TITANの植物を中心としたblog。             インスタはtitans_garden (*^-^)b


by Titan-Garden

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
Iris
Fern
Hoya
Rosa
Olive
Clivia
Asarum
Araceae
Begonia
Paeonia
Camellia
Clematis
Hibiscus
Plumeria
Narcissus
Helleborus
Orchidaceae
Hippeastrum
Bromeliaceae
Gesneriaceae
Agave & Yucca
Fruit & Vegetable
Green & Carnivorou
Cactus & Succulent
Nelumbo & Nymphaea
Ipomoea nil 朝顔
Primula sieboldii 桜草
Rohdea japonica 万年青
山野草 & 宿根草&球根
花木 & 熱帯花木&熱帯宿根草
我家の Plants List
作業 & 観察&グッズ&本
Garden & Park 園芸店
神社・寺 & パワースポット
Travel & Wander
Photo ・ Art & Crafts
et Cetera
未分類

最新の記事

Thunia marshal..
at 2018-06-13 06:13
Hydrangea macr..
at 2018-06-06 06:06
Carica papaya ..
at 2018-05-27 05:27
Seedling of Va..
at 2018-05-12 05:12
TITAN Original..
at 2018-05-10 05:10
Rhododendron ×..
at 2018-05-06 05:06

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

最新のコメント

Oh for some ..
by Rosie at 16:45
>winder様 コメ..
by TITAN at 20:35
こんばんは! ソコトラ..
by winder at 19:07
>亜麻存杉様 一瞬誰?..
by TITAN at 00:34
禁止ワード対策してみまし..
by 亜麻存杉 at 21:15

フォロー中のブログ

ガーデンをつくろう!
花中草中
一茎草花
POPO and GARDEN
[ ACID NATUR...
DORAYAKIS’ G...

お気に入り Link

ライフログ

ブログジャンル

花・ガーデニング
旅行・お出かけ

ファン

<   2007年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

やらかした・・・

椿の交配。

b0099813_13305484.jpg

先日買った
『Camellia flava』 フラバの花が開いて来たので

交配しようと花をいじって居たら

花首からポロリと落としてしまった・・・(泣)
(ρ_-)o

実は
金花茶の蕾も
先日ぬかを撒いた際 同じ様に 一ツ蕾を落としてしまった~(泣)

両株共残り1つづつに・・・
(^_^;)


勿体無いので
花粉を 『卜伴錦』に付けて

残りの花粉は
取り敢えず冷凍保存・・・




b0099813_13305495.jpg

肥後椿
『太田白』の花が開いたので

取り敢えず




b0099813_13305436.jpg

中京椿(中部椿) 『磨墨』(するすみ)※ 1800年代に愛知県の千代田村(現 稲沢市)で生まれ 1876年命名・発表。
の花粉を付けてみました!



『太田白』と『磨墨』の残りの花粉を
『卜伴錦』にも交配。




b0099813_13305483.jpg

肥後椿 『匂吹雪』
がかなり開いて来ましたが

どうやら期待の紅地に白絞りでは無く

紅一色に枝変わった 『匂紅』だった模様・・・(汗)

チョット残念!
(^o^;)

こいつにも
『磨墨』の花粉を付けました~♪



[PR]
by Titan-Garden | 2007-02-28 02:28 | Camellia | Trackback | Comments(2)

交配。

覚え書き。

Saintpaulia
'Beachcomber' × 'Tamires'
2/16

'Tamires' × 'Beachcomber'
2/16

Saintpaulia 'Tamires' × Streptocarpus wendlandii
2/25


※ Streptocarpus wendlandii
ウシノシタ

Streptocarpus亜属

南アフリカ
KwaZulu-Natal クワズル・ナタール州北部 Zululand ズルランド原産。



[PR]
by Titan-Garden | 2007-02-27 02:27 | Gesneriaceae | Trackback | Comments(0)

