎庵椿

熱田神宮に初詣。

b0099813_01285.jpg


「Camellia japonica 'Tarouan'」 カメリア ジャポニカ 'タロウアン'

藪椿 やぶつばき 「太郎庵」 たろうあん

江戸時代中期 尾張の茶人 高田太郎庵(1683年(天和3年)~1764年(宝暦13年))の愛椿

中部椿(中京椿)の古典品種
熱田神宮 別宮 八劔宮の境内に在ります。



[PR]
by Titan-Garden | 2014-01-06 01:06 | 神社・寺 & パワースポット | Trackback | Comments(2)

Narcissus romieuxii subsp.albidus var. foliosus

Petticoat Daffodil ペチコート ダフォディル 水仙 スイセン Narcissus ナルキサス ナルシサス ナルシスス ナルキッスス ナルキッソス ナルキスス

b0099813_0181356.jpg


『Narcissus romieuxii subsp.albidus var. foliosus』
ナルキスス ロミューイー アルビドゥス フォリオスス (ロミエウクシー アルビダス フォリオサス)

family. Amaryllidaceae アマリリダケアエ 彼岸花科 ヒガンバナ科
tribe. Narcisseae ナルキスセアエ 水仙連 スイセン連
genus. Narcissus ナルキスス 水仙属 スイセン属
section. Bulbocodium ブルボコディウム節

モロッコ原産。




b0099813_0181320.jpg


この個体
奇形花に咲き易いのですが…
今年もやはり少し奇形…(笑)

昨年は花数そこそこ咲いた為に力不足でか!?

株数は殖えたものの
今年の花数は1輪のみに・・・・
(^o^;)



[PR]
by Titan-Garden | 2014-01-05 01:05 | Narcissus | Trackback | Comments(0)

Camellia japonica 'Rouranka'

Camellia カメリア 椿 ツバキ 山茶花 さざんか サザンカ

b0099813_034659.jpg


『Camellia japonica 'Rouranka'』
カメリア ジャポニカ 'ロウランカ'

(C. japonica 'Mikunino-homare'(Higo) × self)

1983年 氷室捷爾(奥村秀子)作出

family. Theaceae テアケアエ 椿科 ツバキ科(山茶科)
subfamily. Theoideae テオイデアエ 椿亜科 ツバキ亜科
genus. Camellia カメリア属 椿属 ツバキ属
subgenus. Camellia カメリア亜属 椿属ツバキ亜属(山茶亜属)
section. Camellia カメリア節 椿節 ツバキ節(紅山茶節)

薮椿 ヤブツバキ '楼蘭花' ろうらんか

桃色 一重 唐子咲き(anemone-form flowers アネモネ咲き) 中輪




b0099813_034656.jpg


新年 blog 一発目は 楼蘭花!


皆様 明けまして おめでとうございます

旧年に引き続き…
本年も どうぞ宜しくお願い致します。
m(_ _)m




b0099813_034695.jpg




[PR]
by Titan-Garden | 2014-01-01 01:01 | Camellia | Trackback | Comments(2)