TITANの植物を中心としたblog。             インスタはtitans_garden (*^-^)b


by Titan-Garden

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

検索

カテゴリ

全体
Iris
Fern
Hoya
Rosa
Olive
Clivia
Asarum
Araceae
Begonia
Paeonia
Camellia
Clematis
Hibiscus
Plumeria
Narcissus
Helleborus
Orchidaceae
Hippeastrum
Bromeliaceae
Gesneriaceae
Agave & Yucca
Fruit & Vegetable
Green & Carnivorou
Cactus & Succulent
Nelumbo & Nymphaea
Ipomoea nil 朝顔
Primula sieboldii 桜草
Rohdea japonica 万年青
山野草 & 宿根草&球根
花木 & 熱帯花木&熱帯宿根草
我家の Plants List
作業 & 観察&グッズ&本
Garden & Park 園芸店
神社・寺 & パワースポット
Travel & Wander
Photo ・ Art & Crafts
et Cetera
未分類

最新の記事

茶碗蓮
at 2018-07-05 07:05
Stanhopea tigr..
at 2018-06-25 06:25
Anthurium vitt..
at 2018-06-24 06:24
Thunia marshal..
at 2018-06-13 06:13
Hydrangea macr..
at 2018-06-06 06:06
Carica papaya ..
at 2018-05-27 05:27

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

最新のコメント

このサイズなら場所取らな..
by あまぞん杉 at 09:45
>あまぞん杉様 開花3..
by TITAN at 11:16
開花おめでとうございます..
by アマゾン杉 at 23:11
Oh for some ..
by Rosie at 16:45
>winder様 コメ..
by TITAN at 20:35

フォロー中のブログ

ガーデンをつくろう!
花中草中
一茎草花
POPO and GARDEN
[ ACID NATUR...
DORAYAKIS’ G...

お気に入り Link

ライフログ

ブログジャンル

花・ガーデニング
旅行・お出かけ

ファン

<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Monsonia herrei

Pachycaul パキカウル Caudex コーデックス Succulent Plant 多肉植物

b0099813_0372767.jpg


『Monsonia herrei』
モンソニア ヘレーイ

family. Geraniaceae ゲラニアケアエ フウロソウ科 風露草科
subfamily. Geranioideae ゲラニオイデアエ フウロソウ亜科 風露草亜科
tribe Geranieae ゲラニエアエ フウロソウ連 風露草連
genus. Monsonia モンソニア属
section. Multifidum ムルティフィドゥム節

竜骨城 りゅうこつじょう

Bushman's Candle, Fine Leaved Candle Bush, Boesmankers
Synonym:Sarcocaulon herrei サルコカウロン ヘレーイ

South Africa 南アフリカ共和国
Northern Cape 北ケープ州北西部
Namaqualand Klipkoppe Shrubland, Kahams Mountain Desert, Kosiesberg Succulent Shrubland, Rooiberg Quartz Vygieveld, Namaqualand Shale Shrubland,




b0099813_0372756.jpg


ヘレイ繋がりで第二弾!w

属名は英国の植物学者でコレクターだった Lady Anne Monson (旧姓 Vane, 1726–1776)レディー・アン・マンソンの名に因み

種小名はドイツの探検家で植物学者だった Adolar Gottlieb Julius Hans Herre (1895-1979)アドラル・ゴットリープ・ユリウス・ハンス・ヘレーの名に因む。


元々 あの有名な植物学者の Linne リンネさんによって1767年にモンソニア属を発表されたのに対して、Sweet スイートさんがサルコカウロン属を発表したのが1826年
植物国際命名規約の一日でも発表の早いものを正名とする先取権によって元からモンソニアが正式な属名でサルコカウロンは 無効名の Synonym扱いに成ってるだけだけど…w

落葉した姿は
今から約5億2,500万〜約5億500万年前の古生代カンブリア紀の海に生息したトゲトゲの生物
Hallucigenia fortis や Hallucigenia sparsa ハルキゲニアにそっくりな見た目なヘレイ!w

同属でトゲ無しの Monsonia multifida ムルティフィダ (Synonym:Sarcocaulon multifidum ムルティフィドゥム) 黒羅摩仏, 月界よりは若干成長が早いみたいだ!



