TITANの植物を中心としたblog。             インスタはtitans_garden (*^-^)b


by Titan-Garden

プロフィールを見る

検索

カテゴリ

全体
Iris
Fern
Hoya
Rosa
Olive
Clivia
Asarum
Araceae
Begonia
Paeonia
Camellia
Clematis
Hibiscus
Plumeria
Narcissus
Helleborus
Orchidaceae
Hippeastrum
Bromeliaceae
Gesneriaceae
Agave & Yucca
Fruit & Vegetable
Green & Carnivorou
Cactus & Succulent
Nelumbo & Nymphaea
Ipomoea nil 朝顔
Primula sieboldii 桜草
Rohdea japonica 万年青
山野草 & 宿根草&球根
花木 & 熱帯花木&熱帯宿根草
我家の Plants List
作業 & 観察&グッズ&本
Garden & Park 園芸店
神社・寺 & パワースポット
Travel & Wander
Photo ・ Art & Crafts
et Cetera
未分類

最新の記事

Thunia marshal..
at 2018-06-13 06:13
Hydrangea macr..
at 2018-06-06 06:06
Carica papaya ..
at 2018-05-27 05:27
Seedling of Va..
at 2018-05-12 05:12
TITAN Original..
at 2018-05-10 05:10
Rhododendron ×..
at 2018-05-06 05:06

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

最新のコメント

Oh for some ..
by Rosie at 16:45
>winder様 コメ..
by TITAN at 20:35
こんばんは! ソコトラ..
by winder at 19:07
>亜麻存杉様 一瞬誰?..
by TITAN at 00:34
禁止ワード対策してみまし..
by 亜麻存杉 at 21:15

フォロー中のブログ

ガーデンをつくろう!
花中草中
一茎草花
POPO and GARDEN
[ ACID NATUR...
DORAYAKIS’ G...

お気に入り Link

ライフログ

ブログジャンル

花・ガーデニング
旅行・お出かけ

ファン

<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

がんばれ チベたん!① \(≧O≦)丿

b0099813_0115040.jpg


『Helleborus thibetanus』 ヘレボルス チベタヌス

去年 せっかく濃色そうで良さげな個体だったのに 残念ながら呆気無く逝ってしまったチベたん····

新年早々 いつもの園芸店に寄った際

自分 「今年もチベタヌスの入荷は有りますが?」

店員の女の子 「多分 もうすぐ入荷すると思いますよ!」

自分 「去年買ったチベタヌス 根が殆ど切られて居て
全く無く成長もせず逝っちゃいました····(泣)」と告げたら

店員の女の子 「そうでしたか 私も育てましたが同じ様に芽が動かず逝きました····(汗)
是非 入荷したら変りの一株お持ち帰り下さい」との事····




b0099813_0115170.jpg


で先日 たまたま近くを通ったついでにいつもの園芸店へ寄った際

ちゃんと覚えてて声を掛けて下さって

店員の女の子 「丁度 今日チベタヌスの苗が入荷しましたよ
選んで持って行って下さいね!」と

ちゅーー事で 同じラベルのチベタヌスの苗で少々心配でしたが····(笑)

一番芽数が多くなるべく色が濃く細根が多く残ってそうな個体を選んで
遠慮無く 頂戴して来ました~(笑)
(^o^)/




b0099813_0115288.jpg


帰宅後 すぐさまポットから抜き
植え込まれ用土と輸入時に使われてたのであろう根の間に少し残って細いオガクズを綺麗に洗い落し根を確認!(笑)

やはり今年も根が切られて居ましたが····
去年の苗よりは細根の数も多く幾分長さも長く芽数も多く
株の基部から1~2本小さな白根の発根が認められてたのでチョイトだけ安心~(笑)

黒く変色した根先を生きてる所まで切り戻し
HB-101と鉄力あくあを希釈した水で暫く水揚げ後

用土には根腐れが一番怖いので腐食質の全く無い山野草用土 + 根腐れ防止用にゼオライトをタップリ混ぜて植込みました!