越南 & 熊本

また
いつもの名古○園芸に立ち寄り

連れ帰って来てしまった・・・(汗)
(^o^;)

b0099813_12421992.jpg


『Camellia flava』 カメリア フラバ
中国名: 黄花茶

原産地は
ベトナム北部 Ninh Binh ニンビン省で
1910年発見。

Camellia ツバキ属 subgenus Thea 茶亜属 section Chrysantha 金花茶節。

新しい葉色が綺麗です!(笑)

黄色い椿として有名でポピュラーな『金花茶』は
藪椿系(C. japonica)との交配に使っても

縁遠いせいか相性が悪く
殆どが交雑不和合か受精しても胚が育たなくて不完全種子が多く
胚培養が必要な場合が多いのですが

フラバを藪椿系(C. japonica)との交配に使用すると成功し易く
割と完全種子が採れる様です!




b0099813_12421967.jpg

背丈が150センチ近い苗を買いましたが

同じ品種で
背丈が半分位の物の方が
付いていた値段が高かった・・・(汗)

もしかして
値段の付け間違い!?
(^o^;)

会員カードが有るので更に5%引き。(笑)

蕾が2つ着いて居ました
一つはもうスグ咲きそう~
o(^-^)o







b0099813_12421930.jpg

『匂吹雪』

肥後椿
太田次雄作出
1968年に安達潮花が命名。

藪椿系にしては
珍しく香りが有る品種で

芳香成分のリナロールが多く含まれ

香りの系統ではユリや沈丁花の様な
少し爽やかな甘い香りがするそうです。

本来の匂吹雪の花色

白地に赤や桃の絞り咲きなのですが

この苗の蕾の色は
赤地に絞りが入って居るっポイ!?ので

もしや 枝変わり!?

反対色の赤色地に白絞りをチョット期待して
連れ帰りました!(笑)
o(^-^)o

※ 因みに
この 『匂吹雪』が
桃色地に 白覆輪や赤絞りの入る様に枝変わった品種は 『匂覆輪』と言い

赤一色に枝変わった品種は 『匂紅』と言い

その 『匂紅』の赤色地に
ウイルス性のと思われる白い雲状斑が入ると 『絞匂紅』と呼ばれます。
(*^-^)b



[PR]
by Titan-Garden | 2007-02-26 02:26 | Camellia | Trackback | Comments(0)

新芽。

ギャー
ヽ(´Д`)ノ

やっと咲いたヘレボのアトロルーベンスの鉢を

椿の鉢に続き

また 野良ネコに
ひっくり返され土がブチ撒かって居ました・・・
(>_<)

本当 ネコ嫌い!
(`Д´#)

b0099813_8273898.jpg

サトイモ科

『Arisaema urashima var. alba』 アリサエマ ウラシマ
浦島草(素心) 素心ウラシマソウ

今年は早くも
もう芽が出て来ました。




b0099813_8273825.jpg


メギ科

『Dysosma difformis ?』ディソスマ ディフォルミス?
若しくは
『Dysosma versipellis』 ディソスマ ヴェルシペリス ?

広西八角蓮 広西ハッカクレン
として入手した物。

普通の 『Dysosma pleiantha var. alba』 ディソスマ プレイアンタ アルバ
白花八角蓮 ハッカクレンは
未だ芽は出ても居ないのに

いち早く新芽が見えて来ました!




b0099813_8273832.jpg

普通のハッカクレンとの違いは
冬枯れせずに常緑だったのにもビックリ!




b0099813_8273890.jpg

ケシ科

『Eomecon chionantha』 エオメコン キオナンタ

白雪芥子 シラユキゲシ

蕾が出て来ました!

地下のランナーで
とんでもなく遠い所からも芽が出て来たので

殖え過ぎには 気を付けねば・・・
(^_^;)




b0099813_8273866.jpg

ユリ科

『Tulipa 'Super Parrot'』
チューリップのスーパー パーロットも

一斉にに土から頭が出て来ました。



[PR]
by Titan-Garden | 2007-02-25 02:25 | 山野草 & 宿根草&球根 | Trackback | Comments(6)

秘策!?