[PR]
by Titan-Garden | 2018-02-24 02:24 | Cactus & Succulent | Trackback | Comments(0)

Adromischus marianiae var. herrei 'Durian Red'

Pachycaul パキカウル Caudex コーデックス Succulent Plant 多肉植物

b0099813_035829.jpg


『Adromischus marianiae var. herrei 'Durian Red'』
アドロミスクス マリアニアエ ヘレーイ 'ドゥリアン レッド'

family. Crassulaceae クラッスラケアエ 弁慶草科 ベンケイソウ科
subfamily. Sempervivoideae センペルウィウォイデアエ 万年草亜科 マンネングサ亜科
tribe. Kalanchoeae カランコエアエ カランコエ連 琉球弁慶連 リュウキュウベンケイ連
genus. Adromischus アドロミスクス属

Synonyms:Adromischus marianae forma. herrei, Adromischus herrei, Cotyledon herrei

South Africa 南アフリカ Northern Cape 北ケープ州(ナミビアとの国境を流れるオレンジ川より南側 Little Namaqualand リトル・ナマクアランド)北西部に分布。




b0099813_035814.jpg


属名は ギリシャ語の adros(大きな)+ misahus(茎、幹)の合成語
種小名は1900年頃に南アフリカを訪れた英国人植物画家の Mrs. Mariane Crossman マリアン・クロスマンの名に因み
変種名はドイツの探検家で植物学者だった Adolar Gottlieb Julius Hans Herre (1895-1979)アドラル・ゴットリープ・ユリウス・ハンス・ヘレーの名に因む。

夏場の蒸れに弱い冬期成長型の多肉植物だけど… 上手く夏越し出来るかな!?
(^o^;)



[PR]
by Titan-Garden | 2018-02-23 02:23 | Cactus & Succulent | Trackback | Comments(0)

緋牡丹

Succulent Plant サーキュレントプランツ Cactus カクタス 仙人掌 覇王樹 サボテン さぼてん

b0099813_18584091.jpg


『Gymnocalycium mihanovichii var. friedrichii』
ギュムノカリュキウム ミハノヴィチー フリードリッヒー

family. Cactaceae カクタケアエ 仙人掌科 サボテン科
subfamily. Cactoideae カクトイデアエ 仙人掌亜科 サボテン亜科
tribe. Trichocereeae トリコケレーアエ
genus. Gymnocalycium ギュムノカリュキウム属 ギムノカリキウム属

牡丹玉 (牡丹瑞雲, 牡丹玉錦, 緋牡丹, 緋牡丹錦, 黄牡丹, 丹頂)

Grafted Moon Cactus, Chin Cactus.

Paraguay パラグアイから Argentina アルゼンチン北東部の標高500mまでの低地に分布。

属名の Gymnocalycium はギリシャ語の Gymnos 裸の + kalyx(Calyx)杯、萼片 = 無毛な萼片

種小名の mihanovichii は この種を発見したチェコの植物学者、民族誌学者、作家、探検家でプラントハンター、サボテンの研究者であったAlberto Vojt?ch Fri?(1882-1944) アルベルト・ヴォイテフ・フリシュが
アルゼンチン行きの船の船主でパトロンでだったクロアチアの Nicol?s Mihanovich(1881? -1940)ニコラス・ミハノヴッチ氏への献名。

変種名の friedrichii は 1930年代のパラグアイとボリビアの間のチャコ戦争の従軍記者をしながら1960年代に掛けてパラグアイ産の植物を採取しヨーロッパへ送ったプラントハンターの Adolfo Maria Friedrich(1897-1987)アドロフ・マリア・フリードリッヒ氏の名に因む。

