人気ブログランキング |


TITANの植物を中心としたblog。             インスタはtitans_garden (*^-^)b


by Titan-Garden

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

カテゴリ

全体
Iris
Fern
Hoya
Rosa
Olive
Clivia
Asarum
Araceae
Begonia
Paeonia
Camellia
Clematis
Hibiscus
Plumeria
Narcissus
Helleborus
Orchidaceae
Hippeastrum
Bromeliaceae
Gesneriaceae
Agave & Yucca
Fruit & Vegetable
Green & Carnivorou
Cactus & Succulent
Nelumbo & Nymphaea
Ipomoea nil 朝顔
Primula sieboldii 桜草
Rohdea japonica 万年青
山野草 & 宿根草&球根
花木 & 熱帯花木&熱帯宿根草
我家の Plants List
作業 & 観察&グッズ&本
Garden & Park 園芸店
神社・寺 & パワースポット
Travel & Wander
Photo ・ Art & Crafts
et Cetera
未分類

最新の記事

茶碗蓮
at 2018-07-05 07:05
Stanhopea tigr..
at 2018-06-25 06:25
Anthurium vitt..
at 2018-06-24 06:24
Thunia marshal..
at 2018-06-13 06:13
Hydrangea macr..
at 2018-06-06 06:06
Carica papaya ..
at 2018-05-27 05:27

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

このサイズなら場所取らな..
by あまぞん杉 at 09:45
>あまぞん杉様 開花3..
by TITAN at 11:16
開花おめでとうございます..
by アマゾン杉 at 23:11
Oh for some ..
by Rosie at 16:45
>winder様 コメ..
by TITAN at 20:35

フォロー中のブログ

ガーデンをつくろう!
花中草中
一茎草花
POPO and GARDEN
[ ACID NATUR...
DORAYAKIS’ G...

お気に入り Link

ライフログ

ブログジャンル

花・ガーデニング
旅行・お出かけ

ファン

Astrophytum caput-medusae

Succulent Plant サーキュレントプランツ Cactus カクタス 仙人掌 覇王樹 サボテン さぼてん

b0099813_0191455.jpg


『Astrophytum caput-medusae』
アストロフィトゥム カプト-メドゥサエ

family. Cactaceae カクタケアエ 仙人掌科 サボテン科
subfamily. Cactoideae カクトイデアエ 仙人掌亜科 サボテン亜科(カクタス亜科)
tribe. Cacteae カクテアエ 仙人掌連 サボテン連(カクタス連)
genus Astrophytum アストロフィトゥム属

Mexico メキシコ北東部
Nuevo Leon ヌエヴォ レオン州
Sierra Madre Oriental 東シエラマドレ山脈の麓
100〜200m

極狭い範囲の分布域で発見された個体数も非常に少ない為、盗掘防止に自生地の詳細は非公開。

有星類




b0099813_0191456.jpg


チェコから届いたサボテン ラストの1種は…

サボテン界の超新星!? 異端児!?
このサボテンらしからぬサボテンは

2001年 今世紀に入ってから発見された新種ですが
地下部に塊根を持ち、地上部にはアガベのように紐状のイボ!?(稜)を出し
棘は無くアストロフィツム属のような白点を有して

花は他の有星類と酷似した黄色い比較的大きな花さきますが
イボの形状が少し似たサボテンに Leuchtenbergia principis レウクテンベルギア プリンキピス 晃山(光山)ってのがありますが
晃山の花は成長点のある中心部から花が咲きますが
カプトメデューサエは不思議な事に紐状の疣の途中に咲かせる不思議なサボテンです。

発見当初は
現在Synonym シノニム 異名同種とされる
「Digitostigma caput-medusae」
ディギトスティグマ属として分類されて居ましたが

遺伝子解析の結果
現在は Astrophytum アストロフィトゥム属

なんと兜丸や鸞鳳玉(ランポー玉)瑞鳳玉、般若なんかと同属 同じ仲間の有星類サボテン!

実生は早ければ播種から3年目位から開花令に達する様ですが
大きく育つと こんなに格好良い姿に!