先日 図書館で農家向けの雑誌を読んだ時
ちょうど『酵素』特集でしたが
その中でクレマチス&クリスマスローズの生産者の方の記事で

万田酵素の万田31号は高いので
同じ様な酵素液を自作したオリジナル酵素作りの記事が
特に興味を引きました!(笑)

見る限り
与えてない株と与えた比較株に歴然とした違いが・・・

凄い差!?
(^o^;)

普段は1万倍で良いとの事なので
(5千倍だと逆にガチガチに関節が詰まり矮化!?)

万田酵素の材料レシピも出て居たので
それを元にアレンジして

オイラも少量で良いので
オリジナル『TITAN酵素』でも作ってみようかと

密かに画策中~(爆)
(^O^)






b0099813_131959100.jpg

これを撒くと
一年間植物達の調子が良い!?

『米糠』

年末から
出入りの米屋に米糠を3~4キロ位頼んで貰っておいて

っと 親に頼んで居たのですが

何度も
『糠は?』と聞くと『あっ! 忘れてた・・・』っと

ず~っと 忘れられて居ましたが・・・
(^_^;)

やっと 手に入ったので




b0099813_13195955.jpg

今年は
3キロ程 撒きました!(笑)

一昨年5キロ撒いたら
撒き過ぎでカビか酷かったので・・・
去年からは3キロ。
(^_^;)

有用菌が増えるのかな!?
o(^-^)o








b0099813_13195942.jpg

☆番外編☆

オイラは
サプリメント好きでも有って

毎日 色々と飲んで居ますが

『CoQ10』 コエンザイムQ10
(目尻やオデコのシワが消えた!や 風邪を殆ど引かなく成った!等々)以来

効いたと実感出来る
久々の大ヒット商品!(爆)


『ユンゲオール3』
医薬品扱いですが
飲み始めて2瓶(1瓶300粒)飲み切った頃には

食事量は今まで通りなのにも関わらず

内臓脂肪が減りお腹が引っ込み

そろそろ4瓶目を飲み切るこの頃

皮下脂肪も減り

昔からの悩みだった
二の腕や太股の裏に在ったセルライトが
激減!!
ヽ(゜▽ ゜)ノ

他にも
吹き出物が殆ど出なく成ったりと・・・

明記して有る効能としては
血清高コレステロールの改善
血清高コレステロールに伴う末梢血行障害(手足の冷え・痺れ)の緩和。

有効成分
☆『パンテチン』は
肝臓においてコレステロールの代謝促進を図り
血液中の余分なコレステロールを胆汁酸に変えて排出。

☆『ソイステロール』は
小腸におけるコレステロールの吸収を阻害し
同時に体内のコレステロールから作られた胆汁酸の再吸収も阻害し
排泄を促す。

☆『ビタミンE』は
抗酸化作用により
血管に障害を与える過酸化脂質の生成を抑え
血行を改善。


オイラは1日約6粒
脂質の少ない食事の時は1粒
普通の食事の時は2粒
天ぷらや焼肉の時など脂質の多い食事の時は3粒
飲んで居ます。


近所のドラッグストアなどでの価格は
300粒入り一瓶が8千円台で売って居ますが

オイラが通販でいつも買う所では

300粒入り2瓶
送料込みで
なんと 11,000円!
∑( ̄口 ̄)

※ 2瓶600粒で
100日 約3.5ヶ月分。




b0099813_1320093.jpg

今回は
花王のヘルシア緑茶350ml
小売り価格 1本 189円が6本 1,134円分が

プラス200円の11,200円(送料込)で買えて

思わずポチッ!
お買い上げ~(爆)
(^O^)v



[PR]
by Titan-Garden | 2007-02-23 02:23 | 作業 & 観察&グッズ&本 | Trackback | Comments(6)

愛しの ビビちゃん!