このまま野外だと成長が始まる時期から暑さの来るまでの成長期間が短く成るので

成長期間を少しでも長く維持させる為
今年はこのまま暖く成るまで暫く室内の窓辺で過保護気味に成長&発根を促してみます。

今年こそは なんとか生き残ってくれ チベたん~
(^o^;)



[PR]
by Titan-Garden | 2009-01-31 01:31 | Helleborus | Trackback | Comments(0)

Hippeastrum

Hippeastrum ヒッペアストルム (Amaryllis アマリリス)

以前 従姉妹から送られて来たアマリリス

『Hippeastrum × hybridum `Snow White'』
ヒッペアストルム ハイブリドゥム `スノー ホワイト'で色々検索すると

やはりどうも日本国内で出回って居るホワイトスワンは一重のアマリリスの様なので

今回新たに 確実ホワイトのダブル品種を購入~(汗)
(^o^;)

b0099813_752459.jpg


Hippeastrum × hybridum `White Nymph'』 ヒッペアストルム × ヒブリドゥム `ホワイト ニンフ'

白花巨大輪ダブル咲き




b0099813_752449.jpg


Hippeastrum × hybridum `Alfresco'』 ヒッペアストルム × ヒブリドゥム `アルフレスコ'

上記のホワイトニンフよりは輪がやや小さい様ですが

更に丸弁な白花大輪ダブル咲き。
o(^-^)o



[PR]
by Titan-Garden | 2009-01-29 01:29 | Hippeastrum | Trackback | Comments(2)

肥後椿

椿 ツバキ つばき Camellia カメリア

b0099813_0351978.jpg


『Camellia japonica f. higo `Koubai'』

肥後椿 紅梅

明紅色 一重平開咲 梅芯 大輪




b0099813_0351971.jpg


肥後椿の古典品種で
1841年(天保12年) 肥後ツバキ12品種(山崎貞房)に記載され
1958年 肥後椿協会登録

1702年(元禄15)「忠臣蔵」の話で有名な赤穂浪士による吉良上野介義央を襲撃後
そのうち頭領大石内蔵助良雄をはじめ17名を肥後 細川家で預かる際
請取人 兼 応対人役として切腹までの間を赤穂浪士を世話した
細川家使番 堀内伝右衛門(正保2年(1645)~亨保12年(1727)没. )の屋敷に原木が在ったそうです!


先日 チョイト出掛けた際
某高速道路の某サービスエリア内に在る土産物店で
何故か椿を買いました!(笑)
(^O^)



[PR]
by Titan-Garden | 2009-01-27 01:27 | Camellia | Trackback | Comments(0)

Clematis hirsutissima

Clematis クレマチス 

ペチコート水仙達の注文ついで!? 同時に注文!
やっと入手 憧れのヒルステシマ~(笑)

b0099813_0393751.jpg


Clematis hirsutissima』 クレマティス ヒルスティッシマ

subgenus : Viornae ヴィオルナ亜属、section : Viornae ヴィオルナ節

原産地はアメリカ合衆国 U.S.A ロッキー山脈の標高1500~3200メートル位に自生
(アリゾナ州、コロラド州、アイダホ州、モンタナ州、ネブラスカ州、ニューメキシコ州、オクラホマ州、オレゴン州、サウスダコタ州、ユタ州、ワシントン州、ワイオミング州 に分布)

基本種 C. hirsutissima var. hirsutissima
ヒルスティッシマ ヒルスティッシマの他

変種には
南部に C. hirsutissima var. arizonica ヒルスティッシマ アリゾニカ

東部に C. hirsutissima var. scottii ヒルスティッシマ スコッティー

の3変種が有る様ですが
この株は恐らく基本種の輸入種子からの実生苗かな!?

高山性種らしく
株姿は矮性で蔓に成らなく、葉や茎には産毛が生えて居ます。

現在は冬の休眠期の為 地上部分は何も有りません!(笑)
(^O^)

ただ ヒルスティシマを入手したって事の記録です·····



[PR]
by Titan-Garden | 2009-01-25 01:25 | Clematis | Trackback | Comments(2)

ペチコート水仙達!

Narcissus Section Bulbocodium ブルボコディウム(バルボコディウム)節
今期 追加入手!(笑)
(^o^;)

b0099813_18542.jpg


『Narcissus cantabricus subsp. monophyllus』 
ナルシッスス カンタブリクス モノフィルス

一般的に良く亜種モノフィラスとして出回って居る物の殆どが
葉数が多く丈夫で殖え易い 
N. cantabricus subsp. cantabricus var.foliosus カンタブリクスの変種フォリオススですが

これは葉数が1~2本しか出ない本物のモノフィラスのハズなのに何故か葉数が多いです・・・・
フォリオサスかぁ~!?(笑)




b0099813_18581.jpg


『Narcissus romieuxii subsp. romieuxii var. mesatlanticus `Tsukuba-no-Hanabi' ARGS-3335 奇花』 
ナルシッスス ロミエウキシー ロミエウキシー メサトランティクス `筑波の花火' ARGS-3335 奇花