詳しい自生場所は公表されて居ませんが
自生地の写真は幾つかアップされてるのを見ると
直射日光がガンガン当たる陽地では無く
高木が生えない乾いたステップ気候の草地や背の低い亜低木 ブッシュの木陰や岩陰に生えてる様です。

灯台草科 トウダイグサ科 灯台草属 トウダイグサ属の
Euphorbia inermis 九頭竜、Euphorbia flanaganii 孔雀丸、Euphorbia inornata 蛮城砦…など
多肉系ユーフォルビアの いわゆるタコ物(蛸物)と呼ばれる物には似た様な形状の種類が有りますが
サボテン科の中では非常に珍しい形状のサボテンですね〜(笑)




b0099813_0191431.jpg


種小名 「caput-medusae」カプトメドゥーサエ とは ラテン語の“メデューサの頭”の意味で
ギリシャ神話に出て来る怪物、メデューサに因んだ名ですが

因みにメデューサとは
長女 ステンノー(不死身)強い女
次女 エウリュアレー(不死身)遠くに飛ぶ、広く彷徨う
三女 Μεδουσα メドゥーサ(可死)女支配者、女王

Γοργων ゴルゴーン 恐ろしいもの ゴルゴン3姉妹!

頭髪は無数の毒蛇、イノシシの歯、青銅の手、黄金の翼をそなえた容姿で
見た者を石に変える瞳を持つ怪物。

語源はμεδω(メドー=守る、支配する)で、そこから派生したμεδεουσα(メデオーサ=女支配者、守護の女神)

もともと美しい少女であったメドゥーサは「自分の髪はアテーナーの髪より美しい」と自慢した為
ゼウスの娘アテーナーの怒りを買い
メドゥーサの美貌は一転讃えられるほどの美しい髪は一本一本を蛇身の毛のよだつ醜い怪物に変えられ
これに抗議したメドゥーサの姉たちも怪物に変えられてしまう。

アテーナーはメドゥーサを醜い姿にしただけでは許せず
アーテナーは鏡の様に磨いた山羊皮で出来た盾アイギスをヘルメースからは空飛ぶサンダルをペルセウスに貸しメドゥーサを退治に向かわせた

メドゥーサには目を見る者を石に変えてしまう魔力を持って居た為それまで誰も退治出来無かったが

ペルセウスは直接メドゥーサの顔を見ない様に鏡のように磨き抜かれた盾を使いながら
曲がった刀で眠っているメドゥーサの首を掻き切った!

長女のエウリュアレーと次女のステンノーは不死身だったが、メドゥーサだけは可死であった為退治される
その際メドゥーサの首からあふれ出た血が砂漠に落ち、サソリなどの猛毒の生物が生まれたとされる。

ペルセウスがメドゥーサを退治し空を飛んで帰る途中
母親カッシオペイアが自分の娘の方が海のニュムペーより美しいと公言し海神ポセイドーンの怒りを買い
海の怪物ケイトスの生贄の為に海から突き出た岩に縛り付けられて居た美女のエチオピア王女アンドロメダー

ペルセウスは美女を助け様と襲いに来た海の怪物に挑んだが剣は全く歯が立たず
そこでメドゥーサの首を取り出し怪物を石に変えてアンドロメダーを救出。
アンドロメダーは後にペルセウスの妻に!

ペルセウスはアーテナーの元へ無事帰還した際
加護してくれていたアテーナーにメドゥーサの首を贈り
アテーナーはメドゥーサの首を自分の楯アイギスにはめ込んで最強の盾としたんだそうな〜

現在でもギリシャやトルコなどでは
メデューサの目をガラス等で青い目を象った 'Evil Eye' イーヴィル・アイ(邪視、邪眼、魔眼)
肌身や家の扉などに魔除けの為に飾ったり
またお土産の定番としても有名ですね!(笑)

話が反れてしまった・・・・
(^o^;)



by Titan-Garden | 2014-03-18 03:18 | Cactus & Succulent | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://titan28.exblog.jp/tb/22283602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]