やっと 巡り会えました!

b0099813_12431239.jpg


『Bibi Maizoon』 ビビ メイズン

1989年 David Austin 作出のイングリッシュ ローズ

交配親には
ERの ザ・リーブ♀に チョーサー♂
The Reeve × Chaucer

名前は
中東アジアアラビア半島の東南端のオマーン
オマーン王族に命名権を買われ、その家族の名を命名された様です。

少し古い品種ですが
香り高いピンクで
繊細なディープカップの花型に
花茎は細く うつむき気味に咲く

しかし
病気に弱く(特に ウドン粉病・サビ病) 花も繊細で雨にも弱くボーリングし易い様で栽培は少々難しい様で

オースティンに見捨てられ

現在はオースチンのコレクション リストからは
可哀想ですが外されてしまって居るので

今では滅多に出回る事も無い珍しい
レア品種です!
(*^-^)b




b0099813_12431243.jpg

ずっと捜し続けて居ましたが

昨シーズンの大雪や
ERの代理店問題のゴタゴタ等で
入手は諦めて居ましたが

先日 某所のHPで販売されてるのを発見!

ようやく 入手出来ました~
(^O^)/

かなり立派な株なので

恐らく 去年の大雪で
国産2年生大苗として出荷出来ずに
3年大苗に成った為か!?(笑)




b0099813_12431219.jpg

『Aile Branche』 エール ブランシュ

今井ナーセリー(今井 清)2002年作出の
中輪スプレー 純白で巻きの多いオープンカップ咲きの切り花用品種。


名前はフランス語の白い翼の意味の様です!

切り花用品種なので
台木はオドラータ台の接ぎ挿し苗で
少々弱々しい苗ですが

他の品種
センター トワやトワ スイート オレンジの様に
1年育てれば大きく育つハズ!?

それに
結構安く買えたので問題無し~(笑)




って また増えちゃいました・・・(汗)
本当にヤバい!
(^o^;)



[PR]
by Titan-Garden | 2007-02-21 02:21 | Rosa | Trackback | Comments(6)

Dark Red

ラテン語
「atro」 暗い、黒っぽい + 「rubens」 赤くなる、赤味のある = 「atrorubens」 暗赤色の。

b0099813_1324840.jpg


『Helleborus atrorubens』 ヘレボラス アトロルーベンス

アトロルベンスの花が
やっと 咲き出しました~
(^O^)/




b0099813_1324939.jpg


濃い色個体なだけ有って

全く緑っ気も無く
内弁 外弁共に濃いダークレッドでした。

※ 現物の見た目は
画像より もう少し濃い色です!(笑)




b0099813_132496.jpg

花型も
そこそこ 丸弁の様です!
o(^-^)o




『Ruse Black』 ルーセ ブラックの
小型版って感じかも!?(笑)


マニアの目から見て
この個体の評価は如何なんでしょう???(笑)




b0099813_1324966.jpg


『Helleborus niger forma sunset』 ヘレボラス ニゲル サンセット

その後

只今 これ位の色・・・



[PR]
by Titan-Garden | 2007-02-20 02:20 | Helleborus | Trackback | Comments(4)

クレマチス

いつも行きつけの花屋さん
名○屋園芸に行ったら

丁度 クレマチスの苗が沢山並んで居ました。

b0099813_10323543.jpg


『Clematis 'Kaiu'』 クレマチス クレマチス カイウ

エストニアの
Erich Pranno 1982年 作出。

交配親は
U.S.A 東部中心に11~16 18~24 29 30州に原産する
♀ヴィオルナ に

南ヨーロッパ イタリア辺り~西アジアのトルコ辺りまで原産の
♂ヴィチセラ

(Clematis viorna × Clematis viticella)

テキセンシス - ヴィオルナ系


以前から良いな~っと思って居た
真っ白の壺型の『カイウ』の苗を発見!!

他の品種は沢山残って居ましたが
『カイウ』は人気が有るのかラスト一株だったので思わず買ってしまいました~(笑)




b0099813_10323521.jpg

しかし
テキセンシス - ヴィオルナ系は
冬場 地上部は全て枯れてしまう様ですが

地上部に何も無いので
本当に生えて来るのか!?

少し心配・・・
(^o^;)

因みに こんな花!