メサトランティクスの実生から生まれた副花冠の切込む Split-corona スプリット コロナ個体

この個体の性質はセルフや他花交配に使っても優勢遺伝する様です!
(*^-^)b




b0099813_18522.jpg


『Narcissus romieuxii subsp. romieuxii var. rifanus』 
ナルシッスス ロミエウキシー ロミエウキシー リファヌス

モロッコに在る4つの山脈の内3つのアトラス山脈系とは離れ
モロッコ北部のジブラルタル海峡近く地中海側 Fes フェスの北部辺りに独立した
Rif リフ山塊(山脈)で発見された変種です。

リファナスをイギリスの球根屋さんで捜したものの見付からず居た所
日本の山野草店で取扱いを発見~(笑)

某所のカタログにはromieuxii var. lifanus と綴を間違えて表記されて居るのでお間違えなく!(笑)




b0099813_18556.jpg


『Narcissus romieuxii subsp.albidus var. foliosus』 
ナルシッスス ロミエウキシー アルビドゥス フォリオスス

現在アルビダスはロミエウクシーの亜種とされて居るのでこう表記させて頂きました!(笑)

しかし もしかしたら
一番ポヒュラーでどこでも手に入り安売りされてる
『N. cantabricus subsp. cantabricus var. foliosus』 カンタブリクス フォリオスス!?

同じ所で カンタブリクス フォリオススも売っては居ましたが
ただのタグが違うだけの異名同種かも!?(汗)
(^o^;)




b0099813_18561.jpg


『Narcissus romieuxii subsp.albidus var. occidentalis』 
ナルシッスス ロミエウキシー アルビドゥス オッキデンタリス(オキデンタリス

上記と似て白花

もうすぐ開花ですが
花茎が短く横向く感じは、何となく N. bulbocodium var.nivalis ブルボコディウムのニバリスの白花版ってな感じの雰囲気かな!?(笑)



[PR]
by Titan-Garden | 2009-01-23 01:23 | Narcissus | Trackback | Comments(2)

ペチコート水仙

Narcissus Section Bulbocodium ブルボコディウム(バルボコディウム)節
今期 追加入手!(笑)
(^_^)v

b0099813_133642.jpg


『Narcissus romieuxii subsp.albidus var. zaianicus form. albus』 ナルシッスス ロミエウキシー アルビドゥス ザイアニクス アルブス



b0099813_133648.jpg

モロッコ Moyen Atlas 中央アトラス山脈(モワイアン)
Khenifra ヘニフラ近郊(ケニフラ) zaian ザイアン山原産

アルビダスの変種ザイアニカスの白花選別個体。




b0099813_13369.jpg

普通のザイアニクス よりも
花は白くて花茎が短くやや受け咲き!

香りは微香です~



[PR]
by Titan-Garden | 2009-01-21 01:21 | Narcissus | Trackback | Comments(6)

Helleborus niger

Christmas Rose クリスマス ローズ Double ダブル咲き (八重咲き)

b0099813_121397.jpg


『Helleborus niger var. plenus 'Twin Angel'』 ヘレボルス プレヌス 'ツイン エンジェル'

フランス生まれの八重咲き

我家のニゲルの中でも一番 晩生品種ですが
例年よりも蕾が大きく成長して居るので今年は割りと開花が早そうな予感!(笑)
o(^-^)o




b0099813_121370.jpg


『Helleborus niger var. plenus 'Double Fantasy'』 ヘレボルス プレヌス 'ダブル ファンタジー'

樋口 則夫 (堀切園)作出

数年前は 珍しかったニゲルのダブル咲きも
最近は良く見掛ける様に成って価格も随分リーズナブルに成って来たなぁ~と
改めて思う今日この頃····(笑)

この ダブルファンタジーのメリクロン株のお陰でポピュラーに成ったに違い無い!
(^O^)




b0099813_121399.jpg


『Helleborus niger var. plenus 'Little Princess'』 ヘレボルス プレヌス 'リトル プリンセス'

樋口 則夫 (堀切園)作出

上記のダブルファンタジーの兄弟品種で
株はずっと矮性小型品種

せいぜい草丈10センチ程にしか成らないコンパクトで可愛い品種です~

背丈は大きくなら無いのに芽数だけはワサワサ殖えて繁殖力は抜群!(笑)
(^O^)



番外編

b0099813_121375.jpg


『Helleborus atrorubens』 ヘレボルス アトロルーベンス

今期は芽数も殖えて太い新芽も沢山見えて来たので

花数も沢山望めそうです!
o(^-^)o



[PR]
by Titan-Garden | 2009-01-19 01:19 | Helleborus | Trackback | Comments(0)