G. mihanovichii 瑞雲丸の変種 var. friedrichii 牡丹玉の 葉緑素が欠落した突然変異品種。

赤い緋牡丹は昔ながらの緋牡丹よりも一段明るく鮮やかな朱赤色(コリアンレッド?)ですね〜
最近の緋牡丹って朱赤地に成長点近くが黄色の(丹頂)や黄色地にオレンジのモザイク模様(江戸小町?)、オレンジ牡丹、ピンク色牡丹、サーモンピンク色とかカラーバリエーションが凄く増えて居てビックリ!

どうやら アントシアニン色素に代わってサボテン科にはベタレイン色素が緑色の葉緑素が抜けると赤紫色のベタシアニンと黄色のベタキサンチンの含有比率に従って黄色からショッキングピンク色まで発色するっポイ!
(^_^)b

そろそろ決算期の棚卸しの為なのか? スーパーの花屋さんが処分品コーナーでF369.gif一鉢50円で投げ売りされてたので救助…w



[PR]
by Titan-Garden | 2018-02-22 02:22 | Cactus & Succulent | Trackback | Comments(0)

Rhododendron × 'Black Magic'

Rhododendron ロード デンドロン 石楠花 シャクナゲ 躑躅 ツヅジ

b0099813_16163710.jpg


『Rhododendron × 'Black Magic'』
ロードデンドロン × 'ブラック マジック'

('The Honourable Jean Marie de Montague' × 'Leo')

1982年 Harold E.Greer 作出

family. Ericaceae エリカケアエ 躑躅科 ツツジ科
subfamily. Ericoideae エリコイデアエ 躑躅亜科 ツツジ亜科
tribe. Rhodoreae ロードレアエ 躑躅連 ツツジ連
genus. Rhododendron ロードデンドロン属 躑躅属 ツツジ属
subgenus. Hymenanthes ヒメナンテス亜属 無鱗片石南花亜属 無鱗片シャクナゲ亜属
section. Ponticum ポンティクム節

西洋石南花 西洋シャクナゲ

高さ120cm〜150cm 黒紅色大輪花。
耐寒性は-15℃




b0099813_16163718.jpg


♀種子親 の The Honourable Jean Marie de Montague ジ・オナラブル・ジーン・マリー・ド・モンタギュー、 ♂花粉親の Leo レオ 共に鮮赤色の花の品種ですが…

更に交配親を遡るとブラックマジックが生まれるまでに使われた原種の血の割合は(※ 古い品種は使われた親品種の名が不明な物も多いので交配系図で判る範囲内で)

二世代前と四世代前に使われた
Nepal ネパール東部から Bhutan ブータン、India北東部(Sikkim シッキム州、Bengal ベンガル州、Arunachal Pradesh アルナーチャル・プラデーシュ州の1800m〜2900m)に分布する高さ18m程の高木に成長し一つの花房に5〜6輪程度と花数は少ないものの展開良く巨大輪花、白〜極薄桃色の花が咲く
Subsection. Fortunea フォーチュネア亜節の Rhododendron griffithianum グラフィシアヌム の血が31.25%

二世代前に使われた
インド北東部(Manipur マニプル州、Nagaland ナガランド州の 2400m〜2700m)に分布する
高さ9m程に成長し一つの花房に10〜20輪程度の花数でベル型中輪花、鮮やかな赤色の花が咲く
Subsection. Parishia パリシア亜節の Rhododendron elliottii エリオッティーの血が25%

ヤブツバキ系 洋種ツバキ Camellia japonica 'Black Magic' ブラックマジックの様な黒赤色の花を期待して買ってみた!(笑)



[PR]
by Titan-Garden | 2018-02-09 02:09 | 花木 & 熱帯花木&熱帯宿根草 | Trackback | Comments(0)