Kaiu カイウって名は
エストニアに在る
Raplamaa県のKaiuって場所の名に因むそうで

てっきり
カイウ = 海芋 = カラー
かと 思って居ましたが
全然違ってた・・・!(汗)
(^_^;)


こうなると
U.S.A東南部
フロリダ州~テキサス州のメキシコ湾添いの州に原産する

Clematis crispa クリスパも

欲しく成ってしまった・・・(爆)
(^O^)



[PR]
by Titan-Garden | 2007-02-19 02:19 | Clematis | Trackback | Comments(4)

蓮芋

『Colocasia gigantea』コロカッシア ギガンテア

蓮芋 ハスイモ

b0099813_10135676.jpg

マレーシア ボルネオ島産のギガンテアは

2005年5月にマレーシアのナーセリーから輸入して
4株入手済みですが
※ 前列右側

今回は日本産のハスイモを
ここで 2株予約注文してみました~(笑)

納期は暖かく成った6月だそう!
o(^-^)o




東南アジア原産の
Colocasia esculenta 里芋 サトイモ は

稲よりも早く縄文時代には琉球列島から伝播・渡来し日本では栽培されて居ましたが
土着の栽培品種の遺伝子を調べると

沖縄から屋久島の南位までは親芋主体の2倍体品種(種子が出来る)で

屋久島の北から九州本土の品種は子芋主体の3倍体品種(種子が出来ない)だそうです。

※ サトイモの染色体数 2n=28 の二倍体、2n=42 の三倍体 (ハスイモは2n=28)



b0099813_10135610.jpg

一方
図体の割に芋が殆ど無く芋では無く葉柄(ズイキ)を食べるハスイモは

恐らく
14~15世紀琉球王朝時代に交易の有ったマレー半島諸国やジャワ島辺りから入ったのかも!?

一般的に
蓮芋 ハスイモ
九州ではズイキと呼ばれますが
※ 沖縄では『田芋』

高知県ではリュウキュウとも呼ばれるらしい事から
沖縄から伝わった証!?

ハスイモが日本では一般的な野菜では無いのは
サトイモよりも低温に弱く四国や九州の太平洋側以南位しか
生産農家が栽培して居ない為かな!?




b0099813_10135731.jpg


こんな感じに
マレーシア産のハスイモは本当に巨大化する様ですが

低温に弱い様で
ヒョロヒョロの小さな苗を輸入してから夏の間少ししか成長期が無いため
なかなか大きく育ちませんでした




b0099813_21544329.jpg

しかし
3年目の今期は
早めに室内に取り入れ
暖かい部屋の人工光線下で

今の所 順調に葉を展開させ大きく成って来てます!
o(^-^)o




日本で栽培されて居る在来のハスイモ

熱帯のマレーシア産よりは大きく育っても株が小さい様ですが

クワズイモの葉の様に綺麗なので
集めてみました!(笑)



[PR]
by Titan-Garden | 2007-02-16 02:16 | Araceae | Trackback | Comments(7)

寒葵

ウマノスズグサ科
カンアオイ属 フタバアオイ属

b0099813_20392047.jpg


『Heterotropa takaoi』 ヘテロトロパ タカオイ
姫寒葵 ヒメカンアオイ

学名には異名同種に
Asarum takaoi アサラム タカオイ と
フタバアオイ属(Asarum)を使った表記も見られます!



b0099813_20392013.jpg


3年程前に山で採取した時は
葉の大きさが500円玉位だったのが

うちに来たら
葉の面積が5倍程に巨大化!(爆)



b0099813_20392027.jpgb0099813_20392031.jpg



地味~な花ですが
毎年 咲いてくれます。




b0099813_20392070.jpg


Heterotropa maxima ヘテロトロパ マキシマ

通称 パンダカンアオイ

中国 湖北省~四川省にかけて原産。

こちらも
異名同種に
Asarum maximum アサラム マキシマム (属名の性に従って語尾変化)
フタバアオイ属(Asarum)にされて居る事が多いです!(特に海外)


日本産のカンアオイ等と比べ
巨大輪で白と黒のパンダ模様~(笑)

※ 因みに こんな花!



開花期は4~5月頃ですが
去年は咲かずじまいに終わり・・・

現在 花芽らしいのが着いて無いので

今年もどうやら咲かないかも!?
(^o^;)



[PR]
by Titan-Garden | 2007-02-15 02:15 | Asarum | Trackback | Comments(2)