Helleborus niger

Christmas Rose クリスマス ローズ

b0099813_1143479.jpg


『Helleborus niger subsp. macranthus 'Potters Wheel'』 ヘレボルス ニゲル マクラントゥス 'ポッターズ ホイール'

我家に来て丸3年
成長がゆっくり緩慢なマクラントゥス
毎年2~3輪止まりでしたが今期は沢山蕾が上がって来ました~
(^o^)/




b0099813_1143579.jpg


『Helleborus niger forma. sunset』 ヘレボルス ニゲル サンセット

上記のマクラン同様
成長が緩慢なサンセットにも今年は沢山着蕾!

サンセットの性質や株姿はマクラントゥスと非常に良く似て居ます~




b0099813_1143544.jpg


『Helleborus niger var. variegatus (砂子斑)』 ヘレボルス ニゲル ヴァリエガトゥス(砂子斑)

斑入りのニゲルも着々と大株に成って蕾の数も増えてます!




b0099813_114355.jpg


『Helleborus niger 'Marco'』 ヘレボルス ニゲル 'マルコ'

Josef Heuger(Heuger Blumen社)作出(メリクロン株)

今期 二番手の開花はマルコにほぼ決まり!
(^o^)/




b0099813_1143558.jpg


『Helleborus niger 'Josef Lemper'』 ヘレボルス ニゲル 'ジョセフ レンパー'

Josef Lemper ジョセフ レンパー氏作出
(ドイツ ミュンスター地方の育種家)
(メリクロン株)

早咲きのジョセフレンパーは
かなり咲き進んで後半戦!(笑)



[PR]
by Titan-Garden | 2009-01-17 01:17 | Helleborus | Trackback | Comments(0)

つぶやき女将とは 一切関係ございません~(笑)

b0099813_0305734.jpg


『Camellia '吉兆'』

1980年 吉川和男(東和ナーセリー)作出

(Camellia japonica '錦腰蓑' × Camella irrawadiensis)

カメリア ジャポニカ
唐子咲きの藪椿 ヤブツバキ と
お茶の近縁種
カメリア イラワジエンシス(伊洛瓦底茶)との種間交雑種。


今回の写真はチョット青っポク写ってしまいましたか····

実物の花色は
ヤブツバキ系には見掛けない
サーモン掛かった様なベージュっポイ薄く柔らかいピンク色で可愛い品種です。
(*^o^*)




b0099813_0305721.jpg

カメリア イラワジエンシスは

チャ亜属subgenus. Thea チャ節 sect. Thea に含まれ

ミャンマー(旧ビルマ)の北部Ayeyarwady エイヤワーディー川 (旧名 Irrawaddy イラワジ川)の上流部の谷で発見され為
種名はビルマ時代のイラワティー川に因みます

恐らくミャンマーからベトナム北部辺りまで自生か!?




b0099813_0305761.jpg

インド北東部アッサム州原産の茶の変種で紅茶にされる Camellia sinensis var. assamica カメリア シネンスス アッサミカ(アッサム茶)や
タイ原産のCamellia taliensis カメリア タリエンシスと異名同種(Synonym シノニム)とされる事も有りますが
チャ節には
ツバキ属の他節のからはほとんど検出されない5種類のカテキン類とテアニンを多く含有しますが

イラワジエンシスからはカフェインが検出され無い様な事から
成分組成からしてシネンシスとタリエンシス程密接な関係では無い様なので
別種として扱って良いと思われます!
(*^-^)b



[PR]
by Titan-Garden | 2009-01-15 01:15 | Camellia | Trackback | Comments(8)

斑入り葉 出現!

前回 12月19日から

b0099813_5191986.jpg


『Helleborus lividus var. variegatus × self』 ヘレボルス リヴィドゥス ヴァリエガトゥス

リビダス(リヴィダス)のセルフ

リビダスの普通固体の双葉はこんなのですが····




b0099813_5191951.jpg

現在 12本発芽した中で

4分の1 (25%)の3本に
斑が入った双葉で発芽しました~
(^o^)/




b0099813_5191952.jpg

まぁ~今は寒い事も有りますが····

斑の部分が多く葉緑素が少い分
チョイトばかし成長は緩慢みたいです!
(^O^)




普通固体の双葉の三ッ葉固体はこんな感じに!

b0099813_5191947.jpg




[PR]
by Titan-Garden | 2009-01-13 01:13 | Helleborus | Trackback | Comments(2)