Asarum fudsinoi var. giganteum

Pperennial Plant ペレニアルプランツ 宿根草 山野草
寒葵 カンアオイ 細辛 サイシン

b0099813_0583023.jpg


『Asarum fudsinoi var. giganteum』
アサルム フジノイ(フデシノイ) ギガンテウム

family. Aristolochiaceae アリストロキアケアエ 馬鈴草科 ウマノスズクサ科
subfamily. Asaroideae アサロイデアエ 双葉葵亜科 フタバアオイ亜科
tribe. Asareae アサレアエ 双葉葵連 フタバアオイ連
genus. Asarum アスルム属 双葉葵属 フタバアオイ属
subgenus. Heterotropa ヘテロトロパ亜属 寒葵亜属 カンアオイ亜属
section. Heterotropa ヘトロトロパ節 寒葵節 カンアオイ節

大藤野寒葵 オオフジノカンアオイ

Synonym シノニム(異名同種): Heterotoropa fudsinoi var. gigantea ヘテロトロパ フジノイ ギガンテア

鹿児島県大島郡の大島(奄美大島)に分布自生する固有種で 藤野寒葵の大型タイプ。


本日は立春 まだ暫く寒さが続く様だけれど暦上は今日から春…

日本の寒葵の中で花弁の面積では最大種(花径の大きさで言えば断然 A. minamitanianum 尾長寒葵 オナガカンアオイですが…)のオオフジノカンアオイ
中国の四川省から雲南省に分布する A. delavayi デラバイ並みに大輪花らしいよ〜
(^o^;)

平成25年10月1日以降
現在は奄美大島5市町村の条例で採取禁止です!



[PR]
by Titan-Garden | 2018-02-04 02:04 | Asarum | Trackback | Comments(0)

UFO!

山芋 ヤマノイモ ヤマイモ 長芋 ナガイモ とろろ芋 大和芋 銀杏芋 自然薯 ジネンジョ

b0099813_1051627.jpg


『Dioscorea bulbifera forma. domestica』
ディオスコレア ブルビフェラ ドメスティカ

family. Dioscoreaceae デイコレアケアエ 山芋科 ヤマノイモ科
subfamily. Dioscoreoideae ディスコレオイデアエ 山芋亜科 ヤマノイモ亜科
genus. Dioscorea ディスコレア 山芋属 ヤマノイモ属

何首烏芋 (何首烏藷)カシュウイモ
※基本種
の和名は 苦何首 ニガカシュウ

Air potato, Aerial yam, Potato yam,

Synonyms:D. tamifolia, D. crispata, D. heterophylla, D. pulchella, D. tenuiflora, D. latifolia, D. hoffa, D. hofika, D. anthropophagorum, D. longipetiolata, D. rogersii, D. korrorensis, D. perrieri, Helmia bulbifera, Polynome bulbifera

Bhutan ブータン, India インド, Nepal ネパール, Sri Lankaすりら, Cambodia カンボジア, Laos ラオス, Myanmar ミャンマー, Thailand タイ, Vietnam ベトナム, Indonesia インドネシア, Malaysia マレーシア, Papua New Guinea パプアニューギニア, Philippines フィリピン, Australia オーストラリア(Queensland クイーンズランド州, Northern Territory ノーザンテリトリー州, Western Australia 西オーストラリア州.)

栽培では無く本来の野生下の自生地は東南アジアからオーストラリア北部辺りまで分布する様です。


別名の宇宙イモの方が名が知れてる!?
山芋の仲間なので地下にも芋が出来て食べられますが…
蔓に出来るUFOの様な形の大きなムカゴを主に食用にするエアポテト。

野菜売り場で零余子が2個100円で売られて居たので物は試し、春に植えるつもりで買ってみた!(笑)
(^_^)ノ



[PR]
by Titan-Garden | 2018-02-03 02:03 | Fruit & Vegetable | Trackback | Comments(0)